サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

2016年上半期ランキング【総合TOP】新バナー(~7/6)

OP 経済ビジネス、新書・コンピュータ・雑誌ポイント最大50倍(~7/7)

孤独のグルメ【新装版】(SPA! comics)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 128件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/01/27
  • 販売開始日:2012/01/27
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: SPA! comics
  • ISBN:978-4-594-05644-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

電子書籍

孤独のグルメ【新装版】

著者 久住昌之 (原作),谷口ジロー (作画)

個人で輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が一人で食事をするシチュエーションを淡々と描くハードボイルド・グルメマンガ。井之頭五郎は、食べる。それも、よくある街角の定食屋やラ...

もっと見る

孤独のグルメ【新装版】

648(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より586おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

孤独のグルメ【新装版】

1,080(税込)

孤独のグルメ【新装版】

ポイント :10pt / 紙の本より154おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

孤独のグルメ 1 新装版

1,234(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC .book 無制限
iPhone .book 無制限
iPad .book 無制限
Android .book 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

個人で輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が一人で食事をするシチュエーションを淡々と描くハードボイルド・グルメマンガ。井之頭五郎は、食べる。それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。孤独のグルメ―。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。2014年7月、テレビドラマ・Season4の放送が遂に決定!第1回は7月9日(後11・58~、テレビ東京系列)放送。乞うご期待!

著者紹介

久住昌之 (原作)

略歴
1958年東京都生まれ。イラスト、マンガ原作、エッセイ、デザイン、音楽など幅広く活躍。実弟・久住卓也とのコンビ「Q.B.B.」の作品「中学生日記」で文春漫画賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー128件

みんなの評価4.3

評価内訳

「うん! これはうまい」って時の男の満ち足りた表情が、とてもいい

2009/02/04 16:00

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公の井之頭五郎(30代後半くらいか)が、仕事で立ち寄った街の食事処でとる食事の一こまを綴った、一話が8頁の連作短篇マンガ集。
 全18話の文庫で出ていた一冊に、10年ぶりの新作「東京都内某病院のカレイの煮つけ」(8頁)と、谷口ジロー、川上弘美、久住昌之の三人の鼎談(10頁)を加えた新装版です。

 その街、その場所のたたずまいと、腹の減った主人公が食べる食べ物とがいい感じで合わさって、心地よく、どこか懐かしい空気感を醸し出しているところ。「うん! これはうまい」「うん! これこれ!」と思いながら食べている男の、幸せな満足感に浸っている表情。そういうところが、とてもいい。『孤独のグルメ』ってタイトルも、この作品にふさわしいネーミング。

 作画者、本作品のファンである小説家、原作者の三人の対談では、絵を描かれた谷口ジローのコメントが興味深かったですね。
 <うまく描けそうだなって思ったのは、豆かんのときね。あの回のときに、豆かんを食べたときの表情というのかな、「うん、うまい!」っていう顔が描けたから。なんか描けそうな感じがしたんですよ、そのあとから>なんて語っているところとか、「なるほどなあ、そっかあ」と、頷かされました。

 収録作品の中のマイ・ベストは、「第11話 東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん」。不思議な懐かしい空気感を、特に強く感じた逸品。ラスト、男の満ち足りた寝顔がまた、とてもいいのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

食べることに通じた人

2009/03/11 15:01

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱせりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人は食べないと死にます。
ですから常に食べ物のことを考えます。
というか、私はいつも食べ物のことを考えています。

体を作ってくれる食べ物に対してアレコレいうのも罰当たりなことですが、それでもおいしいものが食べたい。
別に高級でなくていいのだけれど、今、食べたいものが食べたい。
でもじゃあ何が食べたいのだろう?
そう思ったことのある人には、うってつけの本です。

主人公の井之頭五郎もしょっちゅう何を食べるか悩み、メニューの組み合わせに悩み、目当てのものが食べられないこともしばしば。
読んでいて「あるあるある」と思うことしきりです。
五郎の思考に触れることで、自分も外食の際、無意識にぐるぐる考えていたことに気づかされることでしょう。こんなに食べ物のことを考えていたのか、と。

出てくる食べ物も庶民的なものばかり。
ぶた肉いためにシュウマイに深夜のコンビニめし。
ああ、おなかがすいてくる。
この作品において「グルメ(=食通)」とはすなわち「食べることに通じた人」と受け取りました。

ただひとつ、食べきれないからと頼んだものを残すところだけはいただけませんでした。
あそこはどうしても無理して食べきって欲しかった。
グルメならその矜持を見せて欲しかったです。

単行本、文庫本と経て、新装版が出たことからでもいかにこの本が愛されてきたかわかろうもの。
新装版は特別編が収録されていてお得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20%OFFシール

2010/06/27 23:15

16人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:helmet-books - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事終わりに
スーパーに寄って

今夜は何を食べようかと
食材を吟味していると

60代後半の女性が
なにやら、バックから取り出した20%OFFシールを

これから買うのであろう
彼女の持つレジかごの中にある

あらゆる食材にはっつけていた

うむむ
小売業を営む僕としては

かなり頭に血が上ってしまう
シチュエーションではあったが

結局のところ
素通りして、その後を観察していた

大胆にその女性を観察していたので
彼女は視線に気づいているはずなんだが

なんだか人に見られているというのに
しれっとレジに向かう、後姿を見ていたら

彼女の
孤独を感じた

勝手に想像して哀れんでいるなんで
趣味の悪いことほかないのだが

なんだかなと

本書は、

食通漫画のトップを走るであろう
名作「孤独のグルメ」

谷口ジローさんが作画担当というだけで
よだれがでるシチュエーション

うまい店もあれば、まずい店もある
サービスが最高の店もあれば、最低もある

うまい店だけ紹介するようなスタイルでは決してなく、
主人公自身の、等身大の一期一会を、描いていた

東京に住むようになってからは
外食する機会がとても増えた

その機会の半分は
ひとりで食べているのだが

この主人公同様
ただ口に食物を入れている行為を

越えた何かを

食場には求めてついつい
立ち寄ってしまうのだ

僕は食通でもなんでもないので
うまいとかうまくないとかは

外食する上で
まったく無関心なのだが

人と食事しながら会話が
思わぬ方向に行って新しい発見が出来たり

行き当たりばったりで入った
食堂の雰囲気に

ぼんやりとした異世界観を
感じることができたのならば

サービスが最低だろうが
なんだろうが構わないのである

ざっくり言えば
先ほどの不正をした女性と求めるものは

似たり寄ったりなのだから

善悪というものに
線引きをすることなど

僕は決して
できないのである

helmet-books

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

グルメ漫画のお手本

2015/11/27 19:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から気になっていたのと、ドラマを見たのをきっかけに購入しました。

私は「ミスター味っ子」や「美味しんぼ」など料理漫画が好きなのですが、「孤独のグルメ」はそれらとは一線を画するものだと思います。

料理の作り方や味の優劣などにこだわることなく、ただ自分の気の向くままに食べることを楽しむ姿は新鮮で、素直に好感が持てます。
興味がある方はぜひ一度読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

独特の世界観

2015/10/29 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒼原の砂時計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の主観が料理を通じて描かれている。人間臭さがにじみでていて、共感しやすい内容だった。一人の時間もなかなかいいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

食べたい

2015/09/06 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テルル - この投稿者のレビュー一覧を見る

今話題のB級グルメ本です、食べに行きたくなりました、巡礼の旅にでかけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

行ってみようかな

2015/08/29 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uzura - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマで見て、こちらの本を購入。
とてもとても美味しそうでどのお店も行きたくなります。
続編も出るようなので、楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とても食欲をそそられる

2015/08/19 06:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rei03 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は1話完結で各8Pと短いですが、中身がぎっしり詰まっている感じで上質のエッセイを読んでいるような感覚になれます。全編に詩的な雰囲気が漂っています。
また作画がとても丁寧で職人の仕事ぶりが感じられます。これも新装版の大きな魅力の一つだと思います。主人公の食べっぷりが豪快でとても美味しそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

マイブーム

2013/11/03 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くま - この投稿者のレビュー一覧を見る

楽しめる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すいませーん

2015/09/29 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1人でご飯が食べたくなる漫画です。

目の前にある料理に、
おいおい
こういうのもあるのか
これこれ
独特の言葉で突っ込み
つい真似したくなります。

食べてるところが
ほんと美味しそう。

2巻がでているようなので
それもとてもたのしみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

このわざとらしいメロン味

2015/08/11 12:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニート - この投稿者のレビュー一覧を見る

中年のおっさんが、適当な店で適当に注文した料理に舌鼓を打ったり胸中でグチッたりするマンガ。要約するとそんあところである。
 このマンガにカタルシスはない。ストーリーもない。料理のウンチクもない。ネットでネタにされてるだけのマンガ――ではない。

 細部まで書き込まれた絵、うまそうに見える料理、独特の台詞回し、わかりやすく良い点をあげるとすればこんな感じ。けど、それだけじゃない。このマンガには、おかしみとでも言うべきものがある。一人でいるとき、なにもないのに、なんだか心が浮き立つことがある。ぼんやりとしている時間が全てむだなわけではない。
 読者はメシを食っている中年を見て、ゆったりとした心持ちになる。それがいいのだ。
 だから刺激・興奮を求めてマンガを読むというのなら、これほど向いていないマンガも、そうない。

 文庫版に収録されているものが、こちらには収録されていない。代わりに、マンガが一話分追加されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

テレビから

2015/11/11 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を知ったきっかけは,ふとテレビを見てこの番組「孤独のグルメ」を見て面白いなあと思ったから読んでみたくなりました。俳優さんの何とも言えない雰囲気が面白くて,ついつい引き込まれたからです。料理を題材にした漫画はたくさんありますが,この漫画もきっと面白いだろうと思って買いました。なるほどなあと思う場面はありますが,テレビで見たほうがおもしろいと思います。ただ短編なので時間の隙間にすっと読めるのでいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/19 05:37

投稿元:ブクログ

ドラマから入ったもので、原作がだいぶ違うのに驚く。ドラマのおしゃれじゃないけど出すものがうまい食堂系紹介もので、ランチで二人ぶん食べるというものではないのだ。こちらだとコンビニでいろいろ買って並べて食べたり、従業員を叱ってばかりいる店主とケンカになったり店の名前は出させないけど不味いって話にもなる。ハードボイルドグルメという新しい境地だ。久住昌之って絵がうまいんだなと思ったら、これは谷口ジローの技でした。「こういうの好きだなシンプルで、ソースの味って男のコだよな」「ああなんてことだ食べ始めているのにさらに腹がへっていくかのようだ」なんて独白はドラマと共通ですね。

2010/12/12 21:24

投稿元:ブクログ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6448410
この動画を見て、いいなと思った人はぜひ買うべき。
いやむしろ買え!

2011/05/05 16:47

投稿元:ブクログ

新たに一話加わった新装版。1人でご飯食べる時ってこんな感じだよなあ~と思いながら読んだ。ふらり立ち寄った店がおいしい時の感動や、ハズレだったときの徒労感がなんとも言えない。個人的には、焼きそばと餃子の話が好き。焼きそば食べながら餃子ほおばりたい。

サイト内検索

キーワードを入力