サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. なんでも屋大蔵でございます
なんでも屋大蔵でございます(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/02/08
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-263007-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

なんでも屋大蔵でございます

著者 岡嶋二人 (著)

あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、ご用命さえあれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの世話、雨漏りの修理までなんでも格安で承ります。こういう商売をやって...

もっと見る

なんでも屋大蔵でございます

486(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より69おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

なんでも屋大蔵でございます (講談社文庫)

555(税込)

なんでも屋大蔵でございます (講談社文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、ご用命さえあれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの世話、雨漏りの修理までなんでも格安で承ります。こういう商売をやっておりますと色々と珍妙な事件に遭遇しますもんで──鋭い勘と名推理で難事件を次々解決する便利屋・釘丸大蔵の事件簿。新潮社から1985年に刊行。収録作品「浮気の合い間に殺人を」「白雪姫がさらわれた」「パンク・ロックで阿波踊り」「尾行されて、殺されて」「そんなに急いでどこへ行く」(講談社文庫)

目次

  • 第一話 浮気の合い間に殺人を
  • 第二話 白雪姫がさらわれた
  • 第三話 パンク・ロックで阿波踊り
  • 第四話 尾行されて、殺されて
  • 第五話 そんなに急いでどこへ行く

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/10/01 14:45

投稿元:ブクログ

徳山諄一と井上泉(現・井上夢人)による共作作家とは知らなかった。古いものらしいのに、読むのになんら不都合なかった。逆に面白かったなぁ。しっとりとしたミステリーかな。ハデじゃないけど、謎解きがあって、まず太蔵さんの話口調が丁寧で気に入った。シリーズ化されていないのは、残念。

2007/07/09 03:53

投稿元:ブクログ

世間様では、あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、ご用命さえ
あれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの世話、雨漏りの修理まで
なんでも格安で承ります。こういう商売をやっておりますと色々と珍妙な事件
に遭遇しますもんで──鋭い勘と名推理で難事件を次々解決する便利屋・
釘丸大蔵の事件簿

2010/03/11 22:19

投稿元:ブクログ

なんでも屋に持ち込まれた事件を、大蔵さんの視点から
5つ語ってくれます。
ほとんど人が死んでいる犯罪関連にしては
何だかのんびりとした感じでした。

ものが短いので読みやすかったですし、結構あっという間に
解決していくので、だらだら読みたくない! という人には
いいかも知れません。
あ、でもさすがに犯人が誰なのか分かったのがひとつだけ。
そんな事だろうとは思っていましたが、そんな理由とは…。
馬鹿だ、と呟きたくなるものでした。

2011/05/03 15:43

投稿元:ブクログ

なんでも屋に持ち込まれた5つの事件を大蔵さんの視点で語ってくれる作品。

短編みたいな感じで読みやすいです。

人情サスペンス☆
ほっこりします

2012/02/06 04:40

投稿元:ブクログ

岡嶋二人にしては珍しい短編もの。

半七捕物帳ちっくで主人公大蔵が昔を回想して事件の話をする構成。なかなかユーモアがありほのぼのとする。最後には犯人と疑われた前科者を大蔵が雇うなど心温まる感じ。続編が無いのが残念。

2011/04/01 15:13

投稿元:ブクログ

読むたびに思い出しますが、岡島二人さん、文字通り「二人」なんですよね。
一人で文の構成を練るのでも悶々とするのに、よく二人で書けるな~と感心します。
「Out drawback」が続いてるのかなんとなく軽いタッチの物を選んでしまう今日この頃。
なんでも屋の大蔵さんに癒されました。

短編集なのでトリック、キャラの発展はどうしても限度がありますが、その中でも主人公の大蔵さんは「昔ながらのいいおじちゃん」でとても好感が持てます。
物腰は柔らかいけど芯は強い、ポジティブ思考な人は、その人の存在だけで心温まるものです。
話がよく脇道に逸れますが、それも彼のキャラの一つとして好きになります。

やっぱり、どうしても、短編集は話が短絡になってしまいがちですが、主人公のキャラがそれを補う、短編ミステリーの中ではかなりよく出来たものだと思います。

2012/01/29 18:04

投稿元:ブクログ

宮部みゆきさんの解説がいつもながら最高。連作短編としてはキャラで持たせてる感あり。岡嶋二人は長編の方が向いてたのかな?

2016/02/28 18:21

投稿元:ブクログ

なんでも屋に持ち込まれた依頼から事件に発展するという連作短編集。短い話ですけど、トリックはよくできていると思います。主人公の大蔵のキャラも好きです。最後に家族が増えましたっていうのもよかったです。
大蔵の語り口も軽妙で読みやすいのですが、結構大きな事件になっているのにどこか軽くて、そのせいか印象に残りにくいですね。読んでる時は面白いんですが。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む