OP 最大3000ポイントキャンペーン(~7/3)

30代が覇権を握る! 日本経済(PHPビジネス新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

30代が覇権を握る! 日本経済

著者 冨山和彦

下山するなら自力で下りろ! 若い世代に負担を掛けるな――。「団塊世代」など、おカネに余裕がある高齢者の意見がまかり通る日本。その裏側で、働き盛りの30代は、年金や医療費な...

もっと見る

30代が覇権を握る! 日本経済

730(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より242おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

30代が覇権を握る!日本経済 (PHPビジネス新書)

972(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

下山するなら自力で下りろ! 若い世代に負担を掛けるな――。「団塊世代」など、おカネに余裕がある高齢者の意見がまかり通る日本。その裏側で、働き盛りの30代は、年金や医療費など社会保険費用の負担増を強いられ、上がらない給料をやりくりしながら苦しんでいる。このままでは日本経済の活力が完全に失われる!本書では、高齢社会のための負担増を真っ向から否定。「おカネがある人間は、自力で生き抜く」ことを前提に、消費増税、年金負担額アップ、医療費の増など、ビジネスマンを追い詰める愚策を柔軟なアタマで、ひっくり返す!働き盛り世代のモチベーションが上がり、立ち上がる気力が湧く本。また、団塊世代が日本の未来のために、品格を見せる気分になる経済オピニオン書。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/09/08 16:10

投稿元:ブクログ

■経済

1.30代以下の働き盛りの世代の活力を甦らせるには、今の社会で多くを占める60代以上の世代の中でも多数派をなす団塊の世代が、自らの既得権を手放すしかない。具体的には、次のような改革を支持する必要がある。
a.公的年金は、所得や資産がない人にだけ給付する。
b.消費税率を上げ、社会保障体系の大改革を行い、集めた税金の給付先を若年層に転換する。
c.定年制を廃止し、解雇規制を緩和し、企業が人を雇うときに躊躇しなようにさせる。

2012/09/01 23:46

投稿元:ブクログ

本書冒頭の概論はとても合理的な考え方で共感できる。

かなり突っ込んだ話まで出てくるが、根本からひっくり返して制度設計をし直さないと日本は持たないので、これからの政策は、「将来世代にとって価値のあるモノ・コト」を第一に考えるべき。

そのためには、団塊世代・高齢者の方々に率先して品位ある行動をとっていただく必要がある。(そう仕向けていく必要がある)

2012/10/05 22:34

投稿元:ブクログ

30代の自分が電車の中で読むにはちょっと恥ずかしいタイトルなのですが、中身はよかった。世代間の格差を切り口に、日本の様々な問題をとりあげています。著者の主張する解決策が激しくて、そこも面白い。

2012/11/26 20:52

投稿元:ブクログ

題名に惹かれてかってしまった。一読はしたほうがいいかな~

PHP公式より以下抜粋。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『下山の思想』(五木寛之、幻冬社)がベストセラーになり、日本は下り坂に入り、もはや成長はのぞめない、という論調が強くなってきています。

しかし、こうした風潮に対して、著者ははっきりと、こう言い切ります。

  「下山するなら自力で下りろ!若い世代に負担を掛けるな!」

  「30代よ、立ち上がれ! 団塊世代よ、品格を見せてみろ!」

「団塊世代」など、おカネに余裕がある高齢者の意見がまかり通る日本。一方、働き盛りの30代は、年金や介護、医療費の負担増を強いられ、上がらない給料をやりくりしながら苦しんでいます。

冨山氏は本書について、「1960年生まれの狭間の世代の人間として、この二つの世代に対して問題提起をし、挑戦をし、さらには決起を促すことを意図している」「そのために、あえて、かなり過激な解決策やきわどい覇権奪取の方法論を提示している」と述べておられます。ともかくも、30代ビジネスマンの方にぜひ、読んでいただきたい一冊です。

2012/07/24 13:04

投稿元:ブクログ

冨山さんの最新作。日本の問題を「世代間格差」として捉えて、若者がどのようにこの問題を解決していくべきかを具体的に論じている。普段からずっと思っていた世代間格差について、自分が考えきた以上に、深く分析しており、興味深い。30代以下の人はみんな読んだ方が良いと思う。

2012/07/17 18:07

投稿元:ブクログ

産業再生機構でカネボウやダイエーの経営再建に携わった冨山和彦さんの本。タイトルのとおり、近いタイミングで重大な局面を迎えるであろう日本経済に対して、今の30代がイニシアティブを持って社会変革を起こすべしという指南の書となっている。

物心がついた頃にバブル崩壊、就職は氷河期に突入し、非正規雇用と正規雇用の格差の問題、正規雇用でもワーキングプア続出と、まったく報われない時代を突き進むフロントランナーである30代。消費税増税、年金負担額増額、医療費の拡大といった高齢化社会の課題に対して、今こそ声を挙げるべきであろう。

日本の課題とは、脱原発でもTPPでもなく、統治構造である。先送り、短期視点での意思決定が繰り返される今の社会における決裁権を、60代以上から30代以下にひっくり返さなければ、将来世代のための施策はことごとくできなくなってしまう。

我々のすべきことは、革命であろう。

2012/08/06 17:27

投稿元:ブクログ

日本の抱える世代間格差の問題について様々な提言をしている。効果的な施策が述べられていると思うが、それを政治が実現出来るかについては懐疑的にならざるを得ない。
改革者となる30代はずる賢さも身につけて行かなければならない。

2013/02/03 19:42

投稿元:ブクログ

「30代が」と書かれていますが、内容は団塊の世代である60代と、その子供世代である30代ともに努力して欲しいとの内容です。

年金問題等は、団塊の世代である60代が受給を開始し始めると破綻するのは目に見えています。また金融資産をそもそも保有している高齢者が年金を貰い、そのしわ寄せが若者に波及している構造がおかしいのであって、金融資産を一定以上持つ高齢者には年金受給を停止すべきだとの意見もかかれています。年金等は今ある基金をかき集め一度解散させて、今ある金額を全部給付させ出直すべきだと提言しています。

提言自体は理屈にあっていると思いますが、60代や50代の人が既得権を手放すかというとなかなか難しいとは思います。ただ筆者自身がJALの年金問題を解決する際に、反対するOBを「若いものにこれ以上負担を求めていいのですか?」等の情に訴える作戦に出でおり、そうした成功体験が提言の裏にはあると思います。

ただひとつ本書に疑問を感じるとすれば、筆者が50代であることです。60代は既得権を捨てるべきだとの提言を60代の方がすればかなり説得力はありますが、50代の方がすると他人事であるから言えるのではないかとの思いを感じざるえません。最近の筆者の論調は30代頑張れ論ですが、40代・50代が何をすべきかの本も書いていただきたいような気はしました。

2012/12/26 17:35

投稿元:ブクログ

世代間格差こそあらゆる現代国家特に日本の諸悪の根源だと嘆き、若者に決起を求めてる。解決策は非力だけど、若者の将来特に各種制度へのそこはかとない不安はこれだったのか!と唸らされる。

「下山するなら自力で降りろ!現役世代に負担をかけるな」←ごもっとも!!

2012/10/31 23:39

投稿元:ブクログ

自分は今41歳。将来展望について考えさせられる...。

以下、備忘録的にまとめ。

現在の公的な年金制度や医療保険制度は、高齢者1人を若い世代2,3人で支える構造になっている。このままでは、若い世代の負担が大きすぎて、彼らの活力を奪ってしまう。

30代以下の働き盛り世代の活力を甦らせるには、今の社会で多くを占める60代以上の世代の中でも多数派を占める団塊の世代が、自らの既得権を手放すしかない。

具体的には・・・

・公的年金は、所得や資産のない人だけに給付する、いわば「掛け捨て保険」の形にする。現行の公的年金制度については、これまで払い込んできた金額に一定の金利を上乗せして全員に返し、いったん全て解散する。

・将来世代からの借金に頼る財政を改善させるため、消費税率をあげる。ただし、これは消費が減る上の世代より若い世代の方が負担増になる。したがって、消費税率を上げる場合は、同時に高齢者向け社会保障体系の大改革を行なうとともに、集めた税金の給付先を上の世代から若年層に転換する。

・定年制を廃止し、働く意思と能力がある限り、いつまでも働けるようにする。その一方で解雇制度を緩和し、正当な自由があるときは自由に解雇できるようにする。そうすれば、企業は人を雇うときに躊躇しない。

30代以下が搾取される構造は社会システムとなっており、大きな社会的ショック、いわば「革命」がおきない限り覆らない。この革命が訪れる時期としては、社会状況がさらに悪化する5年後くらいが、ひとつの分水嶺になる。

2012/10/19 00:44

投稿元:ブクログ

60代以上には品格を。
我々30代に気概を求めたいということ。

選挙権の格差是正の話がいつも槍玉にあがるが、本質論でいえば、世代間是正を行うべきではないか。
相変わらず、政治家はまとまった票を見込める農村部のご老人に偏った選挙活動を繰り広げる。
いい加減、こうした旧態依然としたやり方、考え方から決別しないと落ちていく一方・・。

さで、自分はどのように行動していくか?

2012/11/17 23:25

投稿元:ブクログ

年金や税金などの社会問題、エネルギー政策について考える時間になった。今、自分たちの置かれる環境の改善も大切だが、それ以上に子どもの世代によりよい社会を残せるか、そういった価値観を持つ政治家を応援したくなる一冊でもあり、投票の判断基準として参考になった。選挙前なのでタイムリーでした。

2012/08/01 16:15

投稿元:ブクログ

「すべては未来の子供達のためにあなたが何ができるか」
これが富山さんが本書で指摘していることの根本の思想です。

本書の中で、団塊世代に代表される既得権益者にとっては到底受け入れられるものではないような提案が次々提示されています。
年金は掛け捨て型にする、大学は一部を除いて職業訓練校に特化する、解雇規制・定年制・年功性の3点セットの同時実施などがそれです。

ですが冒頭で述べた思想があると、既得権益VS非既得権益のような二項対立は避けられますし、得られる利益も大きいはずです。

これからは30代以下の人々が、革命の主導権を握っていくべきです。そのために自分にできることを一つでも見つけ、行動に移して行きたいと思う。

2012/06/25 16:54

投稿元:ブクログ

『下山の思想』(五木寛之、幻冬社)がベストセラーになり、日本は下り坂に入り、もはや成長はのぞめない、という論調が強くなってきています。

しかし、こうした風潮に対して、著者ははっきりと、こう言い切ります。

  「下山するなら自力で下りろ!若い世代に負担を掛けるな!」

  「30代よ、立ち上がれ! 団塊世代よ、品格を見せてみろ!」

「団塊世代」など、おカネに余裕がある高齢者の意見がまかり通る日本。一方、働き盛りの30代は、年金や介護、医療費の負担増を強いられ、上がらない給料をやりくりしながら苦しんでいます。

このままでは日本経済の活力が完全に失われる!

本書では、高齢化社会のための負担増を真っ向から否定。「おカネがある世代は、自力で生き抜く」ことを前提に、年金、医療問題のシンプルな解決策を提案。働き盛り世代のモチベーションが上がるアイデア満載の経済オピニオン書です。


<POINT>

●今日の日本社会に大きな変革を求めるような、深刻な対立軸は世代間対立である。

●たとえば子育て貧困家庭における所得再分配後の所得は再分配前を下回っている。

●上の世代へいくほど、再分配後の所得増加幅が大きくなっている。

●日本の個人金融資産1500兆円の大半を60代以上の人々が持っている。

●日本では、資産も所得もない若い世代から巻き上げて、資産も所得もある上の世代に配っている。

●税と社会保障の問題も、財政悪化の問題も、規制改革を阻んできた既得権構造の問題も、若年層失業と格差の問題も、最後は世代間の収奪構造の問題に行き着く。

●この仕組みの中で、若い世代が収奪側である親の世代に寄生し、草食化して内向きになるのは、きわめて自然な成り行きである。

●民主政治の下では、いまのところ既得権を持っている上の世代が多数派であり、世代間収奪の仕組みを民主的政治プロセスで根本的に転換することは難しい。これは民主政が歴史上、初めて直面すると言ってもいい深刻なジレンマである。

●この問題構造において、世界の最先端を走る日本にこそ、解決モデルを世界に提示する使命があり、それが日本再生に向けて残された最後にして最大のチャンスでもある。

●その主役となるべき世代は、従来の仕組みでは絶対に負け組となる世代の先頭を走っている30代の人々だ。

●30代の親の世代にあたる団塊の世代のスタンスが問われる。民主政治の多数派である上の世代も、世代としての品格を見せなければならない。

●この世代が、子どもたち、未来の日本人(「悠久の日本国民」)に対して責任を果たすべきである。

●この世代が、自分たちの既得権を粛々と放棄する決断をしたとき、日本は先進民主主義国の中で初めて、世代間収奪のジレンマからの脱却に成功する。


冨山氏は本書について、「1960年生まれの狭間の世代の人間として、この二つの世代に対して問題提起をし、挑戦をし、さらには決起を促すことを意図している」「そのために、あえて、��なり過激な解決策やきわどい覇権奪取の方法論を提示している」と述べておられます。ともかくも、30代ビジネスマンの方にぜひ、読んでいただきたい一冊です。

2012/12/06 16:35

投稿元:ブクログ

30代が覇権を握る! 日本経済 (PHPビジネス新書)/冨山 和彦


現在の政治の論点は
「世代間闘争」
これにつきるというのが本書。
確かにそうだろうと納得します。

老人に若者の富が搾取され、また権力も老人が握っているので、革命を起こすしかない!
ということである。


この人は相変わらず切れ味の鋭い人。
何よりもびっくりするのは、42歳で産業再生機構のCOO(実質トップ)となって、魑魅魍魎のミサワ、大京、ダイエー等の経営陣、都市銀行と渡り合ったということである。
その修羅場経験は何事にも代えがたいのだろうと思う。
また、神経が以上に太いというか、根性座っているんだろうと思う。

本当はこういう人が自ら日本を変えるために先頭に立ってくれれば良いと思うのに。
ただし、政治には向いていないと思う。
おそらく本人も気がついているだろう。

・言っていることが難解。
・大衆を引きつける顔つきではない。
・しゃべりも早口で、取っつきにくい。

別に悪口を書いているわけではないのですが、残念ながら人気投票では上位に来ない。

昔の竹中大臣のように登用されて働いて欲しい人の筆頭ではある。

そんな時代を期待しています。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力