サイト内検索

詳細検索

小説文学・ライトノベル最大ポイント20倍(~8/4)

キングダム 8(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

コミック

電子書籍

キングダム 8

著者 原泰久(著者)

少年の深き闇。宮女に語られる秦王・エイ政の過去。永年の敵国・趙において、虐げられ、心を閉ざし生きていたエイ政を変えたものとは…!?

キングダム 8

500(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より45おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

キングダム 8 過去 (ヤングジャンプ・コミックス)

545(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 57.8MB 無制限
Android EPUB 57.8MB 無制限
Win EPUB 57.8MB 無制限
Mac EPUB 57.8MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

8巻レビュー

2015/09/30 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーパー天使 - この投稿者のレビュー一覧を見る

話も凄くおもしろいですが、戦闘シーンも多く、丁寧で熱く描かれている。
やはり戦闘シーンがたくさん描かれてこそキングダムだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/21 13:06

投稿元:ブクログ

秦の敵国・趙の王都邯鄲で生まれた政の物語。40万人の兵士が生き埋めにされた長平の戦いの恨みを幼い身に受けて育った政が、秦の安国君が太子についたことで趙を逃れる。この逃亡を助けた商人紫夏(しか)との物語。政が王族に似合わぬ身のこなしを身に付けた経緯が明らかになる。

2016/06/02 22:53

投稿元:ブクログ

長平の戦いで趙兵の捕虜40万が生き埋めにされたのは史実だというので、ネットで見たらウィキペには『中国戦国時代の紀元前260年に秦と趙が長平(現山西省高平市の近く)で激突した戦い。秦の勝利に終わり、戦後に秦の白起将軍により趙兵の捕虜40万が生き埋めにされ、趙の国力が一気に衰える原因となった。しかしこの人数は誇張されているとも言われている。』
とある。40万人を埋めるなんてタイヘンな作業だ。しかしいかにも中国らしい。その中国らしさを崩さずに話をすすめるのがうまい。
秦の王子政を秦まで運ぶ紫夏。40万人の呪いで、政は何も感じなくなっている。さらに政が暗殺者に狙われてる話。だれないで展開しています。

2009/04/23 14:02

投稿元:ブクログ

少年時代の政が隣国の趙にいた話。
敵国の王族を助ける紫花がかっこよすぎ。
あと向ちゃん泣き過ぎ(笑

2008/03/27 18:42

投稿元:ブクログ

古代中国を舞台にしたマンガ。

後の始皇帝となる少年と戦乱の世で
自らの腕で天下に名を成すことを目指す少年
二人を軸に展開していく

王道的なストーリーです。でも燃えますね。

普段はあまり歴史物のジャンルは読まないのですが。
おもしろいです。

2010/09/06 20:08

投稿元:ブクログ

政の幼い頃のお話。そして、暗殺。羌瘣の正体。
けっこう、中身のつまった1冊。

秦による趙の生き埋めは、史実にものこってるみたいです。項羽がけっこうやっていた記憶があるのですが。ゲームの「項羽と劉邦」の記憶が大きいかな。

そういえば、項羽は趙の人で、復讐的に意味合いがあったのかな?
元は、こっからきているのかもしれない。

2011/07/24 21:25

投稿元:ブクログ

ベルセルク好きは好きになる、といった紹介文を見て読み始めたが、ベルセルク的な要素もあるけどやはり三国志好きが好きになる感じがした

2016/04/25 10:13

投稿元:ブクログ

られる秦王・エイ政の過去。永年の敵国・趙において、虐げられ、心を閉ざし生きていたエイ政を変えたものとは…!?(裏表紙より)

2013/04/13 22:07

投稿元:ブクログ

なるへそっ。
政の過去に触れて、過去に信が感じた違和感が明らかになった。

闘いの漫画であれど、
そこに登場する人間の描き方、上手だよなぁ(^-^)

2016/07/01 09:36

投稿元:ブクログ

今までで一番よかった。
亜門、江彰の両名の散り際がかっこよすぎる。
命の果たし方が気持ちよくて潔い。
「救われた命にしちゃあ上出来だ。最後までほれた女の側にいれたからよ。1秒でも長く生きろよ!」

そして紫夏。
「恩恵はすべて次の者へ。私の命も幾人かの命によって救われた。その恩を余さずお前たちに注いだつもりだ。紫夏、お前がこの先他人のために何かできたらそれは私にとっても大きな意味を持つ。どんな些細なことでもいい……受けた恩を次の者へ。そうやって人はつながっていく」

名言すぎる

2013/04/09 23:33

投稿元:ブクログ

連載3年目にして、政の人質時代のエピソードをいれてきますか!
物語の深みが増して、本当に骨太の大河ドラマです。

2014/07/06 14:59

投稿元:ブクログ

武将・李信と始皇帝を描く春秋戦国大河。秦王・政の過去編。敵国・趙で心を閉ざし育った少年の物語が語られます。幕間の短編ながら、物語の前日譚を描くことで本編に深みが増しますん。