サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

コミック・ライトノベル ポイント最大40倍(0826-0901)

ダブルダウン(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/02/08
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:9784062647557

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ダブルダウン

著者 岡嶋二人 (著)

ボクシング、フライ級4回戦。対戦中のボクサー二人が、青酸中毒で相次いで倒れ、死亡した。編集者の福永麻沙美は、週刊誌記者の中江聡介、ボクシング評論家の八田芳樹と真相を追い始...

もっと見る

ダブルダウン

540(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より129おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

ダブルダウン (講談社文庫)

669(税込)

ダブルダウン (講談社文庫)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ボクシング、フライ級4回戦。対戦中のボクサー二人が、青酸中毒で相次いで倒れ、死亡した。編集者の福永麻沙美は、週刊誌記者の中江聡介、ボクシング評論家の八田芳樹と真相を追い始める。リングの上で堂々と二十殺人をやってのけたトリックは? そして動機は? 二転三転する事件の陰に巧妙に身を隠す意外な真犯人とは? 岡嶋前半期の『タイトルマッチ』にも通じる、ボクシングを舞台とした傑作長編ミステリー。1987年刊行。(講談社文庫)

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2008/05/24 06:32

投稿元:ブクログ

中盤まではさくさく読めて面白かったんですが、後半から最後にかけての展開が無理矢理に感じました…

と、思って解説を読んでいたら、作者の岡嶋二人さんら自身がこの作品を「最低の作品」だと言っている、と書いてあるじゃありませんか。なにっ〜!

2010/08/29 22:26

投稿元:ブクログ

試合中死んでしまったボクサー2人。
殴り合いの果てに? と思いきや、死因は青酸。
一体毒はどこから仕込まれたのか。
どうして殺されねばならなかったのか。
さっぱり分かりませんw

誰が犯人、というよりは、どうしてこうなった、という
過程の方が気になりました。
犯人、どうせ分からないですし…w

解決できそう、と思えば、違う説が出てきてさらに分からなくなる。
こんな推理やり直し状態に更に脳内は混乱しますし
もう誰が犯人でもいいです、という気になってきます。
いやでも、最後まで読めば、さすが…という感じです。

2010/08/15 10:42

投稿元:ブクログ

 衆人環視の中、試合中のボクサーがほぼ同時に毒殺される、という冒頭のインパクトは相当なものであった。ただし、案外そのこと自体は大きな謎にならず、そういう意味では、展開そのものに意外性があった。

 するすると読める軽めのミステリ。それなりに犯人も意外だし、先へ先へと読んでいきたくなるような心地よさがある。でも、全体的に平板な印象だった。

 名人と呼ばれるこの作者のミステリの中では、必ずしも評価の高い作品ではないらしい。別作品に期待しよう。

2012/02/06 04:09

投稿元:ブクログ

単純に面白かった。

ボクシングの試合で青酸によって選手二人が同時に死んでしまうなんてまず殺人の設定が引き込まれた。2/3程読み進んだ辺りで犯人がもしかして・・と分かり始めるが、そのストーリ展開は滅茶苦茶惹き付けられ一気に読んでしまう。殺人の動機や何故その手段??と後になって考えるとちょっと陳腐な結果だが、その文章力は充分楽しめた。

2011/05/16 06:57

投稿元:ブクログ

ボクサーが試合中に二人とも毒殺される話。
読み終わってふっと、お母さんが貸してくれる時に言った「これはねぇ・・・ボクシングの話!」と言う一言を思い出しました。
借りた時は「そりゃ表紙絵見りゃわかるよ。」と思ったんですが、読み終わって納得。
「ボクシングの話」以外あまり特徴ありません。
普通のミステリー。話が二転三転します。普通に。
最後のほうは「捻りすぎ」感すらありました。
ミステリーだから犯人がばれちゃ台無しだけどやっぱり結論に説得力をつけるくらいの伏線があれば、と思いましたね。惜しい!

2015/10/17 11:46

投稿元:ブクログ

サラサラと読めました〜!
ボクシングの試合中に対戦しているボクサーが二人とも毒殺される。
この展開に、どんな動機とトリックがあるのか期待したけど、え!そんな事で!!って、感じで終わってしまった。
犯人めちゃめちゃすぎるわ〜(;´∀`)

2015/10/15 16:52

投稿元:ブクログ

観衆が見守るボクシングの試合で二人のボクサーが青酸中毒で倒れ死亡するいう派手な謎がとても魅力的です。
しかし、トリックではなく「犯人は誰で動機は何か」に比重が置かれた展開で、期待していたのとは異なり少々残念です。
また、捜査線上に怪しい人物が現れ、白か黒か煮詰めていたらまた怪しい人物が現れるの繰り返しで落ち着かないですし、犯行も蓋を開けてみれば行き当たりばったりなので突っ込みどころもあり、プロットが洗練されていない印象を受けます。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む