詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

全品10倍(エントリー式)(~5/26)

電子書籍

推定無罪(上)(文春文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2013/01/25
  • 出版社:文藝春秋
  • レーベル:文春文庫
  • サイズ:16cm
  • ISBN:978-4-16-781208-9

一般書

推定無罪(上)

スコット・トゥロー (著), 上田公子 (訳)

電子書籍

802 ポイント:7pt

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

802(7pt) 推定無罪 新装版 上 (文春文庫)

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

1988年に刊行されるや日本の読書界に衝撃を与え、同年のミステリーベスト1に選ばれ、ついには80万部を売り上げた伝説のベストセラーが待望の電子化! 地方検事選挙が白熱する...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC XMDF 801.3KB 無制限
iPhone XMDF 801.6KB 無制限
iPad XMDF 801.6KB 無制限
Android XMDF 801.6KB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

1988年に刊行されるや日本の読書界に衝撃を与え、同年のミステリーベスト1に選ばれ、ついには80万部を売り上げた伝説のベストセラーが待望の電子化! 地方検事選挙が白熱する街で起きた女性検事補殺し。逮捕されたのは、被害者と不倫関係にあった敏腕検事──果たして彼は有罪か無罪か? 白熱の法廷戦、豊穣な人間ドラマ、最後に待つ驚愕の真相。これぞ不朽の名作! 本書の20年後を描いた、続編『無罪 INNOCENT』とあわせてお楽しみください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2014/07/04 21:20

読み出したらノンストップで、あっという間に読み終わってしまった。
んだけど、読み終わった後何にも残らなかったかなあ。
面白かったのは確かなんだけど、かといってすごい作品だったっていうような読後感はなかった。
この手の作品には、どんなラストを用意しても万人が納得出来るものにはならないんだろう。
個人的には派手さと面白さで読者をあっという間に引き込んでしまい、最後まで逃してくれないグリシャム作品みたいな方が好き。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/07/04 22:12

前半は、主人公の逡巡がかなりまどろっこしく感じて辟易。
なかなか読み進まなかったけれど、途中から真犯人もわかり、法廷劇の妙技を堪能。下巻は一気に読みました。
人(主人公)の内面に深く入っていくところは、私が女性だからか、性的な部分があまりに大きく、共感ができず読んでいて違和感が。。。そのぶん★が減少。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/12/11 23:25

「被告人は有罪か、無罪か」が争われる裁判だが、「被告人が有実か、無実か」を知っているのは当の被告人だけである……、ということを考えると、人が人を裁くってすごいことをやっているな、とつくづく思います。

本書は、主人公の検事が不倫してウマーな思いをしていたら、その相手が殺害されて気づけば主人公が起訴されてた、という話。

前半はイマイチ盛り上がりにかけますが、起訴されてからは一気に面白くなる。法廷シーンの緊迫感といったら! 審理終了も劇的な締め括りで興奮冷めやらぬ……。すべてがもう元に戻らないと苦い思いを残す終盤も感慨深いですね。

素晴らしい読書体験を与えてくれて本当にありがとう。下巻まで一気に読み終えました。

*上巻にて下巻も含めたレビューとします。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/10/16 18:30

第1部がなかなか終わらず、飽きてしまい止めようかと何度か思ったが、第2部になり、がぜん面白くなってきた!

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/28 21:41

時折、海外ミステリーを読みます。
そんなに詳しくないので、適当に有名なものを。
という訳で、スコット・トゥローさんという人の書いた「推定無罪」。まずは上巻。

元検事補で弁護士さんなんですね。作者が。そりゃ法廷については詳しいはずです。
「法廷もの」の不滅の名作だそうです。1987年にアメリカで出た小説。

地方の州が舞台みたいで、そこの検事補さんが主人公。一人称小説です。
どうやらアメリカのそういう職業では、検事補とか検事とかっていうのは、政治家の類なんですね。
選挙とかでボスが選ばれる。
でも同時に、警察を指揮して、捜査にあたって、法廷で活躍します。
主人公のラスティーさんは40代な感じ。男性。既婚。男の子が1人います。
で、ボスが選挙で負けそうだ。
というちょっと不安な時期に、同僚/後輩のセクシーな30代(40代?)女性と不倫の情事に溺れちゃう。
この女性がセクシーで野心家の設定。ちなみに独身。

なんだけど、捨てられる。捨てられた挙句に、女は自分のボスとできちゃった。
で、このラスティーさんが、真面目に生きてきたエリートで、情事に溺れちゃって、忘れられない。
もだえ苦しむ。妻にもバレる。えらいこっちゃな日々の中で。

なんと、そのセクシー女性が、殺されちゃう。殺人事件。

捜査にあたります。
犯人が判りません。

そして選挙。
ボスが負ける。
下野する形になる上に。なんと。

現場のグラスに自分の指紋があって、「犯人」として起訴されてしまうんですね。

オセロがひっくり返るように、人生が暗転します。

という、なかなか出来過ぎのミステリー展開なんですが。
なかなかどうして、筆の具合は堂々と焦らず。
業界モノとしての読みごたえが十分な上に、作者のやりたいことは、どこまでも中年エリート男性の心理なんですね。
微妙な妻との距離感、子供への愛情。脱線して溺れていく自分を制御できない惨めさ。
利害損得、組織の都合に翻弄されるストレス。

うーん。

海外ミステリー版、横山秀夫さんって言いますか(笑)。

基本、「男の子小説」だとは思いますが、なかなか腰が据わっています。下巻が楽しみになってきました。


(なんだけど…実はこれ、映画になっています。
ハリソン・フォードさん主演。
で、この映画、観てしまってるんです。
面白かったんです。ハリソン・フォードさんの映画では、最高傑作の部類じゃないかなあ、というくらい。
監督はアラン・J・パクラさん。「大統領の陰謀」(1976)とか撮った人ですね。
「推定無罪」は1990年の映画。法廷もの映画としても、「評決」とかと並んで秀逸。

…で、この映画…

ラストが怖いんですよ。すごかったんですね。

原作通りなんだろうな…というコトで言うと。
原作から読めばよかったかな、とチョット後悔…。

でも、面白い映画/小説は、筋を知っていても面白いはずだ…と、思いながら…)

評価4 投稿元:ブクログ

2013/02/28 19:17

主人公サビッチの同僚であるキャロリンが殺される。地方検事の選挙があり多忙のため首席検事補であるサビッチが捜査を命ぜられる。
しかし、選挙が敗北した後でサビッチがキャロリン殺害の罪で訴えられてしまう。
上巻では選挙の話があり、少し退屈な展開。その後でサビッチが訴えられた以降は非常にスリリングで面白い。
映画を観ていないため、下巻の展開が楽しみになる。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/12/31 16:16

あまりにも有名な作品だが、今まで手にとってなかったので、気を取り直して読んでみる。上巻は事件と背景、登場人物の説明で終わってしまっている。辛抱の上巻か。裁判が始まるのも下巻から。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/05/28 22:23

映画も見たはずですが内容は覚えてません。
確かに他の方が仰るように前半はちょと退屈。
殺された女性検察官との情事とか安っぽい感じだし、主人公がその女性にメロメロで同じ香水の香りを嗅いだだけで興奮とか中学生か!と突っ込みました。
ただ後半、裁判が始まるととたんに物語が動き出して面白くなってきます。
前半は思ったより盛り上がりに欠けたので下巻に期待。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/10/14 21:55

続編が出てかなり話題になっていたので、読んでみた。

なんせここのところ、
似たようなアメリカの犯罪・司法現場の本を読んでるので、
正直物足りないというか、面白くなかったというか。

どうも主人公に入れ込めないせいかもしれない。
優秀な検事のはずが、
不倫にのぼせているのはさておいて、
事件の展開にあわあわするばかりだし、
推理もさえてないし。

(下巻へ続く)

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.