サイト内検索

詳細検索

最大3000ポイントキャンペーン(~7/24)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 男性向けコミック
  4. To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版

電子書籍

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版

著者 矢吹健太朗(漫画),長谷見沙貴(脚本)

※2016年4月27日までの期間限定無料お試し版です。2016年4月28日以降はご利用できなくなります。【春マン!! 期間限定無料!!】【デジタル着色によるフルカラー版!】リトのトラブルな日常が帰ってきた。ララの双子の妹・モモとナナが彩南高校に転入。モモは、「ハーレムを創る」という怪しい計画を練り、リトを肉食男子に変身させようとするが……!? 更には、謎の敵がリトを襲撃して!?

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.5

評価内訳

☆相変わらず自由に、好きなこと望むことを描いているなあと・・・☆

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真琴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的には“ヤミちゃん”の過去物語が多いです。かなり地球に馴染み“リト”にも心を開いている、いい話も増えました。もう一つ“ナナ”に「ケダモノ」と言われるリトの裸が、女の子の前に出るシーンも増えました。

1・2話(13・14話)
常に戦闘に備えて深く眠らない“ヤミ”とリトの手が“ララ”の発明品で手が繋がり「えっちぃ」ことが色々。プラス“モモ”の妄想。眠る前にティアーユ博士との幼少時代の話をしていたところで手が離れ、“リト”が喜ぶと“ヤミ”は怒り髪の毛ハンマーで「バカ・・・」と。そのまま気絶したリトの腕にしがみついて、久しぶりの深い眠り。

3話(15話)
“ティアーユ博士”はドタバタもなく、新任教師として冒頭からあっさり登場です。御門先生の発見で。ドジっ子キャラ。表紙も眼鏡の女性です。校長の変態が理解出来ず、リトが救い出し逃げるが、“ララ”に渡された“ぴょんぴょんワープくん”で2人は裸。そこにいたヤミがリトに髪の毛パンチ。再会したヤミを見て博士の口から例の・・・本当の名前が。誕生や別れの秘密が明かされる場面展開後、今の自分は“ヤミちゃん”ですと。

4話(16話)
“メア”がティアーユ博士の前に登場。“お静ちゃん”が守ろうとするが、リト並みのズッコケ体質のティアーユ博士が、モモに渡された相手を縛るはずの植物の種を炸裂させ2人とも縛られ危ないくい込み。メアは笑って戦い終了。ティアーユの言葉にメアの心が少し揺れるが・・・。

番外編が2話。雑誌の関係で連載が遅いので、この単行本出すためのサービス話しでしょう。

1話目は“春菜”がララの発明品でネコに変身してしまう。リトに拾われて喜ぶが、お風呂で全身を洗われているうちに変に・・・。しかしそのまま元の姿に戻り・・・。

2話目は“モモ”がリトとの思い出から、布団に潜りこんで触られた思い出に走り、尻尾をこすり舐めてオ○ナー?そこにナナが入ってきて・・・。

ララの発明品と、リトのドジ、モモの妄想で“えっちぃ”のは相変わらず凄いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリーズもの

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クラリネット大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズものなので、あきずに楽しんでいただけると思います。
とてもおすすめなので、ぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

成年誌を超えてる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かぐら - この投稿者のレビュー一覧を見る

リミッターの外れたToLoveるほど恐ろしいものはない!
単行本のサイズが少年誌と同じ新書版なので勘違いしそうになりますが、青年誌で連載をしてます。それでも青年誌のギリギリのラインを攻めており、これはもはや成年誌といっても過言ではないと思います。
それほど、このとらぶるダークネスはエロい。

今巻では、これまで一つの肉体に男女の身体を持ち合わせていたルンに劇的な変化が見られたり、蜜柑が自分の居場所がなくなってきたと危機感を感じてきたりと、リトの周りがさらに女子で埋められてきた気がします。
大筋であるダークネスとして、メアの持っている闇の部分も見え始め、モモのハーレム計画が順調に進まないように展開がされていきます。

この作品は前作の「とらぶる」とは違って、主人公がリトではなく「モモ」になっているため、彼女が熱心に策略を立てている様は可愛らしくもあり、恐くもあります。
ベッドに潜り込んでは、リトが暴れて相手にされない日々が続きますが、常にリトと一緒に行動をして意識もされるようになり、彼女自身も積極的であるため、これは時間の問題のような気がしますね。
リトが落ちてしまうと物語が終わってしまうので、まだまだリトには頑張って、ブレーキをかけていてもらいたいものです。
エロとシリアスが絶妙に交差するダークネス。ダークネスはモモちゃんの性格だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

可愛い表紙だね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

可愛い表紙だね。この漫画はこんなに可愛い話ではありません。エッチいのは嫌いな金髪の少女があられも無い姿で暴れたりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

期間限定

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

期間限定。弱いです。半額と言われると元の値段が2倍でもほしくなってしまう。白黒の漫画もカラーだと見えてなかった物が見えてくるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

肌色って何色

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

肌色って言うけど黄色っぽいのを言ってるね。黄色人種だからかな。黒人や白人なら言わないね。カラーで読めるからぼくらの黄色人種色がよくわかるね。昔、山本って音楽家が「戦争反対肌色賛成」って言ってたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やはりカラーは良いね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラーの肌色にとても癒やされます。肌色に乗っかった桃色もとてもとても癒やしてくれます。こういう漫画はやはりカラーですね。戦争反対、肌色賛成。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちー坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

モノクロでも十分読み応えがありますが、カラーがとても綺麗なのでカラーで読むことをおすすめします。
女の子がみんな可愛くて満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カラヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラーなのでより良く楽しく読む事が出来ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっと出た

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リト - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った第7巻!!
春菜かわいい~
相変わらずリトいいな~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カラヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラーなのでアニメ同様に綺麗です。これからの展開も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まるで芸術作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kitカット - この投稿者のレビュー一覧を見る

巻を追うごとに絵の質とエロさがすごくなっている。

これからも矢吹先生のひらめきと発想に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カラヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラーで綺麗です。アニメを観ているような感じになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カラヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

期間限定であったが、カラーでアニメを観ているような感じになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一件落着

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばなな - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダークネス事件が一件落着して日常に戻るところまで収録されてます。
内容的はお色気ラブコメディらしいもので戦闘も殺伐としてなかったのも良かったです。お色気シーンも素晴らしくこのまま突き抜けていって欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する