サイト内検索

詳細検索

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

全品ポイント最大50倍(1202-08)

二十歳の原点

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2013/06/25
  • 販売開始日:2013/06/25
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-118301-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

二十歳の原点

著者 高野悦子 (著)

独りであること、未熟であることを認識の基点に、青春を駆けぬけていった一女子大生の愛と死のノート。学園紛争の嵐の中で、自己を確立しようと格闘しながらも、理想を砕かれ、愛に破...

もっと見る

二十歳の原点

518(税込)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 448.7KB 無制限
Android XMDF 448.7KB 無制限
Win XMDF 448.4KB 無制限
エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

こちらは「電子書籍ストアポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

独りであること、未熟であることを認識の基点に、青春を駆けぬけていった一女子大生の愛と死のノート。学園紛争の嵐の中で、自己を確立しようと格闘しながらも、理想を砕かれ、愛に破れ、予期せぬうちにキャンパスの孤独者となり、自ら生命を絶っていった痛切な魂の証言。明るさとニヒリズムが交錯した混沌状態の中にあふれる清冽な詩精神が、読む者の胸を打たずにはおかない。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

闘っているもの

2008/08/20 14:40

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一時期よく読まれた本だと聞いている。僕も25年ほど前に読んだ。そのころは僕自身が まだ高校生であり この本に基本的に共感しながら読んだことを憶えている。作者が自殺したという点に共感したのだろうか。高校時代とは ある意味で死が甘美に見える時期だったのかもしれない。

 今振り返ると作者の高野さんの痛ましさが分かる。何が痛ましいかというと 結局彼女は「自分が闘っているもの」がよく分からなかったのだと思う。

 彼女が 学生運動であるとか マルクスの本を読む事であるとか 当時の時代の風潮に素直に応じて 素直に努力している姿が浮かび上がってくる。彼女はそれに疲弊して自分で死を選んだと 自分で思っていたのに違いない。

 但し 本当に彼女の上にのしかかっていたものは そんな大上段な「思想」であるとか「信条」であったのだろうか。僕には疑問だ。

 彼女が闘っていたものは 僕には見えない。但し いずれにせよ それは「思想」や「革命」では無かったのだと思う。彼女自身はそうだと思っていたにせよ。
 そうして 僕は そんな彼女は不毛な戦いに疲れ果てて死を選んだとしたら 本当にそれは痛ましいと思うのだ。
 不毛とは自分が闘っているものが分からないことをいうとは 村上春樹の言葉だったと記憶しているが 正しくそれだ。

 最後に飾る彼女の詩は美しい。彼女の詩人としての才能を伺わせるものがある。これも惜しい話だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さい美少女と学生運動

2010/05/21 08:34

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四十空 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Q かわいい女子学生が自己批判し続けたらどうなるでしょうか?
A 自殺します。

1960年代学生運動が盛んだった。後の世代は学生運動をしていた世代のなかの一部の種類の人たちを「理屈っぽく、批判精神ばかりあり、自分の責任は棚上げして、後輩を引きずり下ろす、困った人たち」と受け止める。
一方、その批判されている人たちは、いまだに「全共闘はすばらしい」と言ってはばからない場合も多く、私にとってこの時代の「手法」は謎なのである。どの位価値があるのか、或いは無かったのか。

あの時代の「自己批判せよ!」と教授たちの胸ぐらを掴み罵倒する学生たちの中、もし一学生として過ごしていたら一体どんな気持ちだったのだろうと考える。そのヒントとして、高野悦子さんの「二十歳の原点」はひとつの答えである。美しく、愛されて育ち、動物好きで、心優しく、スポーツ好きで活発、頭も程よくいい彼女が、なぜ自殺までするほどに追い詰められたのか。

「未熟である己を他者の前に出すことを恐れてはならない。
マルキシズムのマの字も知らないからといって、帝国主義の経済構造を知らないからといって、現在の支配階級に対する闘いができないという理屈にはならない。私の闘争は人間であること、人間を取り戻すと言う闘いである。(中略)己が己自身となるために、そして未熟であるが故に、私はその全存在をさらけ出さなければいけない」

・・・(失礼ながら)こんな面倒くさい、歯の浮いた台詞を日記に書き、彼女は自らを鼓舞しなければならなかったか。全くバカバカしい。また彼女はわざと露悪的に性の話も書く。彼女は男ではなく、かわいい弱い若い女性なのに。
恐らくこの時代はあらゆる「美徳」も自己批判の対象になっていたのだろう。彼女は自分の美貌をも「批判」されるから、伊達メガネをかける。なんという下らない時代だろう。まるで一風変った新興宗教の中の世界のようである。そして、この手の「批判」は現在の日本でもそこらじゅうで起きている。この時代の影響を考え直す時期であるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家を出る。

2008/07/18 19:22

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

二十歳の原点(にじゅっさい) 高野悦子(たかの) 新潮文庫

 作品は自ら命を絶たれた作者の言魂(ことだま)です。17歳のときにこの本を読みました。私が家を出るきっかけになった1冊でもあります。
 49歳の今、再びページをめくり始めました。日記です。1月から6月までの… 作者は6月に、通っていた大学があった京都にて、鉄道へ飛び込み自殺を図り亡くなりました。
 読み進むごとに作者の死が近づいてきます。日記の中では強気で明るい彼女です。しかし現実世界ではおとなしいお嬢さんだったと思います。
 記述の日記は自問自答を繰り返しています。未熟であること、ひとりであること、それが二十歳の原点と記されています。
 人間が生きていくうえで必要なもの。空気、水、食べ物。そして、コミュニケーションです。人は他者との関わりが無くなると死にます。本の前半、作者はカミソリで手を切ります。淋しげです。そして死の1か月前に、家族や友人と決別します。
 人間は生き続けていくために、わずらわしいと思いながらも、なにがしかの人間集団に属していかざるをえないのです。
 著書は他に「20歳の原点序章」「20歳の原点ノート」があります。中学・高校の頃の日記だったと思います。17歳のときに全部読みましたが、もう内容を覚えていません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなにも淡く切ない青春とは何ぞや。

2002/03/22 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:20代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校3年生の終わり頃、ふと目にした雑誌の図書紹介。この書名がなぜか忘れられなくて、でも、著者の名を思い出せなくて、散々探し回りました。やっと見つけたとき、私は二十歳になっていました。子どもは卒業、しかし大人の世界はわからないことだらけ。世の中の嵐にのみ込まれそうになりながら、二十歳という時間は過ぎていくのかもしれません。著者は、この時代を懸命に生き、懸命に答えを見いだそうとしてもがき苦しみます。学園闘争華やかな時代に青春を歩んできた人、また彼らの次世代にも読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初は惹き込まれながら(?)読んでいた、のだが・・・

2010/05/24 22:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

‘大学に入りたての頃よくきかれたものだ。「あなたは何故大学にきたの」と。私は答えた。「なんとなく」と。勉強もできない方ではなかったし、家庭の状況もよかったから、日本史専攻に籍をおいているけれど、英語でも体育でも何でもよかった。就職するのはいやだし、大学にでも行こうかって気になり、なんとなくきた。なんとなく大学に入ったのである。[・・・]私もたまたま大学にきただけなのである。私にとって大学にくる必然性はなかった。そして私は危うくなんとなく四年間を過して、なんとなく卒業し、なんとなく就職するところだった。大教室での教授にしろ、やはりなんとなく学問をし学生の前でなんとなくしゃべっているのである。まさしく教師はなんとなく労働力商品の再生産を行なっているのである。
  現在の資本が労働力を欲しているが故に、私は、そして私たちは学力という名の選別機にのせられ、なんとなく大学に入り、商品となってゆく。すべては資本の論理によって動かされ、資本を強大にしているだけである。
  なんとなく学生となった自己を直視するとき資本主義社会、帝国主義社会における主体としての自己を直視せざるをえない。それを否定する中にしか主体としての自己は存在しない。外界を否定するのではない。自己をバラバラに打ちこわすことだ。なんとなく学生になった自己を粉砕し、現存の大学を解体する闘いが生れる。’
(pp. 183-184)

ここ(↑)を読んだとき、違うと思った。違う。
私の母は団塊の世代だ。学生運動も経験している。高野悦子さんとは異なる、東京の私大に通っていたけど、やはり10ヶ月間講義のない時期があったそうだ。ちょっと燃えて、というかかぶれて、学生運動に肯定的な発言をした姉(私の伯母)に向かって、父親である私の祖父は、‘学費を払いながら講義をストするなど、映画館に入って後ろ向いてるようなもんだ!’と言ったらしい(爆)。

私の母は、‘なんとなく’大学に入ったのではなかった。4年制大学に行くのは彼女の(つまり私の)家では当然のことで、その点では彼女も確かに当然のように進学したわけだが、それでも当時女の子が、しかも母のように高校で1年間オーストラリアに留学して曲がりなりにも英語が得意と言えた女の子が進む道は、英文科と決まっていた(または、仏文科とかネ)。でも母は、英語はできる方でも、文学には特に興味を持っていなかった。彼女はキリスト教を勉強したかった。彼女が志望した大学にももちろん英文科はあって、偏差値的にもそちらの方が世間体は良かったが、彼女はキリスト教学科を選んだ。‘なんとなく’ではなく、まさにキリスト教を勉強したくて、大学に入ったのだ。

そうしたら、お前もなんとなく進学しただろう、自己批判しろ、と強要されたのだそうだ。母は自己批判すべきことなど何もなかった。‘なんとなく’入った人は、勝手に自己批判すればいい。でも彼女はそういう学生ではなかった。だから家に帰ると言うと、委任状にサインするまで部屋から出さないと言われた。学生運動の問題は、思想に燃えた自己の考えを他者に強要したところにある。確かに高野さんのように‘自己をバラバラに打ちこわす’必要のあった、またその必要を痛感した学生は、多かったのだろう。でもすべての学生がそうだったわけではない。すべての学生が‘なんとなく’大学に来ていたわけではない。
上で引用した'69年5月28日の日記は、続く次の段落で結ばれる:

‘大学の存在、大学における学問の存在は、資本の論理に貫かれている。その大学を、学問を、教育を、また「なんとなく学生になったこと」を否定し、私は真の学生を、それこそ血みどろの闘いの中で永続的にさがし求めていく。大学の存在は反体制の存在でなければならない。’
(p. 184)

私の母を‘真の学生’と呼べるかはわからないが(!)、少なくとも彼女のように真剣に学問したくて入ってきた学生もいたこと、自分たちとは違う人もいたことに対する想像力が、欠けていたと言わざるをえない。

まぁ彼女は二十歳だったのだ。若かった。ある意味ホンモノだった(私の母が本当に幻滅したのは、昨日まで自己批判を強要していたヤツらが、過去を不問に付し授業再開となってみると真っ先に教室の一番前に陣取って、いそいそと善き学生になり済ましているのを見たときだそうだ)。ホンモノだったからこそ、終わりに近づくにつれ発想が極端に、百かゼロの二者択一的なものになっていくのがつらい。若かったね、いっぱい考えたね・・・ほかに、言うべき言葉が見つからない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高野さんが生きていたら、今日の20歳の若者たちをどう見られるだろう。

2002/12/07 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 博英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

学園闘争に身を投じ、現在から見れば虚妄でしかない思想に翻弄されながら、自らのレゾンデートルを模索しつづけた多感な20歳の女性の手記。恋にも破れ、拠り所を失った彼女は、1969年、鉄道自殺を遂げている。最後に添えられた遺書とも思われる詩が、深く心を打つ。彼女と同世代のひとには、過去を頬かむりして、今日、無気力な次世代を育んでいるものも多い。高野さんが生きていたら、街を歩く20歳の若者たちをどう見られるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 14:09

投稿元:ブクログ

思春期真っ只中に読んで
「ああ、ワタシが急死したらこうやって手紙やら書いたものやらが肉親の目に触れてしまうのだ」と思った生きることに前向きになった一冊。
死んだものの気持ちは残されたものには、決して分かることはないでしょう。

2009/02/24 02:15

投稿元:ブクログ

もう古いです。正直、クラクラするくらい。とはいえ、ここで描かれていることを今の二十歳はどう思うのでしょうか。聞いてみたい気がします。

2011/01/21 23:32

投稿元:ブクログ

烏兎の地図――庭園案内版
http://d.hatena.ne.jp/utomin/20051027/takanoetuko

2005/05/12 15:07

投稿元:ブクログ

「孤独であること」「未熟であること」それが二十歳の原点
立命ワンゲル出身、二十歳で鉄道自殺した著者の日記

2005/05/16 15:50

投稿元:ブクログ

わたしの学生運動への興味と確執はこの本から。初めて読んだのは小学生の時(たぶん4年くらい)でした。 この人の言葉から本の何もかも全てが、物凄い衝撃だったことは今でも鮮明に覚えています。 書籍版の初版も持ってた筈なんだけど一体どこ行っちゃったんだろう・・・。

2005/05/16 23:18

投稿元:ブクログ

この本は1970年代(だと思う)立命館の学生だった女性の日々をつづった日記。
高野悦子は二十歳にして鉄道自殺でこの世を去る。
その彼女の恋愛、青春時代特有のジレンマなど感受性の強い彼女の書く日記は
激しくとても痛い。
確か二十歳の時に私も読んだけど 当時はよくわからなかったけど
でも何かを感じたのは確か。
何度も何度も読んだ。
死ぬ直前に書いた詩が幻想的で美しく悲しげで でも大好きだった。
青春の青臭さを感じたくなったら読んでみて下さい。
30歳を過ぎた私が読んだらまた違うものを感じるに違いない。

2006/04/06 10:39

投稿元:ブクログ

21になる前に読めてよかった。何故か自分がこの日記を書いたかと思うような共感できる文章がいくつもあった。

2010/11/03 21:06

投稿元:ブクログ

結末が結末なだけに、読み進めていく手が時に躊躇したり、共感してしまう部分のあまりの多さに嫌悪感を抱く。
間違ってもさくっとは読めない。
一日数ページめくるだけで精いっぱいでかなりの精神力がいる、と思う。
彼女はあまりにも多感すぎたのではないか。
考えすぎてしまったのではないか。
とめる術を、見つけることができなかったのかもしれない。
この本を読み終えたのは電車の中だった。
しかも不思議なことに丁度人身事故が起きて止まっている電車の中、だった。
とても暗い気持ちになった。
突き落とされたような、暗い気持ち。
でもそこに希望が見えた。
自分が死を望んでいないことにはっきり気づけたということ。
死の向こうにある生を信じているということ。
脚本家・小説家の野沢尚氏が訴え続けたその言葉をふと思い出した。

2005/09/20 15:57

投稿元:ブクログ

人は誰しも演技者であるとして、自らに真摯に向き合い続けた高野悦子。その一生はあまりに痛々しく、鮮烈である。