サイト内検索

詳細検索

最大3000ポイントキャンペーン(~7/24)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. S&Mシリーズ
  5. すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
すべてがFになる THE PERFECT INSIDER(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 1,390件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/10/01
  • 販売開始日:2011/10/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-263924-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

著者 森博嗣 (著)

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、...

もっと見る

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

648(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

すべてがFになる The perfect insider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

792(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.3MB 無制限
Android EPUB 8.3MB 無制限
Win EPUB 8.3MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

目次

  • 第1章 白い面会
  • 第2章 蒼い再訪
  • 第3章 赤い魔法
  • 第4章 褐色の過去
  • 第5章 灰色の境界
  • 第6章 虹色の目撃
  • 第7章 琥珀色の夢
  • 第8章 紺色の秩序
  • 第9章 黄色いドア
  • 第10章 銀色の真実

著者紹介

森博嗣 (著)

略歴
1957年愛知県生まれ。作家、工学博士。「すべてがFになる」で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著書に「スカイ・クロラ」「神様が殺してくれる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,390件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

科学を好きになるミステリィ

2009/06/08 19:07

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃーる - この投稿者のレビュー一覧を見る

(1)読もうとしたきっかけ
  大学に入学した頃、通学時間が往復5時間と長時間であったため読書時間にしよう思った。
  どんな本がいいだろうかと考えていたとき、大学の同学部同学科の友人がこの本の作者である「森博嗣」さんを薦めてくれた。
  「森博嗣」さんの作品は多くがシリーズということだったので、まずシリーズ1作目(実は4作目?)の本書を読むに至った。

(2)内容
  主人公:N大助教授・犀川創平(さいかわそうへい)
      女子学生・西之園萌絵(にしのそのもえ)
  主人公らが偶然訪れた島にある研究所で天才工学博士が殺害される。
  完全隔離された部屋での殺人――密室殺人であったこと、また、
  殺害現場のパソコンのディスプレイには「すべてがFになる」というメッセージが残されていたことから、謎は深まる。
  犯人・密室トリックを推理していくストーリー。

(3)登場人物
   ・犀川先生、萌絵共に強烈的個性のある人物。
     物理、数学の知識量が多い先生に、暗記・計算に強い萌絵。
     科学要素が強く出ている人物だけに、ストーリー展開も常に科学と隣り合わせ。
     あまり深く考えすぎるとこっちの頭がパンクしてしまうので、「ああこういうものなんだな」と適当に流すことも必要。
     とにかく天才的な2人が主人公ということで、非現実的でおもしろい。
   ・同じ科学人間でも、先生と萌絵は真逆の性格をしている。
     おっとり?まったり?ゆっくり?している印象を受ける先生と積極的に事件に関わろうとする萌絵。
     真逆の2人の会話だからこそ面白みがあるのかもしれない。
  
(4)本書を読み終えたら…
  森博嗣さんの推理小説は大体ほとんど“理系ミステリィ”と称される。
  実際、本書でも理系用語はモリモリ出てきた。
  先生と萌絵の会話も理系ならではの観点が多く、読んでいて大変面白く、興味深い。
  先生と萌絵が主人公のシリーズはS&Mシリーズとして全10冊ある。
  全て読んだが、やはり本書を読み終えたときの感動は一番大きかったと思う。
  ただ、シリーズを通しての面白さも十分あるため、シリーズ全巻をオススメしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなミステリを探してた!

2001/10/09 14:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずね - この投稿者のレビュー一覧を見る

「すべてがFになる」、「7は孤独」、「BとDも孤独」このキーワードはずっとなんだろう?って思っていたけれど、 最後で全て解決。なるほど〜。もう、これを読んではまってしまいました。みんなが絶対にいいから!って言うけれど 正直そんなにいいのかな?と思っていましたが、やっぱり、すごかったです。私は、全然、犯人がわかりませんでした(爆)

 謎解きもいいですが、犀川先生と萌絵ちゃんの会話がいいですね。(^-^)あと、先生のジョークも(笑)。 とてもおすすめの本です。ぐいぐいとひきこまれます。1つ1つの章のタイトルに色が使われているのも印象的でした。あと、目次の前?表紙?の部分が研究論文っぽくって さすが、大学の先生だなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃でした

2013/11/20 17:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アップルティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

17年前に講談社ノベルで読んだときは、衝撃を受けました。
今読むと、作中のIT技術が古く感じるかもしれませんが、物語そのものは全く古くありません。
情緒に流されない作品が好みの方は、一読の価値があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エキセントリック。

2016/03/21 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななな - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤島の研究所で起こる密室殺人。被害者は超天才科学者。更に死体の状態は。。。
と、あらすじをあげてみると、まさにエキセントリック。なのにすらすら頭に入ってくる不思議。
本当に洗練された小説だと思います。…犀川先生大好き!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいと思います

2016/01/17 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらい - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から モリさんとアヤツジさんは楽しみです。とても解決編ではびっくりいたします

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが

2015/11/27 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミヤキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが第一回メフィスト賞受賞作品。
謎解きを楽しむより謎に魅せられるミステリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手の込んだトリック

2013/06/20 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな感じのミステリーが大好きです。
実際には不可能な場面のようにも思えるが、そこは著者の文章力で、容易に場面を想像出来ていしまう。
読んでいて次々ページをめくってしまう没頭感はたまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んだら絶対ハマります!

2004/02/08 23:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヒントや伏線と言われるモノは至る所にあるんです。ただソレをつないで行くにはひどく時間と努力が必要となる。そしてテンポよく進んでいくストリー。僕はろくに考えもせずにただ先へ、先へ。
 
 そんなに本を読む方じゃないから分からないけど普通のミステリーは探偵さんが格好良く謎を解き犯人はまんまと捕まりハッピーエンド、てなもんなのではないだろうか?
 そこまで言うのは少し失礼かもしれない。でもそんなふうに僕が感じた一筋縄じゃないところがこの『すべてがFになる』が人気を得た理由ではないだろうか? 普通じゃないところで起きた普通じゃない殺人事件。ミステリー好きなら飽き飽きするようなありきたりな設定で起きる、最後まで訳の分からないわくわくする物語。
 

 最後まで読み終わって「あー、楽しかった!」と思ったならもう一度読んでみて下さい。ちょっとだけ『天才』のことが分かるかも知れません。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべてがFになる

2002/12/22 14:35

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MIYAKO - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても気になるタイトルと、第1回「メフィスト賞」を受賞した作品という事に興味を惹かれ、私には珍しく数学的な作品を読み終えた。理科系作家と評される通り、コンピュータや数学的な話がゾロゾロ出てきて、ちんぷんかんぷんなところもあったが、それでも、私が読み終える事が出来たのは、登場人物の個性が面白く、話の展開に惹き込まれたからだ。特に真賀田四季博士の個性と存在感は格別で、ゾクゾクさせるものがあった。天才が故に「生」への執着が希薄で、「生きていることの方が異常、死んでいる事が本来で、生きているのは機械が故障しているような状態だ」と話す真賀田博士だが、じゃあ、最後はナゼ?って感じで、読み手に色々考えさせられる作品だと思う。私はこの作品を読み終わって考えた。人間の脳がすべて使われていないのは、生への執着を持たせる為の、人間の本能なのかもしれない。すべての謎を解き明かし、何事も不自由なく出来てしまえば、自分の生命を終局させるだけなのかもしれないと。考えすぎ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異常な動機を常人が理解しようと思うのが間違い

2009/01/03 00:08

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 孤島にある外界と隔絶した研究所の中で、隔離されて生活をしている天才博士、真賀田四季。彼女は14歳の時に両親を殺害した罪で裁判にかけられ、心神喪失で無罪を勝ち取って以後、ずっとそこで生活している。地方の名士の家系である西之園萌絵は彼女に興味を持ち、自分が通う大学の助教授であり、父の教え子でもある犀川創平や研究室のメンバーとともに、この研究所がある島でキャンプを行うことにする。その夜、彼女に会うために研究所を訪ねると、そこで見たのは、ウェディング・ドレスをまといながらも、両手両足を切断され、ロボットで移動する彼女の死体だった…。いわゆる密室ものに分類される作品です。

 ボクはあまりミステリーを読む方ではないので間違っているかもしれませんが、多くのミステリーでは、読者は犯人に対して共感なり、反感なりを抱きます。探偵役はそこに至るために、異常な状況を理解できる状況に置き換えます。この際に、動機の解明ということが行われるわけです。
 しかし、この作品では、このような動機の解明にはあまり重点が置かれません。そもそも、探偵役が状況を異常と思っているかどうかも疑問です。事実として死体があって、それを実現するにはどうすればよいかを、日常の論理で理解してしまう訳です。まあ、必ずしも読者がそれを理解できるとは限りませんが、それは天才の所業なので凡人に理解できないのも仕方ない。
 では、登場人物たちが魅力的ではないかというと、決してそんなことはない。それぞれの思考方法や背景などが随所に埋め込まれ、それが彼らを彼らたるものにしています。個人的には事件と直接関係ないこれらの会話などの方が面白いとも思う。すでに世間的に十分評価されている作品なので、こういったことは十分語りつくされていると思いますが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

羊たちの沈黙から誕生した名作

2001/05/07 06:43

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 天才数学者の真賀田四季を巡る事件を、N大学工学部教授の犀川と、彼を慕う女子大生西之園萌絵が謎解きをする本作。S&Mシリーズの第一作とされていますが、実際には3作目として創作されていたそうです。
 とはいえ冒頭からストーリーにひきこませる力は処女作として発表するに一番ふさわしかったと納得。森博嗣独特の美学が味わえます。「環境破壊をしないためには一つの場所に留まり移動しなければよいのだ」というヴァーチャルリアリティ肯定論や、世間的常識を欠いた研究者たちが魅力的。
 トリックは情報処理を知っている人にはすぐ予想がつき、謎解きの楽しみは少ないかもしれません。『羊たちの沈黙』へのリスペクトが爆発しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猟奇的なのだがグロくなく、何とも切ないミステリ

2015/10/08 13:13

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

猟奇的なのだがグロくなく、読み進めるにしたがって何とも切なくなるミステリです。

ミステリの答えは非常に理系ですので、深く悩まず雰囲気を楽しんでください。

犀川先生と萌絵ちゃんの今後の活躍、そして四季、きっと続けて読みたくなると思いますよ。
おススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それにしても吃驚した

2001/01/19 16:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 密室に死体。もうそれだけで十分だ。密室から死体が飛び出してくる。ああ、もうどうしてこんなに魅力的なんだろう。 
 密室。試され、アレンジされ、使い古され、パロディーにもされ、それでもなお色褪せない魅力は、一体どこからわいてくるものなのだろう。あくまで新しい密室を追い求めるにしろ、それへの固執を批判するにせよ、閉ざされる、あるいは閉ざすということに、なぜここまで注目させられるのか。
 本作品に生まれた新しい密室のために、作品の舞台も登場人物達のキャラクターもすべて揃っていた。探偵が探偵になることの不可解さも含め、人々の語りの一つ一つに人間が思考するということそれ自体の謎が語られているといっていい。記念すべき犀川教授、萌絵デビュー作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しいけど読ませる

2016/04/23 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

バーチャルな世界が出てくるので、普通の推理小説では考えられない結末となってはいるものの、読みやすくグングン入り込んだ。頭がいい人ばかりが出てくる小説って案外少ないかも…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かったです

2016/03/28 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と進む序盤。段々と謎が解けていく中盤。混乱しがちな私でも、迷うことなくストーリーについて行けました。その意味ではありがたかったです。ミステリーの背後のロジックも、なぜ?に対する答えも、面白い上によく整理されていて、好感が持てました。一つ難点を言えば、情景を思いうかべてみると、ドラマチック過ぎて笑えるシーンがあり、そこで一気に現実に引き戻されてしまいました。それ以外は素晴らしかったです。過去にミステリーを読んで、謎解きがわからなかった人に、特におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る