サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

2016年上半期ランキング【総合TOP】新バナー(~7/6)

小説文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/30)

日本語練習帳(岩波新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 92件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/04/28
  • 販売開始日:2011/04/28
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書
  • ISBN:9784004305965
一般書

電子書籍

日本語練習帳

著者 大野晋 (著)

どうすればよりよく読めて書けるようになるか.何に気をつけどんな姿勢で文章に向かえばよいのか.練習問題に答えながら,単語に敏感になる習練から始めて,文の組み立て,文章の展開...

もっと見る

日本語練習帳

605(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

日本語練習帳 (岩波新書 新赤版)

799(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうすればよりよく読めて書けるようになるか.何に気をつけどんな姿勢で文章に向かえばよいのか.練習問題に答えながら,単語に敏感になる習練から始めて,文の組み立て,文章の展開,敬語の基本など,日本語の骨格を理解し技能をみがく.学生・社会人のために著者が60年の研究を傾けて語る日本語トレーニングの手順.

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー92件

みんなの評価4.1

評価内訳

日本語は伝統文化だ。

2010/01/21 10:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本語練習帳というタイトルに、何をいまさら、と思ってしまう。
 しかしながら、小手試しに問題にチャレンジしていくが、ページを進めるに従って思考能力がふらふらになってくる。
 それでいて、途中で「お茶を一杯」という短いエッセイが絡んで頭を休めることができる。
 そうこうしてくるうちに気付いたのは、日本語は伝統文化ということ。
 さまざまな言語の影響を受けながらも地域性を大事にし、それにもまして日本語が立体的で具体的な表現方法であることに気づかされていく。
 端々にあらわれているが、本書は日本語について書かれたものでありながら、日本の歴史や文化、ときには政治についての日本人の思考方法までをも示している。
 親子ほども年齢の離れた大学の先輩から勧められたのだが、マーカーや書き込みのされたその一冊はボロボロだった。手になじむ、とはこのことを意味するのかというほど。
 良き一冊を伝えてもらったと感謝しています。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コミュニケーションの本質とは?

2004/04/09 02:36

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LISApapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本がなにより優れているのは、ここに収められている知識の量ではなくて著者の日本語に対するスタンスの明快さです。最もそれが理解しやすいのは本文の最後の文章です。

「自分の思うところをaと表現したとき、相手がa’と取ったとしたら、分からない表現をした自分が悪い。相手がaと取れるように、aとしか取れないような形式を選び出して表現することを心がけなくてはならない。
 言葉とは天然自然に通じるものではなくて、相手に分かってもらえるように努力して表現し、相手をよく理解できるようにと努力して読み、あるいは聞く。そういう行為が言語なのだと私は考えています」

 コミュニケーションにとっていちばん大切なのは「謙虚さ」、そして「努力」。なんと深い言葉でしょうか。

 同じく岩波新書の古典的名著『日本の思想』(丸山真男)において述べられているように「多元的なイメージを合成する思考法の必要」(P150)というのも根本は同じ事だといえます。

 例えば恋をして(いきなりな例ですが)相手のことを好きになったします。
「あの人は、どういう人だろう?」「きっと、こんな人に違いない…」「ああ、こんな人だったんだ!」そういったイメージの積み重ねを繰り返して、人間関係を築いていくのです。(しかも厳密に言うと、そのイメージと実体が一致することは、決してない)

 「わかる」「わかりあう」というのは、このようにとても曖昧で不確実なものなのです。ですが、それを人は「信じて」「信じあい」ますよね。そういった人間同士の関わりあいが“コミュニケーション”だとしたら、そこに「謙虚さ」と「努力」がなければ、過去から未来へとつづく人の営みが存在しうるはずがないではあーりませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何度でも戻ってきたい本

2002/07/28 09:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人ってつくづく言葉を大事にする民族だと思う。そうでなかったら、本屋さんにあれほどたくさんの日本語に関する本が並ばない。他の国の人もそうなのだろうか。ひょっとして、僕たちは人とコミュニケートするのがとても下手な民族で、それをなんとかしないといけないという真面目な性格と相俟って、日本語の本を読み漁るのだろうか。

 そんな日本語ブームの先駆けとなったこの本は、とにかくいい本だ。目から鱗がいくつも落ちた。こんな本はたびたび目を通して、常に言葉に対して新鮮でありたい。

 日本語を大切に使うことは、理屈ではなく、習慣として身につけるしかない。そして、忘れそうになった時、いつでもこの本に戻ってきたらいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今さら?今でも!

2001/08/23 01:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mihi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 数年前の大ベストセラー。買ったものの、数ページに目を通したきりになっていた。読む暇がなかったのではない。「取り組む」暇がなかったのだ。そう、この本はただ読むというわけにはいかない。文字通り、書いて学ぶ練習帳だからだ。
 今回一念発起し、一通りの問題をやってみた。そうすると、新鮮な驚きと楽しさがあった。幼稚園から高校まで、すべて日本の学校で学んだが、このように日本語について教えてもらったことはなかったと思う。「教育」として日本語にもっと向き合っていたかったと思った。そうすれば、「書く」ことにも「読む」ことにも、もっと敏感になれたのではないかと思う。

 今さらですが…名作です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何度読み返しても飽きません

2001/01/22 17:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さるさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一年以上前に買って読んでから、しょっちゅう読み返しています。「が を使うな」「要約」のところは読む都度に頷いてしまいます。
 あ、私のこの文章は「読む」という言葉を何度もつかっていて、こういうのは、それをあらわす別の言葉、語彙を増やす練習が必要です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

日本語正しく使っていますか?

2016/05/26 15:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人でありながら、日本語を母語として使っていながら日本語をちゃんとわかっていない。自分がどれだけ日本語を自分勝手に使っていたのかを実感しました。
「考える」と「思う」はどう違うのか。「よろこばしい」と「うれしい」はどう違うのか。その以外にも「は」と「が」の力とか、一枚一枚問題と解答を読んでいて不思議で仕様がなかったです。勉強になりました。17年経っても変わらずの名作です。ご興味の方におすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いま読んでも新鮮

2002/07/20 19:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優樹O - この投稿者のレビュー一覧を見る

 数年前のベストセラーです。でも現在日本語ブームであることを考えるとおさえておかなくてはいけない一冊でしょう。英文法を学校でならうことはあっても日本語文法をならうことはあまりないはず。日本語なんてわかってるとか、英語と違って文法的な言語じゃないとか思っているあなた。まずはこの本を読んでほしい。「が」「は」の使い方などすぐに意識できる文章のコツもちりばまられている。ベストセラーには理由があるってことですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

練習もしなければ

2001/03/28 03:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大ベストセラーになったこの本を、今ごろになって読んでみました。

 この本は、課題とその答えと解説という形式で書かれています。まさに練習帳ですね。さすがに実際に問題を自分で考えてみるほどの手間はかけませんでしたが、曖昧にしか認識していなかったり、いつのまにかぞんざいになってしまったり、あるいはそもそも知らなかったりしたさまざまな言葉の細かな意味の相違や使い分けについて、あらためて学ぶことができました。また、要約に関する記述に関しては、日頃から要約をちゃんと短時間でできるようになりたいと思っていたこともあって、繰返しじっくり読んでしまいました。

 文章を書く人は、ひととおり読んでおくべき本、という感じでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

改めて日本語についてじっくり考えられた本

2016/02/09 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんなこった - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段何気なく使っている日本語ですが、感覚で話しているだけで、ちゃんと理解していないなと痛感しました。
例えば、「思う」と「考える」の違いや、「意味」と「意義」の違いなどを、自分で考えながら理解していく作りになっているので勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本語練習帳

2001/03/06 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 普段曖昧にしか使っていなかった、日本語にたいしての認識を改めさせてくれる本です。著者曰く、社説などの文章を要約することを繰り返すことによって文章を書くことがうまくなるそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1999/3/8

2000/10/26 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本語を話せますかと尋ねられて、「どうも苦手で」と頭をかく人はいないだろう。だが、あなたは日本語を正確に使いこなせますかと聞かれたとき、即座に「はい」と答える自信がある人もおそらく少ないはずだ。
 たとえば、「うれしい」と「よろこばしい」とはどこが違うのか。「わあ、うれしい」とは叫んでも、「わあ、よろこばしい」とは言わない。それは「うれしい」が個人の期待や願望がかなったときに使う言葉であるのに対し、「よろこばしい」は社会的におめでたい事柄を祝う気持ちを表す言葉だからだ。
 日本語学者として知られる著者は、このような問題とその解答を織りまぜながら、読者に日本語の奥の深さや面白さを再発見させてくれる。学生時代に国文法が苦手だった人も、「こうやって教えてもらっていたら、もっと日本語を理解できたのに」と悔しがるかもしれない。
 問いは全部で45題、全問正解で250点満点だ。あなたは何点取る自信がありますか——。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/06 16:36

投稿元:ブクログ

言葉使いはオスです あたし
折角綺麗な言葉が沢山ある日本にいるのだからと。
役にたったか答えかねます

2005/11/17 15:52

投稿元:ブクログ

つい真剣にテストしちゃいます、コレ。
ヘタに日本語を勉強してるから、読みながら「そうそう!」とかって頷いてみたり。
日本語学習の基礎の基礎、国語が嫌いな人にもおもしろいと思います。

2010/11/12 06:53

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第一部 雑記 11.4.02
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/diary/d0201.html#1104

2005/05/24 22:41

投稿元:ブクログ

大学院に入ってすぐ、この本を薦められて読みました。
そして、非常に感銘を受けました。
文章を書く際に、皆さんは、自分なりのルールというものをお持ちだと思います。
私も、あいまいながら、ルールをもっているつもりです。
「この文章は8の字風だ」などと感じていただけるのであれば、それは「私のルール」に則った文章だからでしょうか。
「私のルール」はこの本の影響が大きいと思います。
著者の言葉を借りて端的にあらわすと、日本語を書くときには「Klar und Deutlich(澄明で区別明瞭)」に。
まだまだ不十分だと思いますので、これからも心がけていこうと思います。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る
サイト内検索

キーワードを入力