詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

クリスマス・イヴ(講談社文庫)

立ち読みする

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社:講談社
  • レーベル:講談社文庫
  • サイズ:15cm
  • ISBN:9784062636698

一般書 読割50

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

クリスマス・イヴ

岡嶋二人 (著)

電子書籍

486 ポイント:4pt

紙書籍より:59円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

545(5pt) クリスマス・イヴ (講談社文庫)

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ある意味で岡嶋「らしさ」とは真逆の、雪山の別荘で起きた真冬の究極ホラー。山深い別荘でのクリスマス・パーティーに向かった敦子と喬二。夜になって到着したその別荘はまっ暗で、荒...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC .book 161.9KB 無制限
iPhone .book 163.0KB 無制限
iPad .book 163.0KB 無制限
Android .book 163.0KB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ある意味で岡嶋「らしさ」とは真逆の、雪山の別荘で起きた真冬の究極ホラー。山深い別荘でのクリスマス・パーティーに向かった敦子と喬二。夜になって到着したその別荘はまっ暗で、荒らされた室内には友人の血まみれの死体が……。移動するすべを奪われた二人の前に、雪に閉ざされ孤立した別荘地でイヴの夜に起こった恐ろしき惨劇。凶悪で強靱な殺人鬼から果たして逃れることはできるのか!?恐怖と緊迫の傑作長篇サスペンス。1989年刊行。(講談社文庫)

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.3
3.3
評価内訳 全て(20件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

鋭さがもっとほしかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/03/27 00:05

評価3 投稿者:みりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は本屋で見かけて読んでみました。
著者の作品を読んだのはこれが初めてでしたが、
違和感なくスラスラ読める作品だったと思います。
私が「クリスマス・イヴ」を読んだ時はちょうど
丑三つ時とでもいいますか、夜中だったのでとても臨場感があって、
作品に対して入り込めました。
しかし、前半から真中あたりまではとてもドキドキして読めたのですが、
後半部分は期待していたようなどんでん返しみたいなものがなかったので
そこが少し残念かな…と思いました。
もうちょっと裏切りがほしかったですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2007/10/10 12:30

ノンストップ・サスペンス。
カップルを襲う殺人鬼。『13日の金曜日』のように
ただただ追いまわされて、襲われまくります。
本当にそれだけです。

評価1 投稿元:ブクログ

2006/03/31 00:53

えー、ミステリー作家なんですが
実質ホラーという作品
しかも題名がクリスマス・イブという
本の存在がミスリードですよ
まぁ読まなくて良いと思います

評価2 投稿元:ブクログ

2014/08/25 20:50

雪に閉ざされた別荘地で殺人鬼に追われるという、スプラッタ・ムービーの小説版。「13日の金曜日」のよう。
ホラーの純粋理想形、正体不明の殺人鬼に追われる恐怖に焦点を絞った小説とのことだが、全編これだと読むのが辛かった。
(図書館)

評価3 投稿元:ブクログ

2007/04/10 23:34

廊下の本棚にあったカバーのかかった文庫本を手に取ったらこれでした。ホラー?じぇいそん?トリックも何もないミステリー?というものをはじめて読んだ。こういう分かり易いドキハラ感を求めて本を読んでる訳ではないので、多分最初で最後でしょう‥。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/05/30 13:12

クリスマス・イヴの日に、恋人未満のカップルが
山奥にある友人の別荘で友人夫婦と婚約したカップルと6人で
楽しい一夜を過ごすべく、車を走らせる。
予定より随分遅れて到着した二人を迎えたのは真っ暗な別荘。
またいつものようにからかっているんだと思いつつ別荘に入ると
そこには友人の血まみれの死体が・・・
電話線は切られ、車は壊され、逃げ場のない二人に襲い掛かる
まるで「13日の金曜日」のジェイソンのような無差別殺人鬼。
途中で別の別荘に隠れていた友人の一人と合流し、また他の別荘の
オーナーである老紳士とも協力してなんとか脱出を試みるが
殺人鬼の前に次々と倒れていき・・・

息もつかせぬ展開にドキドキしながら一気読みしちゃいました。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/09/09 16:24

本当に殺人鬼に追いかけられてるような恐ろしさで ページをめくる手が止められなかった。
後日 「岡嶋二人盛衰記 」で『ただ殺人鬼から逃げ回ってるだけの駄作』みたいに 書かれていて軽くショックでした。

確かに 推理小説作家としては不本意かもしれませんが 迫力ある「筆力」は ピカイチだと思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/07/27 09:11

寝る前に読み出したら
とまらなくなって
3時間ほどで読了してしまった

ミステリかと思ってたら
純粋なホラーーでこわかった
とまらなくなった

でも最後がいまいち府に落ちないラストで
そこ以外は大変おもしろかったこわかった

評価3 投稿元:ブクログ

2010/10/01 23:41

友人以上彼氏未満の男性と、クリスマス・イヴの
パーティーをする別荘へ行ってみれば…。

ある意味密室。
ある意味最高の状態。
とは思いますが…実際に落ちいってみたらどうなんでしょう?
パニックどころじゃないですね。

遭遇した人達が一番驚くでしょうが、この先どうなるのかと
読み続けるこちらもどきどきものでした。
最終的には一応落ち着きはしましたが
この状態はどうなのだろう? というのも。

気になって一気に読んでしまうので
その点ではすごいと思うのですが
思い返してみるとそれほどでも、という感じです。
どちらかというと、犯人の心境が知りたいですね。

評価1 投稿元:ブクログ

2009/10/29 16:24

うーん・・・・
読み終わって、

だから何?

って感じの話でした。

「ホラー」って、結局なにも残らないのね。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/09/23 16:53

調子にのってもう一冊。
ただただサスペンス。
他の要素は、ちょっと恋愛みたいな感じ。
殺人鬼に追われる雪山って、全く珍しく無いけど(笑)私は楽しみました。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/01/06 14:33

かの名作「激突!」や「ヒッチャー」を彷彿させるような、常識では計り知れない存在に追われる恐怖、そして物語のテンポの良さがよかったです。「かまいたちの夜」の原点であることを感じさせるような、人里離れた雪山の別荘を舞台に、登場人物の数も限定され、どんどん殺人鬼の餌食になっていくという劇場的要素もすごく怖くてよかったです。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/02/06 03:24

岡島二人らしくない。
逃げ回るジェットコースター小説というかスピート感を重視した作品なのかな。ストーリは面白くない。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/12/24 00:00

岡嶋二人のクリスマス・イヴを読みました。古本屋で見かけて、岡嶋二人の未読の小説だったので読んでみました。14年前の小説で、山奥の山荘でクリスマス・イヴをすごそうとした恋人たちが殺人鬼に襲われるというサイコ・スリラーでした。14年前は携帯電話がないので、山奥の山荘で電話線が切られてしまうと連絡手段が無く、殺人鬼に襲われると逃げ惑うしかないのでした。まあ、私が岡嶋二人の小説を読むのは謎解きが楽しいミステリーが読みたいからなので、ひねりも何もないサイコ・スリラーはちょっと期待はずれでした。ここのところ読んだ本は4冊続けてハズレの小説でした。面白そうな本を選んで読むようにしたいところです。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/05/10 11:52

岡嶋二人だし推理物だろと思って読んでました・・・・。
表紙からは想像できないほどのバイオレンスでした。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.