サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス、コンピュータ、新書ポイント全品10倍(~9/30)

陰陽師 太極ノ巻(文春文庫)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/03/01
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-752815-7
一般書

電子書籍

陰陽師 太極ノ巻

著者 夢枕獏 (著)

安倍晴明の屋敷で、いつものように源博雅が杯を傾けている所へ、橘実之の娘、虫が大好きな露子姫が男装してやってきた。何でも晴明に相談があるというのだ。広沢の遍照寺にいる僧が、...

もっと見る

陰陽師 太極ノ巻

540(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫 「陰陽師」シリーズ)

545(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 113.2KB 無制限
Android .book 113.2KB 無制限
Win .book 112.1KB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安倍晴明の屋敷で、いつものように源博雅が杯を傾けている所へ、橘実之の娘、虫が大好きな露子姫が男装してやってきた。何でも晴明に相談があるというのだ。広沢の遍照寺にいる僧が、眠る前に誦経していると、黄金色をした虫が現われるが、朝には消えてしまうらしい。この虫の正体は──。「二百六十二匹の黄金虫」他、「鬼小槌」「棗(なつめ)坊主」「東国より上る人、鬼にあうこと」「覚(さとる)」「針魔童子」の全6篇を収録した人気シリーズ第7弾。

著者紹介

夢枕獏 (著)

略歴
1951年神奈川県生まれ。東海大学卒業。77年「カエルの死」でデビュー。「上弦の月を喰べる獅子」で日本SF大賞、「神々の山嶺」で柴田錬三郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

呪にまつわる名言の巻

2015/09/06 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スリーピングドッグ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全話を通して"呪"を課題にすえている。陰陽師シリーズの中でも、同一テーマにすべてを絡める展開はめずらしいと感じた。
やはり、異界の雰囲気が、なんとも言えずすばらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつもながら平安時代の時間の流れを味わう

2006/04/16 20:56

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いつもの主人公、安倍晴明がその友人、源博雅と繰り広げる平安時代の物語である。本書は短編6本をまとめたものである。
 これだけ数を重ねると、どうしても類似した話が出てくるものである。経典写経の際に文字を誤ったために、奇妙な出来事が起きるという話は以前に似たような話があった。話は常に晴明と博雅が晴明の邸の縁で酒を酌み交わして、雑談をしている風景から始まる。
 自然の移り変わりなどを博雅が話題にして、晴明に何かを問うと、晴明はきまって呪を持ち出す。それに対して博雅がクレームをつける。ここまでは決まったパターンといっても良い。あとがきで著者自身が『男はつらいよ』と同じでパターン化していることに言及している。
 パターン化していても、類似した話が再登場しても、平安時代の話としてみれば、このシリーズは神秘性があり、和風の情緒があり、何となく惹かれるものである。とにかく時間がゆっくりと流れているのが描写から感じ取れるのが嬉しい。
当初は好敵手であった蘆屋道満がこのシリーズでは兄貴格の友人になっているところが注目すべき点であろうか。この太極の巻では、以前のようなグロテスクなシーンはほとんどない。精々鬼にバリバリと喰われるところくらいである。
 鬼や敷神の存在もまた神秘性を深めると同時に童話の趣も味わせてくれる。続編が出ればまた読みたくなるのは、このシリーズのまさに魅力であろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/28 22:46

投稿元:ブクログ

 読んだか読んでないか分からなくなり、借りました。(読んだことあった…)
 でも面白かったです。
 やっぱり晴明&博雅のコンビがいいです。

2006/10/23 09:08

投稿元:ブクログ

「コンビ物」好きには堪らない本。
ゆったりとした時間の中、漂うに為される晴明と博雅のやり取りが好きです。

2006/03/13 11:31

投稿元:ブクログ

安倍晴明と源博雅、濡れ縁でゆるゆるとお酒を傾けている風景、大好きなんです。そこに誰かが尋ねてきて、「ゆこう」と出かけていく。偉大なるワンパターン。あとがきによると、夢枕獏はこのシリーズを一生書き続けると記しており、嬉しいことです。

2006/04/20 20:11

投稿元:ブクログ

やっぱり平安の都は素敵です。いつも通りの雰囲気の安倍晴明と源博雅の二人のコンビが良いですね。艶やかな事件解決。読み終わったあとも景色が溢れます。

2006/04/12 23:22

投稿元:ブクログ

この素敵過ぎるワンパターン!!!!
濡れ縁での風景、本当に大好きです。
ずっと続いていって欲しいですvv

2009/01/13 13:10

投稿元:ブクログ

清明と博雅がお酒を飲み語る場面が必ずあってゆったりとした気持ちになり、その上であやかしを退治(?)していく緊迫感もある。短編なので切れ切れにしか読む時間がとれないときに読みやすくおもしろい。この中で、覚という人の心を読む妖怪と晴明との対決がおもしろかった。

2006/10/01 20:02

投稿元:ブクログ

このシリーズも7冊目。
相も変わらず、晴明と博雅は庭を愛でながら四季を感じ、酒を楽しむ。
そしてその合間に不思議な出来事を解決していく。
毎回同じパターンなんだけど、水戸黄門みたいなもんで、それが心地いい。
寝る前に読んでると、時間がゆっくり流れている感覚になって、心が穏やかになって寝つきが良くなる。
あとがきで、夢枕獏さんはこの「陰陽師」シリーズを一生書くと仰っている。
まだまだ楽しめるのかと思うと嬉しい。

2008/12/17 23:02

投稿元:ブクログ

さくさく読める。
博雅と清明の初めの掛け合いが、定型的ででも人ってそういうものかと自然な感じで、そういう気付きもできました。

2008/12/12 22:24

投稿元:ブクログ

平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明とその友の源博雅を
描いたシリーズ第七作目。

このシリーズには一つの「おきまりのパターン」がある。

いつも物語は、晴明の屋敷で二人が庭を眺め、
変わり行く景色を感じながら酒を飲むシーンから始まる。

素直でロマンティストな博雅は、その庭から感じ取った
あるがままの自然の姿について自分の感想をを率直に述べ、
それを晴明は不思議な微笑を浮かべながら聞いている。
時に博雅は、そこから生じた疑問を晴明に投げかけると、
晴明は「呪」の言葉を用いて説明しようとする。
しかし、単純な男である博雅は、
晴明の「小難しくてややこしい」説明を嫌がる。
本当は博雅はその「ややこしい」と言って嫌がる「呪」の理を、
根本では分かっていてそれをちゃんと口にしているのに。
そんな博雅を、晴明は「よい漢(おとこ)だ」と褒める。

そんな一通りのやりとりが行われた後、
博雅が晴明に相談を持ちかけたり、
客人が来たりして話が展開していくのだが、
今まで何度となく繰り返されてきたこの冒頭のやりとり。

なのに、毎回シリーズの最新刊を購入して
初めのページをめくった瞬間、このおなじみのシーンの描写が
自分の目に飛び込んで来る「お約束」を、
「またか」とうんざりした気持ちを覚えた事は
一度たりともない。

むしろこの二人がいつもの場所で簀子の上に座り、
ほろほろと酒を飲んでいると、
自分もまたいつもの場所に来られたような気がして、
なんだかほっとするのである。

夢枕獏の陰陽師シリーズは、いつまでもこの「お約束」から
物語が始まってもらいたいと思う。

今回収録されている六話の短編の中では、
本巻を最初に飾っている「二百六十二匹の黄金虫」が一番好き。

私の好きな登場人物の一人である露子姫が再登場。
相変わらず、平安時代のお姫様らしからぬ風変わりぶりだけど、
その「私は私よ」的な性格が彼女の最大の魅力。
今後もちょくちょく父実之の目を盗んでお屋敷を抜け出し、
晴明、博雅と色々冒険してほしい。

2008/08/22 20:08

投稿元:ブクログ

「二百六十二の黄金虫」は、「陰陽師」の1冊目を読んだときの気分を思い出させる一編でした。

以前は、けっこういろいろな物語の運び方があったのですが、最近は、もう完全にパターン化しています。
意識してそうなっているというよりも、落ち着くところに流れたら、こうなったという感じでしょうか?

ところで、博雅って、歌がさっぱりわからないっていう設定なかったですっけ?
それは、マンガだけだったかな?

2009/05/06 18:41

投稿元:ブクログ

陰陽師シリーズの第7弾!!

晴明と博雅の友情というかけあいが凄く良い!!
「ゆこうゆこう」の言葉のかなり耳に残る。

兎に角、平安時代の雰囲気が凄い楽しめる作品です♪

2007/07/28 02:21

投稿元:ブクログ

ワンパターンの導入(晴明邸での博雅との会話)が好きです。
晴明だけじゃなくって、博雅もぜったい(本人が気づいていない)
不思議なパワーがあるよねっ。

このシリーズは展開が読めなくて面白いんです。
不思議な空気です。
ほんと、マンガみたい(笑)
末永く書き続けてほしい話ですね。

2010/11/03 22:59

投稿元:ブクログ

平安時代の空気をゆったり感じさせられる短編集。
やはり晴明と博雅の会話はいいなあ。
この本の中では棗坊主の話が不思議ではかなくて好きです。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む