サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think different. なぜ彼らは成功したのか?
スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think different. なぜ彼らは成功したのか?

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/06/18
  • 販売開始日:2012/06/18
  • 出版社: マイナビ出版
  • ISBN:978-4-8399-4156-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think different. なぜ彼らは成功したのか?

著者 大谷和利 (著)

常識に“No”と言い続けた不世出の天才スティーブ・ジョブズと、時価総額“No.1”にまで登りつめたアップル社から学ぶ人生とビジネスの本質。なぜ彼らは成功したのか? 考え、...

もっと見る

スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think different. なぜ彼らは成功したのか?

1,028(税込)

ポイント :9pt / 紙の本より376おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

スティーブ・ジョブズとアップルのDNA Think different.なぜ彼らは成功したのか?

1,404(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 11.0MB 無制限
Android .book 11.0MB 無制限
Win .book 11.0MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

常識に“No”と言い続けた不世出の天才スティーブ・ジョブズと、時価総額“No.1”にまで登りつめたアップル社から学ぶ人生とビジネスの本質。なぜ彼らは成功したのか? 考え、考え、考え抜くと、何が見えてくるのか? その核心を、日本で最もアップルを知り尽くすテクノロジージャーナリスト・大谷和利が40の視点で解き明かす。

著者紹介

大谷和利 (著)

略歴
1958年東京都生まれ。テクノロジーライター。私設アップル・エバンジェリスト。原宿AssistOn取締役。著書に「iPadがつくる未来」「iPhoneをつくった会社」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/06 23:47

投稿元:ブクログ

ひらめきによって最適の組み合わせを見出し、地道な積み重ねによって付加価値と魅力を高める。
眠りにつくときに、何か素晴らしいことをしたといえることが自分にとって大切なのだ。
本質を見極め、それを実現するために思考と議論を重ねる。

2013/08/12 20:49

投稿元:ブクログ

ジョブズとアップルが成し遂げた様々な製品や技術。製品はアート、製品そのものに加えて包装などへのこだわりも、いかにも・・といった感じがする。間違いなく新しい文化を創造してきた。

2013/08/18 22:05

投稿元:ブクログ

Steve jobs亡くなってからもAppleに受け継がれる血統をDNAと表現して紐解く。予言するかのように未来を実現させてきた先見の明、尖りが故の反発や抵抗、ここまで壮大でなくとも身近なinnovationの経験があると、身に沁みる感動を実感する。
大真面目に愚かとも思える大風呂敷を広げる人生の貴重さを大事にしたい。

2011/12/29 21:31

投稿元:ブクログ

毎月Mac Fanを読んでいますが,最後に大谷さんの「アップルの奇跡が語るもの Apple's Standards」という記事があり,興味深く読んでいます。新製品に対するAppleの姿勢や戦略など,大谷さんの長年のAppleを見続けた視点や考察から述べられた内容はとても興味深く,いろいろと参考にさせて頂いています。
 今回の作品は,Steve Jobsが亡くなったということで,これまでのJobsが取ってきた戦略や,それをもとにした Appleの製品展開,そしてこれからのAppleのあり方などについて,Mac Fanの連載と保母同様のスタイルでまとめられています。
 これまで断片的に知っていたり,理解していたことが,まとまった1冊の本として提示されることで,個人的には少しは体系的に理解するきっかけになったのかなと思って読みました。

・本質を考え抜くこと
・Jobsなどのトップが「最良」と判断するまで製品を練り上げ,自信を持って提供すること
・未来を創り出そうという確固たる意志を持つこと

Appleを特徴付けるこれらの特徴を,再認識した作品となりました。そのKey Wordは,タイトルにもある"Think different'"です。

2012/04/06 16:34

投稿元:ブクログ

他のメーカーと違って、なぜアップルだけがあんなに独創的なものを作ってこれたのか。他社ではあり得ないような方針、細部までのこだわりが強いなど、この本を読んで垣間見た。だからアップル製品を持つことは楽しいし、自慢にもなるんだなと思う

2012/02/22 20:51

投稿元:ブクログ

Think different このアップルのキャッチコピーが彼の人生、そしてアップル社のの躍進を物語っている。

CEOでなくアーティスト。

スティーブ ジョブズは前から自分のことをそう思っていたのではないか?
そしてアップルから生み出される製品もアートだと思っていたに違いない。

本書を読んでそのような感想を抱いたが、彼のテクノロジーとアートを融合させた功績はこれからますます高く評価されるだろう。

彼についての解説本はたくさん出ているが、この本は彼の言動や考えがアップルにどのような影響を与え動かしてきたのかが、たいへん分かりやすく書かれている。

しかしその中でも自分が注目したのは、スティーブ ジョブズが禅の教えに惹かれ毎朝瞑想を行っていたという記述。
激務の時間を遮断し己の心と静かに向き合う時、常識を超えた革新的な閃きが生まれるのだろうか・・・

物を生み出す仕事をしている人は、誰もが世の中に受け入れられる素晴らしい作品を作りたいと思っているに違いない。
ジョブズの生き方は一見真似できないように思えて、しかしその本質はいたってシンプルだ。そこに革新的なアイデアを生み出すヒントがある。

興味のある方は、ぜひこの本でその秘密を探ってみると良いだろう。

2012/06/02 12:21

投稿元:ブクログ

座禅は、する者をその人自身に戻し、いるべき場所に返してくれる 付加価値にはきちんと対価を要求する 世界初よりも、業界ベストを 未来をつくりだそうとする意志 自社製品を誰よりも愛する

2013/03/20 00:10

投稿元:ブクログ

「Think Different意識を変えろ」・・・クレージーな人々がいる・・・で始まるフレーズは聴く人の胸を打つ。 革新こそ時代の前進だ。

経営・ビジネス ランキング

経営・ビジネスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む