OP 最大3000ポイントキャンペーン(~7/3)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法
レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

著者 こもりまさあき (著)

【PC、タブレット、スマホまで、Webはいちいち作り替えない!】PCから、スマートフォン、タブレットと、Webを閲覧するデバイスは多様化の一途を辿っています。Web制作業...

もっと見る

レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

2,160(税込)

ポイント :20pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

レスポンシブ・ウェブデザイン標準ガイド あらゆるデバイスに対応するウェブデザインの手法

2,700(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC ImageViewer 無制限
iPhone ImageViewer 無制限
iPad ImageViewer 無制限
Android ImageViewer 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【PC、タブレット、スマホまで、Webはいちいち作り替えない!】
PCから、スマートフォン、タブレットと、Webを閲覧するデバイスは多様化の一途を辿っています。Web制作業界では、それぞれに最適化したWebサイトをいかに用意するかが課題となっています。その解決のひとつの道筋として提唱されているのが、レスポンシブ・ウェブデザイン。ワンソースで全デバイスに対応したページが表示できるコーディング方法で注目を集めています。本書は、レスポンシブ・ウェブデザインにまつわるあらゆる項目を総合的にまとめた標準ガイドブックです。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2012/07/06 12:54

投稿元:ブクログ

久しぶりのWEB関連の本。というか、そろそろ頭の中を切り替えていかないとと思ったので(Windows8のメトロUIとかのこともあるし)。

自分のブログをいい加減置き換えたほうがいいということを痛感しつつ、時間がないことがとても悲しい。
ほんとにそろそろデザインも変えたいんですよ。まぢで。

2014/09/20 09:33

投稿元:ブクログ

 レスポンシブウェブデザインについて書かれた本。レスポンシブウェブデザインとは、htmlファイル1ソースで提供されるPCやタブレット、スマホのサイズに対応したデザイン手法をいう。著者はこもりまさあきさん。「XHTML+CSS基本原則これだけ」や「Zen Coding」など、主にWebサイトのフロントエンド・エンジニア向けに技術書を書いている。
 レスポンシブウェブデザインの基礎知識、レスポンシブウェブデザインを作ってみよう(基本編)、レスポンシブウェブデザインを作ってみよう(応用編)、レスポンシブ対応を支援するツールという4章で構成されている。
 レスポンシブウェブデザインの基礎知識では、スマホやタブレットの登場後におけるウェブ制作の現状などが書かれている。またどのような手法で多様なデバイスに対応したWebページを作成することになるのかといった概要が説明されている。
 レスポンシブウェブデザインを作ってみよう(基本編)では、レスポンシブウェブデザインを実装するためのモバイルファーストという考え方やブレイクポイント、ワークフローなど基礎的な知識が紹介されている。また次章で作成するHTMLとCSSの作成手順についても書かれていた。
 応用編では前章の説明から、レスポンシブでの様々なケースにあった手法でファイルを作成していく。デバイスごとにカラムを変更する場合や固定幅と可変幅のボックスを組み合わせる場合などのレイアウトに関するものや、デバイスによってフォントサイズを変更するものまでケースごとに紹介されている。疑問に感じていたのが埋め込み画像の対処方法だった。対処法としては、埋め込み画像とCSSでの背景画像を組み合わせてレイアウトするといいそうだ。CSSの背景画像の方がレスポンシブでは扱いやすいと書いてあった。
 レスポンシブ対応を支援するツールでは、主にレスポンシブのひな形となるファイル群であるフレームワークが紹介されている。それぞれに特徴のあるモバイルファーストを基本としたシングルカラムのフレームワークやマルチカラムに対応されたものまで簡単に説明してある。各フレームワークはブレークポイントが%やpxで指定してあったり、パーツのレイアウトが予め指定してあるなど違いがある。また使われているJavaScriptのファイルが違うなど特徴がある。
 この本より前にCSS3などの本でレスポンシブウェブデザインについて少しだけ書いてあった。幾つかの基礎知識については知っていたけど、細かい部分まで知ることができた。構成もわりとしっかりしていたので基礎を理解することはできた。基本的にHTML1ソースとCSSだけで構成するのではなく、複数のJavaScriptを使いながら足りない機能を補完しながら実装していくのが現状では一般的な手法のようだ。2012年というレスポンシブウェブデザインが流行り始めた時期に出版された本なため、現在ではもっとよい手法があるのかもしれない。残念なことは構成がしっかりしているものの、個々の文章が頭の中で整理されていないのか雑然としているためすっと頭の中に入ってこなかった。レスポンシブだけでは内容が足りなかったのか後半はフレームワークの説明とソースコードに終始���ていたように思う。内容が足りないのであればページ数を減らしても良かったのではないかと感じた。

2012/11/10 19:51

投稿元:ブクログ

しっかり読んで写経したら力になると思う

サンプルコードが充実しているのでわかりやすい。
とりあえずツールをDLするところから始めた。
Initializr, 320andup, inuit.css, Skelton, Foundation

2012/08/04 18:43

投稿元:ブクログ

2012年現在では珍しく1冊丸々レスポンシブを扱ってる本。
ケーススタディが多いのは良かったです。

ただし、本に乗ってるコードとサンプルファイルのコードが
異なる部分がいくつか見受けられたのが残念でした(主に3章)。

単に本の目的と関係ない部分の表記ズレなら構わないのですが、
解説のキーとなるmin-widthとmin-device-widthの表記ズレなど、
初見したときは混乱して時間をとられました。

MDN関連の本は心なしかこういうのが多いですよね
毎度購入時に躊躇してしまいます…

2012/08/18 13:30

投稿元:ブクログ

全体的にわかりやすい構成。でも誤植が多すぎ(泣)。出版社のHPで対応してほしい。
この本で紹介されてたinitializr(http://www.initializr.com/)を使ってブログのテンプレートを作ろうとしたけど、独自タグが上手く反映されず挫折…。あと、メニュータブを増やすときにcssのどこをどう変更したらいいのか迷った。

2012/09/25 16:11

投稿元:ブクログ

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784844362661

2012/09/04 16:06

投稿元:ブクログ

サンプルと解説がわかりやすいので、
初めて「レスポンシブ・ウェブデザイン」を学ぶには良い本です!!

2013/04/28 20:45

投稿元:ブクログ

サンプルコードやツールなど、複数説明されていて、参考になりました。
最初からじっくり読むというより、必要なところをパラパラ見ているだけでも良さそうな気がします。

サイト内検索

キーワードを入力