サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

最大3000ポイントキャンペーン(~8/31)

もつれっぱなし(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/05/10
  • 販売開始日:2013/05/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-275362-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

もつれっぱなし

著者 井上夢人 (著)

「…あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「…………」。男女の会話だけで構成される6篇の連作短篇集。宇宙人、四十四年後、呪い、狼男、幽霊、嘘。厄介な話を証明しようとするも...

もっと見る

もつれっぱなし

540(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より129おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

もつれっぱなし (講談社文庫)

669(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.5MB 無制限
Android EPUB 6.5MB 無制限
Win EPUB 6.5MB 無制限
Mac EPUB 6.5MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「…あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「…………」。男女の会話だけで構成される6篇の連作短篇集。宇宙人、四十四年後、呪い、狼男、幽霊、嘘。厄介な話を証明しようとするものの、ことごとく男女の会話はもつれにもつれ――。エンタテインメントの新境地を拓きつづけた著者の、圧倒的小説世界の到達点(講談社文庫)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.5

評価内訳

電子書籍

井上夢人「もつれっぱなし」電子書籍始めての読後感想

2016/04/15 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jinさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は今まで電子書籍って言うものがあるのは分かってはいたのだがどうしても携帯やタブレットで見るってのに抵抗を感じて手を出さなかっが、初めて挑戦してみることにした記念すべき作品である。試すには手頃な短編集だと決めて探した結果、テンポのいいと書評にあった井上夢人の作品を選んで読んでみた。書評の通り短編全てが二人の会話のみで構成されるといった珍しい形でテンポよく進んで行き、あっと言う間に読み終えてしまった。電子書籍の読後感想としてはなかなか快適だった。特に会社帰りの暗い夜道を歩きながら読めるのは、小説好きの私には貢献度大です。それに長期出張に沢山文庫本を持ち歩かなくて済むのもいいかも。今後は時代の流れに取り残されていかないように併用していきたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/27 00:14

投稿元:ブクログ

 「…あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「…」。男女の会話だけで構成される6篇の連作編篇集。宇宙人、四十四年後、呪い、狼男、幽霊、嘘。厄介な話を証明しようとするものの、ことごとく男女の会話はもつれにもつれ―。エンタテインメントの新境地を拓きつづけた著者の、圧倒的小説世界の到達点。[Bookdbより]
 地の文がまったくない、登場人物の会話だけで物語が進んでいく小説。このタイプの小説は、黒崎緑のしゃべくり探偵が有名ですが、これはひたすら男女の会話で進んでいきます。かなり手軽に読める1冊。
 しかしあまりにも手軽に、あっという間に読めてしまうのでいささかあっさりすぎる感触でした。

2006/05/19 20:19

投稿元:ブクログ

悪くもなく、特に良い!!!
というわけでもなく。
読むのはとても楽。
普通に面白いかと。
全てが会話だけで進む話し。短編集。
ちょっとした不思議を証明する話達。

2007/02/07 07:57

投稿元:ブクログ


「・・・あたしね」

「うん」

「宇宙人見つけたの」

「・・・・・・」

男女の会話のみで構成される6編の連作短編集。

上の「宇宙人」を始め、厄介な話を証明しようとするもの男女の会話はもつれにもつれ・・・・・・。



なんというか・・・もう・・・・・・。

凄い!!の一言ですね。


例えば、男女がどういう関係であるだとか、彼らが生きる世界がどんな世界であるとか・・・・・・。

地の文章を添えて書くのであれば苦労もいらないのですが、会話文のみで構成されるとなると話は別で・・・。


そんな難関をものともせず、あろう事かそれぞれの作品でありえない物事をテーマに証明が繰り広げられる(例えば宇宙人だとか)快感。

一編読むごとににんまり。

読み進むごとにニヤニヤと顔がほころんでしまいました。


なんせ宇宙人の正体が●●(に似て…と言うべきでしょうか?)!?でなんて繰り広げられた日には他人事ながら笑うしかありません。


笑劇の世界にあなたを誘う6編の作品、是非お楽しみください。

2008/07/05 23:01

投稿元:ブクログ

ちょっと変わった短編集です。
2人の男女の会話、「」のみで話が進んでいきます。
地の文がないのですが、状況描写が会話の中でスラリと不自然にならないように説明されているのが巧みです。
読みやすくて面白かったです。

2007/02/23 18:24

投稿元:ブクログ

実験的な意味合いが強いと思われますが、アイデアの勝利。しかも状況描写を会話の中でスラリと不自然にならないように説明されているとことが巧みです。

2007/04/01 01:48

投稿元:ブクログ

全て男女二人の会話のみ、地の文は一切なし、と言う異色の短編集。
どうかな?と思いながら読んだのですが・・・いいです!
地の文が無いのに妙に臨場感たっぷりです。それこそ息遣いさえ聞こえそうなくらいに。
会話の内容もユーモアたっぷりでくすくす笑ってしまいました。
『狼男の証明』の雰囲気が一番好きです。
2007/03/31

2007/09/26 15:25

投稿元:ブクログ

全部会話のやりとり「」だけで進んでいくショートストーリー集。『世にも奇妙な物語』で映像化された話もありましたよ。どきどきというよりほのぼの系でしょうか。

2007/11/22 13:15

投稿元:ブクログ

読みながら、はっきり&くっきりした情景で、
作中の人物たちを想像できる。
このはっきりとした楽しさは「会話」という
この作風ならでは?じゃないかな。

本書、どこを捲っても、会話。  
会話以外の記述が、一切ない。 全ての会話が、自然。 
無駄な装飾や脚色がない。いたって普通。
はっきり言うと、展開や結末は…残念ながら
読めてしまうものが多い。 
でも、でもね、 
「ちぇっやっぱりな〜」とは、ならない。
思ったとおりなのだが、それでイイのだ。\_(・ω・`*)ココ重要!

リアルな会話がもたらす驚きと、不思議な現実感は… 
お見事です。 あっぱれ!!
あっという間に読めてしまうので、移動の合間や空き時間にでも、
ツマンデみてください。
会話という技法は、この後味を味わうために存在するのかもしれない。
後味は、最高です。

テーマは「証明」 
“宇宙人”“四十四年後”“呪い”“狼男”“幽霊”“嘘” 全6篇。
一組の男女間の会話から、味わい深〜い「検証」を、ご堪能ください。

「 宇宙人の証明 」
  婚期にさしかかっているであろうカップルの会話。
  彼女は宇宙人を助けたのだそうだ。
  宇宙人の話題から、結婚に関する話への
  持って行き方や駆け引きが、笑える。
  なかなか頭の回転の速いカップルだ。  
  しかし、宇宙人がナメクジには、驚いた(笑)

「 四十四年後の証明 」
  切ない。涙もろいので(苦笑)ポロっと、一滴流してしまった。(^^;
  十四歳の少女と二十四歳の男性の電話の会話。 
  彼女は、未来から四十四年前の祖父へ電話をかけているのだ。 
  何故会話だけで、こうも現実的に表現できるのか…
  内容は、ちょっと勘ぐれば読めてしまう。
  でも…後から後から唸ってしまった。

「 呪いの証明 」
  職場の上司の死について、部下の女性とその彼との会話。
  彼女は上司を「呪い殺した」と言う。
  彼は「事故死」を証明しようとするのだが…。
  二人の独白を聞いているうちに、
  やはり先は読めてしまったのだが。
  面白いので、構わない。(笑)
  
「 狼男の証明 」
  男性アイドル歌手と、その女性マネージャーの会話。
  彼は、満月の夜のコンサートを中止にできないかと言い出す。
  なかなか理由を話さなかったが、問い詰められ、
  狼男に変身するからだと切り出す。
  その後のマネージャーの女性の強さに、コレが「女の力!」と、
  感銘してしまった。
  このラストは、個人的に好き。読ませますね〜。  
  「狼男」本当にいたらすごいなぁ〜(笑)  

「 幽霊の証明 」
  大学生のカップルの会話。
  私は個人的にこれが一番のお気に入り(笑)
  彼の部屋を訪ね、事故死したと、告白する彼女。
  そんな彼女に対して、
  様々な話術で「生きている」ことを証明しようとする彼。
  この彼の捲し立てる話し方が、私のツボでした。
  結末は読めてしまうが、イイ。分かったって、面白い。 
  またこの終わり方が、実にイイ!
  
「 嘘の証明 」
  女子高生と教師の会話。
  会話を存分に楽しめるのは、このラストが一番かな。
  今までの5篇とトーンが違った。
  この結末だから、私はこの教師に違和感を感じたのだと納得。 
  上手いですね。
  〆としても、ストーリー的にも、見事に大とりを飾った作品です。 

2010/12/23 21:40

投稿元:ブクログ

会話文だけで進んでいくのですいすいと読み進められます。会話文だけなんで、それに騙されたりしますが…。四十四年後と幽霊の話の終わり方がいいなと思いました。

2009/01/11 18:11

投稿元:ブクログ

最初の一行から最後の一行まで、すべて二人の会話で書かれてる小説です。(戯曲ではありません。)短編集で6つの話があり、会話だけで状況が解る様に構成されてます。(この技量は、驚愕です。)

「宇宙人の証明」
「あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「・・・・」(こんな感じで文章が進みます。)

恋人も彼女が数日会社を休んだ心配になり訪ねて行くと・・・宇宙人を見つけたという彼女。見せられたのはナメクジ・・・。彼女は、ナメクジが宇宙人だと証明しようとするのだが・・・。

「四十四年後の証明」
彼の元に突然電話が掛かってきた。電話の向こうの少女が言うには、自分は彼の孫だと言う。彼は、まだ24歳で独身。彼は、彼女の言葉を信じない。少女は、彼に四十四年後からの電話だと証明しようとするのだが・・・。

「呪いの証明」
上司が自宅の中で火事にあい12階のベランダから飛び降りて死んだ。
部下の彼女が言うには、自分が上司を殺したと言う。彼女は、どうやって殺したか証明しようとするのだが・・・。

「狼男の証明」
テレビ番組の収録を終えた帰り道に、彼は18日のコンサートを中止してくれと言ってきた。彼女が理由を尋ねるとその日は、満月だからと言う。彼は、狼男だと言うことを証明しようとするのだが・・・。

「幽霊の証明」
起きると彼女が部屋の外にいた。彼女の顔色は、少し悪いようだった。彼女は私が見えるの?と尋ねてきた。その理由を聞くと自分が死んでしまったと言う・・・。彼女は自分が死んでしまった事を証明しようとするのだが・・・。

「嘘の証明」
自分は、万引きをしてないと呼ばれた彼女は訴える。先生は、彼女が万引きしたと思っていたのだが・・・。彼女は、自分の無実を歌える。話の真相はいかに・・・。

以上6作品です。すべて男女の会話でなりたってます。当然井上さんの作品なので、面白いです。ちょっと不思議な小説を試しに読んでみませんか?この作品は、だまされるのが楽しい作品です

2008/11/29 20:14

投稿元:ブクログ

男と女一組の会話のみで構成されてます。素直に読めばふーんって感じだけど、穿った見方をするとちょっと楽しめる感じ。

2009/11/26 21:02

投稿元:ブクログ

男女の会話のみで構成された連作編短編集
 
好きなのは「44年後の証明」と「嘘の証明」
井上さんらしいのは「幽霊の証明」かな?
「宇宙人の証明」も結構好きかも
『私ね、宇宙人、みつけたの』
…『だって、お前、これナメクジだぜ』

2010/03/23 22:32

投稿元:ブクログ

全文会話、全文男女。
会話だけなので、どういう状態でどういう関係なのかは
読み進めていかないとさっぱり分かりません。
むしろ、自分がどういう固定観念でいるかを知る
どうでもいい機会に恵まれるかもしれませんw

どういう事? というものから、言いくるめてるようなもの。
きっちり勝った終わりになっているようなものまでありましたが
会話だけでこれはすごいかと。

想像力だけが頼りの状態になる読み方をして
これはこれで楽しかったですが、やはり文章があるのが好きです。

2012/01/30 10:14

投稿元:ブクログ

もし、宇宙人を見つけても、呪いが成功しても、
狼男みたいなのになっちゃったとしても、
「信じてくれないんだ」
って言うのはやめようって思えた。

岡嶋二人さんの一人だったんだなあ、知らずに読んじゃった。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む