詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. コンピュータの熱い罠

電子書籍

コンピュータの熱い罠(講談社文庫)

立ち読みする

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社:講談社
  • レーベル:講談社文庫
  • サイズ:15cm
  • ISBN:9784062731348

一般書 読割50

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

コンピュータの熱い罠

岡嶋二人 (著)

電子書籍

648 ポイント:6pt

紙書籍より:103円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

751(6pt) コンピュータの熱い罠 (講談社文庫)

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

相性診断によって男女を引き合わせるコンピュータ結婚相談所。オペレータの夏村絵里子は、恋人の名前を登録者リストに見つけて愕然とする。「何かがおかしい」彼のデータを見直し、不...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC .book 195.5KB 無制限
iPhone .book 196.6KB 無制限
iPad .book 196.6KB 無制限
Android .book 196.6KB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

相性診断によって男女を引き合わせるコンピュータ結婚相談所。オペレータの夏村絵里子は、恋人の名前を登録者リストに見つけて愕然とする。「何かがおかしい」彼のデータを見直し、不審を抱いた絵里子を、正体不明の悪意が捕らえる。まずは兄嫁のデータを見たいと相談所を訪れた女性が謎の死を遂げ、それは連続殺人事件に発展。恐怖に引きずり込まれた絵里子は……。まだPCもあまり普及していなかった1986年に書かれたとは思えない。コンピュータや情報に関わる事件の先見性にも驚愕。(講談社文庫)

ユーザーレビュー

全体の評価 3.3
3.3
評価内訳 全て(24件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 古さを感じさせません

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/16 15:06

評価4 投稿者:乾 辰巳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容に触れる部分があります。
コンピュータがふさわしい相手を選ぶ結婚相談所。そこでオペレータを務める女性が、自分の交際相手が登録されたことに気づくところから物語は始まるのですが、最初はうーんって感じで面白くなかったです。
兄が殺されたかもしれないので、登録されている女性のことを教えてほしいとセンターにやってくる人が現れるのも、まず警察に行かないかなあ? と思ったし。
ところが、それでも読ませるんですね。
登録しているデータが誰かに書き換えられている。そのことから秘密を掴んだ同僚が殺され、顧客男性8人が結婚後一ヶ月の間に死亡していたり、その妻がいずれも失踪していることが分かってからは、ぐいぐいと引っ張られました。
古い作品ですので、コンピュータ関係のことは時代遅れなのでしょうが、個人情報は今でも言われることですから、あまり気にならず面白く読めました。
ラストはちょっと出来すぎな気もしますけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2007/02/22 17:43

 結婚相談所の株式会社エム・システムのデータが送られてくるセンターでオペレータとして働いている夏村絵里子はある日、そのデータの中に恋人の名前を見つける。自分と付き合っているはずの彼の名が、なぜ結婚相手を探している者達のリストに入っているのか。ショックを受けつつもさらに調べると、絵里子はおかしな点に気づく。

 今から20年以上も前の作品となればしょうがないことだけど、やっぱりコンピュータはコンピュータでもだいぶ古いなぁと。この時点では最高のセキュリティなんだろうけど、今の時代だと、なんて杜撰なというか、個人情報保護法違反・職権乱用も甚だしい(苦笑)。絶対こんな風にはうまくいかないだろうなと。

評価1 投稿元:ブクログ

2006/04/12 12:03

作品が86年の物と言う事もあり、だいぶ古さを感じた。コンピューターの進歩ってはやいなぁと感じさせてもらった。内容的にはこれと言って感想は...

評価4 投稿元:ブクログ

2006/12/09 17:38

相性診断によって男女を引き合わせるコンピュータ結婚相談所。オペレータの夏村絵里子は、
恋人の名前を登録者リストに見つけて愕然とする。「何かがおかしい」彼のデータを見直し、
不審を抱いた絵里子を、正体不明の悪意が捕らえる。相次いで身辺で起きる殺人事件は、
増殖する恐怖の始まりでしかなかった。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/10/14 12:09

相変わらずのテンポのよさ。二転三転するストーリー展開。諧謔を弄した会話。すべて◎(*^m^*)ほんっと好きです★

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/08 18:22

相性診断によって男女を引き合わせるコンピュータ結婚相談所。オペレータの夏村絵里子は、恋人の名前を登録者リストに見つけて愕然とする。「何かがおかしい」彼のデータを見直し、不審を抱いた絵里子を、正体不明の悪意が捕らえる。相次いで身辺で起きる殺人事件は、増殖する恐怖の始まりでしかなかった。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/05/27 17:49

岡島二人さんはコンピューター犯罪もの好きですよねえ。はい。私も大好きですが。
結婚相談所のホストコンピューターが暴走して殺人!?これは面白くないわけがないと前半で期待しすぎた分、後半肩透かしくらったw

評価5 投稿元:ブクログ

2008/09/26 05:31

岡嶋作品を読むのは、3作目。
すべてに共通しているのは、
約20年前に出版されたのに、色あせていないこと。

ハッキングの話。
この作品が出たころ、アムネは中学生。
ワープロが家庭にあることさえ、
貴重な世の中でした...( = =) トオイメ

そんな時代に書かれたのに、
わくわくしながら読めてしまうなんて。

主人公の女性の最後の決断がまたすばらしい。
(かなり個人的ですけどね)
その決断に星5つ。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/07/01 22:39

結婚斡旋会社のデータ管理を担当しているオペレーターの絵里子は、恋人のデータが登録してあることにショックを受け、、、。
そこから、何かがおかしいと考え始める。うまく隠された罠が明らかになると!

相変わらず、本の作り方がうまい!
どうしても読まされてしまう。
コンピュータのシステムが古いのはご愛嬌。
それをもってしても古さを感じないどころか、今でも十分に楽しめるところが、時代について先見の明のある作家だったのかもしれない。
練られたトリック。
ぐいぐいと引き込まれてあっという間に本の最後のページへ。
岡嶋二人。面白すぎる。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/09/16 22:49

結婚相談所にて、教えられない個人情報を見せてくれ、と
訪ねてきた、脱会者の妹。
その妹は、後日死体となって新聞の記事に。
一体何がどうなったのか。
むしろどういう事なのか。
もう数ページしか残ってないぞ!? と思う所まで読んで
やっと犯人が分かりましたw

動機云々はおいておいて、犯人のみ。
書き方がうまいと言いましょうか
誤解させるのがうまいと言いましょうか。
こうやって毎回騙されてるんですが
二の足踏みまくりです。

ただちょっと、あの男とまさか…とか思ったのですが
そんな展開にならなくてよかったです。
金があっても、その男は駄目駄目です。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/10/29 16:22

昔、岡嶋二人にハマったことがあったので
その時に読んだことあると思うのだが
図書館でたまたまみつけたので再読。

意欲的に「コンピューター」を取り入れた作品。
そういう意味でおもしろい。

しかし、今となっては社外で個人情報を取り出すことも
持ち出すことも犯罪だろうと思うので
こういう謎解きはできないと思われます。

主人公がなんかどうしようもなさそうな恋人に
執着する気持ちがわからない。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/09/04 20:00

やーっぱり面白い。
面白くないわけがない。

岡嶋二人最高です。
この作品が1986年のものだなんて信じられない。
内容が新しい。というか、今でも新鮮さをもって読める。
疾走感がたまらないし、犯人がこいつかよ!なんて思えたり。
あー。やっぱりこういうの好き。

どんどん岡嶋二人の作品を読んでいこう。
そして、99人の最終電車なんて作品があるなんて知らなかった!
どこまで新しいんだよ!
いつになったら時代はこの二人に追い付けるのか。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/01/10 23:43

結婚相談所にあるエムシステム。システム担当だった兄が登録した。
会員数を増やすための、やらせ的な登録。
そして、主人公は意外なことに気づく。
最初に登録していた個人情報が、いつの間にか増えている。
なぜ個人情報が流出し、結婚相談所にあがっていたのか。
エムシステムとは? 殺人事件が起こる中、主人公は真相に迫る。

・・・・・これ、20年以上前のお話しです。
全く岡嶋さんといったら、先見の目があるというか。
その頃はまだ、下手したらネットなんてモデムを受話器に当ててた時代?
ピーーーコロコロって。
少なくとも、インターネットとかいうものは、噂程度の時期。
っか、そんなの無い時代。
そんな時に、ネットワークを駆使しての個人情報うんぬん、なんて話し。
凄いと思います。

今実際にこういうことあってもおかしくないなぁ
って読み終わって恐怖すること間違いなし。

一度読んでみるのも良いかも。
まぁ今となっては古い感じもするけど。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/02/06 16:30

この作品20年以上も前なのですよ・・・
出てくる単語「音響カプラ」(今でいうモデムとかなのでしょうかね)とかすっかり懐かしい「フロッピー」とか・・・時代を感じさせるアイテムなんかですが、扱ってる題材が「個人情報の流出」やそれにともなう犯罪。
パソコンの性能はドンドン進化して「個人情報保護法」で、だいぶセキュリティーは厳しくはなってますが、行なわれる犯罪は昔も今も変わらず・・・
コレって今だに後をたたない犯罪を題材にしてるので、昔の作品でも違和感なく読めました。
さらりと一気に読めちゃいますね。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/03/07 14:31

2013年3月4日、電子書籍にて読了。
実際に映像化されているかどうかは不明ですが、2時間のサスペンスドラマを見ているような感覚でした。いい意味で、です。
コンピューターを使った結婚相談所のシステムが悪用されて、ヒロインが結婚詐欺事件に巻き込まれる……という内容なのですが、スピードもあるし、展開もドラマチック。
ヒロインがあっさりし過ぎてる感も否めませんが、まぁそこはご愛嬌という感じかな?

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.