サイト内検索

詳細検索

★最大8000ポイントキャンペーン(~9/29)

超える力(文春e-book)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/07/27
  • 販売開始日:2012/07/27
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-375360-7
一般書

電子書籍

超える力

著者 室伏広治 (著)

4大会連続で出場するオリンピックを目前にして、室伏広治は、これまでのハンマー投の追求と実践その成果を語りつくした。ハンマー投の偉大な先輩で父でもある重信氏の背中を追いかけ...

もっと見る

超える力

1,404(税込)

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

超える力

1,404(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 840.3KB 無制限
Android .book 840.3KB 無制限
Win .book 839.2KB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

4大会連続で出場するオリンピックを目前にして、室伏広治は、これまでのハンマー投の追求と実践その成果を語りつくした。ハンマー投の偉大な先輩で父でもある重信氏の背中を追いかけてきた歴史。世界のトップクラスになってからの孤独、ドーピングとの戦い。また、ハンマーを科学として研究し続けるほどの飽くなき挑戦──。室伏は言う。「これを読んでもらえれば、私がいかにハンマー投という競技に魅せられているかが分かるでしょう」

著者紹介

室伏広治 (著)

略歴
1974年静岡県生まれ。男子ハンマー投選手。中京大学准教授。2004年アテネオリンピック、11年世界選手権で金メダル獲得。紫綬褒章受章。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

2012/07/08 20:26

投稿元:ブクログ

トリガーポイント(痛みの引き金点)と呼ばれる疲労した筋肉の奥深くにある硬く凝り固まった部分を取り除くために、カッピング療法やドライニードリングと言われる解剖学に基づいた鍼治療、スクレイピング(筋膜を刺激する療法)による筋膜セラピーを深夜に行った
溝口和洋 限界を作っているようでは世界では戦えない。限界を超える練習をこなしてこそ、世界と戦える
クラウゼビッツ 会見の目的と目標を定めて、それを達成する最善の方法で行うべきだ
小原國芳 君の競争相手はライバルでも記録でもない。無限の蒼空、確固不動の大地だ

2014/09/02 22:04

投稿元:ブクログ

知っている人の話は面白い。面白く話せる人の話は面白い。競技に対しても室伏選手に対してもアスリートに対しても研究内容についても、簡潔な文章なのに熱量が高くて、もゆる思いを受け止めるような気持ちで読み進める。
ものすごく実直で真面目、聖人君子かと思わせるのに第6章の関係者たちの証言によって人間らしさがほころんで愛すべきキャラクターをのぞかせる。そつない、人当たりのよい感じでいてこう、みんな「ちょっとアツい」って感じで受け止めてるのがいい。周りの人との関わり合いの中での彼がとても魅力的でちょっと好きになってしまった~。好感~。

2012/09/29 00:29

投稿元:ブクログ

【No.182】ハンマー投げの室伏広治選手の本。アスリートとしての実績はもちろん、一人の人間としての総合力や視野の広さが素晴らしい!「勝ち続けることにも勝ちはあるが、負けることでさらに深く競技を追求できる。自分を超えていくためのプロセスには苦しさも伴うが、同時にそれは苦悩に打ち克つことであり、アスリートの悦びでもある」

2012/10/30 00:48

投稿元:ブクログ

投擲種目をやっていた(やっている)選手にとって、誰でも一度は著者にあこがれたことがあるのではないだろうか。
何を隠そう、私自身もその一人(笑)
『ハンマー投げの選手としては』決して恵まれた体格ではない彼が、年齢を追うごとになんだかとっても光り輝くというか人間的にも素敵なアスリートになっているように感じるのはきっと私だけではないと思う。
その理由はこの本を読めばわかるし、きっとアスリートの究極のところは人間力なんじゃないかと。
ある程度のすごい!というレベルまでは才能とか環境とか体格、もちろん本人の努力などの掛け算で進めると思うのだけれど、世界チャンピオンだとか、ましてやそのレベルを継続出来るとなるとそんなハード面だけではないソフト面の才能がないと無理じゃないかと常々考えていた。
それをこの本が語ってくれているように思う。

著者とハンマー投げ、著者と父親である室伏重信さんについて語られている本書。
著者はあくまでも広治さんであるが、彼の言葉を通して重信さん流の子育てであるとかコーチ論も語られているように思う。
また、彼を囲む家族や諸先輩、異分野の彼に関わる人々の証言が非常に興味深い。

2012/08/17 07:23

投稿元:ブクログ

室伏広治さん本人よりお父さんの指導方法が印象に残りました。『何を言うかでなく、何を言わないか』だそうです。

2012/08/18 00:56

投稿元:ブクログ

38歳にしてなお世界のトップに居続けるって考えられない。その年でさらに進化し続けるのはもっと信じられない。なんかすご過ぎて参考にならないんじゃないかとも思えるくらい。だけど、その文面から伝わってくる人格は本当に素晴らしい。こういう方がIOC委員やらないのは大いなる損失だと思う。

2012/07/27 00:27

投稿元:ブクログ

世界チャンプにしては、言っていることが、しごくまっとうな印象を受けます。凡人を超越した感覚や価値観を期待している私には物足りないかもね。
非常に科学的にハンマー投げと向き合って成長してきたのが良く伝わる。

それとお父様のコーチとしての冷静な教育方針に感心しました。

2012/08/05 01:46

投稿元:ブクログ

いままさにロンドンオリンピックの真っ最中。折りしも室伏選手は余裕で決勝進出でした。金メダル・・・とは言いません、御自身が納得の投擲であれば自ずと結果はついてくるでしょう。

2013/02/10 21:50

投稿元:ブクログ

ロンドンオリンピックの日本選手団の活躍は、チームワークと科学の勝利として認識されるだろう。
この二つの要素は個人競技で最も顕著に表れ、室伏広治の銅メダルがその証だろう。
「チームコウジ」
それはかつて北島康介が結成したチーム北島と同様のものであり、昨年のオリンピックの日本の躍進の要因が詰まったものである。


個人競技でのチームワークとはなんであろう?
それは水泳が扉を開けた、至極当たり前だが、普通に行われて来なかったことの実践である。
個人種目の選手は、それぞれの所属のチームのノウハウにのみ頼っていた時代があり、
日本代表という組織の中で真のチームとなることはなかった。
アトランタ五輪で期待された水泳選手団が惨敗したことを受けて、当時の競泳代表ヘッドコーチだった上野氏が、
その風通しの悪さに楔を打ち込んだ。
そこから日本代表はそれぞれの指導者や所属チームが垣根を越えて協力する体制が出来上がり、
国内でせめぎ合うばかりでなく、日本全体で海外と戦う意識がもたらされた。
つまり異業種コラボも含むチーム日本。
いいとこ取りによる切磋琢磨。
そこに科学の力が近年加えられたのだ。


ナショナル・トレーニングセンターがこのタイミングで完成したことも大きい。
これにより日本の各スポーツのトップアスリートが一同に会する場所が出来、そのノウハウが集められた。
これにより一枚岩の協会(競技)と、所属チーム同士の壁がまだまだ高い団体競技(柔道)とでは、
メダル獲得数には大きな差が開いた。


そんな中チームコウジとはどんなものだろうか?


スポーツ医療、理学療法士、ハンマー投げの技術的なコーチ、フィジカルトレーニングの専門家が集い、
室伏選手をサポートした。
テニスの錦織選手もサポートするロバート・オオハシさん、
サッカードイツ代表をサポートした咲花さん、
全米一の民間トレーニングセンター、アスリーツ・パフォーマンス、
ハンマー投げのテクニカルコーチ、元スウェーデン代表トーレ・グスタフソンさん、
(彼は現在アメリカでカイロプラクティック、ストレッチングなどを用いてケガを回復するスポーツ・クリニックも開いている)
そして忘れてはならない、父、室伏重信さんの存在。
チーム室伏は最強のメンバーで構成されていたと言っても過言ではない。

しかしさすが室伏広治、彼のすごさはここでは終わらない。

深は新なり

様々な技術革新を残し続けてきた東レの技術研究者達に残るこの言葉にあるように、
一つのことを深く極限まで突き詰めていく中で、
新しい発見がある。

このブログでも文武両道がスポーツ界にもたらす様々な効果を唱えてきたが、正直これはもうレベルが違う。
そして彼の好奇心と探究心は科学だけに捉われず、さらに古武道にも向かっている。
自然の動作の追求のため、投網、扇子投げ、囲碁やおはじきを投げるなどその挑戦は多岐を極める。
そしてさらにはその視線は日本のスポーツ界にまで及ぶ。
彼が実践してきた活動を学術としてまとめ、唱えることはこうだ。


日本では地域に根ざしたスポーツ・クラブの基盤がない。
学生は体育会や体育学部にしか進むしかない。
しかしそこで監督やコーチは一部の優れたアスリートしか見ない傾向が強い。
そしてその後学生は体育教員になるか、体育関連の仕事に就くしかない。
これではもったいない。


そこで、科学との融合だ。
応用スポーツ科学
運動生理学
スポーツ社会学
スポーツ栄養学
スポーツ心理学
といった分野の教授とのパイプやバックアップ体制を構築していく。

その結果、以下6つのアスリートのパフォーマンス向上のための基礎的なサポートが得られるようにする。
-体力向上のトレーニングブログラム
-基本的な筋力アップを促し、ケガを予防するファンクショナルトレーニングや運動機能向上のプログラム
-運動種目の専門スキルを磨くプログラム
-スランプに陥ったり、燃え尽き症候群を防いだり、気持ちのリセットなどの心理面をサポートするマインドセットプログラム
-食事や栄養学、補助食品でリカバリーを促す栄養・ニュートリションプログラム
-理学療法やマッサージ・医学サポートによる回復・ケガ防止及び諸器官機能を向上させるリハビリテーションプログラム


そして強調するのは、これが一部のエリート選手だけでなくて、運動に関わる全学生に提供することだと説く。

そして実はこれが、前回のブログ
[http://d.hatena.ne.jp/gomanjp/20130104:title=書評:フット×ブレインの思考法 日本のサッカーを強くする25の視点 ]
で書いたこととつながってくる。


スポーツには多様性があり、産業として発展していく可能性がある。
室伏選手が提唱するこの構想だけでも、
フィジカル面、研究面、スキル面と多岐にわたる分野が広がっており、
それらが開く職業の扉の数は多い。
オリンピックで金メダルを取らなくても、こういった分野で金メダルには貢献できる。
この可能性こそ部活で提示されることではないだろうか?
特に高等教育、高校、大学では選手として頑張ることと合わせて求められるのではないだろうか?
そのためには、次の室伏選手、次のオリンピック選手兼博士過程修了者が求められる。
その数が増えることによって裾野が広がり、理解が広がり、新たな夢が現実と化していく。

今日本の部活には限りなく高い知性が求められてもいいのではないだろうか?
それがこの国の部活というユニークな仕組みの集大成ではないだろうか?
そしてそれがスポーツ大国への第1歩ではないだろうか?
今スポーツ選手に求められているのは、引退後に飲食店を開くことではないだろう。

Foot Brainと同様に、スポーツという素晴らしいものを360度ぐるりと見回して、あらゆる可能性を提示したことではないだろうか?
この本が多くのきっかけと知的好奇心を刺激することを期待したい。

なお、本書ではドーピングについても多く語られているが、今回は様々な騒動が収まっていないため、そして真相がわからないため、触れることを避���た。

2015/07/27 00:25

投稿元:ブクログ

ハンマー投げの実力者による自分語り。チームコウジが支えるほどの人徳と練習に対する意識は尊敬します。なにより初代鉄人の育て方というか距離感が絶妙。

2016/01/20 06:54

投稿元:ブクログ

室伏広治というアスリートを良く理解する為に、彼のハンマー投に対する考え方、研究、周りとの関わり方を読み解けました。

アジアの鉄人である父や、世界のライバル、異分野の専門家達に囲まれ、自らを磨き続けたことがわかります。

アンチドーピングを掲げ、選手のセカンドキャリア対策も考えるために、IOC委員になろうとする姿。

年々、表情も発言も異次元なレベルまで高まっているように感じます。でも、親しみやすい印象が変わらないのは、謙虚さゆえでしょう。

彼を高校2年のインターハイ南関東大会で見かけたことを思い出します。ここまで、凄いアスリートになるとは思いませんでした。

2014/09/28 10:50

投稿元:ブクログ

世界トップクラスを維持している室伏氏の著書。トレーニングは厳しいが、諦めずに、世界視点で取り組んでいることが素晴らしい。努力する才能を持続する才能があるのだろう。見習いたいものである。
また、自身の成長だけでなく、後進を育てることにも考えが及んでおり、思考の奥行が深い。自身を超える選手を育ててはじめて父を超える、という考え方は素晴らしい。

2012/07/07 07:41

投稿元:ブクログ

 卓越した身体能力と投てき技術を武器に活躍を続ける室伏選手。37歳となる今でも世界のトッププレーヤーとしての力を維持している秘訣である「超える力」とは何か、室伏選手のハンマー投げへの想いが伝わってくる本です。

詳細なレビューはこちら↓
http://yosshy0322.blog.fc2.com/blog-entry-652.html

2015/03/15 22:47

投稿元:ブクログ

肉体のピークは過ぎているはずなのに、今なお記録を残し続ける筆者の強さの秘密を覗けた気がした。
それにしても、室伏選手は陸上以外のスポーツの選手としても、研究者としても一人間としても素晴らしい。天は一体彼に何物を与えたのだろうか、溜息を禁じ得ない。

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む