サイト内検索

詳細検索

★全商品最大30%OFFクーポン(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. あわせ鏡に飛び込んで
あわせ鏡に飛び込んで(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 84件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/07/12
  • 販売開始日:2013/07/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-276165-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

あわせ鏡に飛び込んで

著者 井上夢人 (著)

幻の名作「あわせ鏡に飛び込んで」をはじめ、瞬間接着剤で男をつなぎとめようとする女が出てくる「あなたをはなさない」、全編、悩み相談の手紙だけで構成されたクライムミステリー「...

もっと見る

あわせ鏡に飛び込んで

594(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より126おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

あわせ鏡に飛び込んで (講談社文庫)

720(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.0MB 無制限
Android EPUB 7.0MB 無制限
Win EPUB 7.0MB 無制限
Mac EPUB 7.0MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幻の名作「あわせ鏡に飛び込んで」をはじめ、瞬間接着剤で男をつなぎとめようとする女が出てくる「あなたをはなさない」、全編、悩み相談の手紙だけで構成されたクライムミステリー「書かれなかった手紙」など、選りすぐりの10編を収録した文庫オリジナル作品。精緻に仕掛けられた“おとしあな”の恐怖と快感!(講談社文庫)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー84件

みんなの評価3.3

評価内訳

背骨の髄から、ぞくりとしたいあなたに。

2009/02/23 14:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡嶋二人の頃から大ファンの、井上夢人氏。私が知り得る作家の中でも、最も文章力のある作家の一人だと思う。もちろんストーリーも面白いのだけれど、ストーリーををおいといたとしても、文章力だけで読まされてしまう。使われる語句やリズムが、まるで魔法のように私を本の中に引きずり込んでくれるのだ。だから氏の作品には「ハズレ」が無い。どれを読んでも、いつ読んでも、とても面白い。
本作品はどれも本当にぞくりとさせられる、10の短編からなる。カテゴリ的にはミステリかホラーか。この手の作品は、作品中に描かれる「もしも」に、どれくらいのリアルさがあるかが鍵だと思う。そういう意味で、本作品中の短編はどれも妙にリアル。さらに類まれなる文章力で、背骨の髄からぞくりとさせられてしまう。
もし、も。体が死んでも、意識と感覚は失わない薬があったら。検死も葬式も、外からは分からないが、視覚も聴覚も、そして痛覚さえ、全ての感覚をあなたは感じているのである。そして最後に襲い来る、本当の恐怖とは。
もし、も。別れ話に逆上した女が、超強力接着剤であなたの手と自分の手を接着してしまったら。当然あなたは怒り、医者へ行った後貴様とは必ず別れてやる!くらい言うだろう。それを聞いた彼女はさめざめと涙を流し・・・また接着剤を取り出すのだ。そして次に、接着したのは・・・。これも何だか、ありそうで怖い。そしてもしこんなシチュエーションに自分が陥ったら、間違いなく気が触れてしまうだろう。読み終わった直後、思わず「うわぁ・・・こえぇえ・・・」の言葉が漏れてしまう。いや全く、そういう感じの作品達なのだ。
さらに特筆に値すると思ったのが、「JとIとジェイアイ」という作品。なんと17年前に、パソコンをテーマに書かれた作品である。17年前のパソコンの話しなぞ、よほどのマニアでなければ面白くないように思える。ところが、これが驚くほど面白いのだ。パソコン同士にお互いを解析させて会話させる、なんて発想は今でも十分に面白いと思うし、一体どういうオチを付けるのだろう・・・と思っていたら、なんともシュールな締めくくり。10の作品の中でも、一番引き込まれた作品だった。
この作品が良い例で、何せ氏の作品は時が経ても色あせない。以前書評を寄せさせて頂いた岡嶋二人作の「99%の誘拐」が、書かれてから15年後にその年のミステリNo.1に選ばれた事でも頷ける。名だたる名画がそうであるように、氏の作品は時が過ぎてなお、その輝きを増すのかもしれない。過去作品と侮る事無かれ。氏の作品は過去のどれをとっても、間違いなく面白い。ぜひ手に取られる事をオススメします。そして本作品も、その中の一つに数えられるに、違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/07 14:52

投稿元:ブクログ

ミステリ系の小説よりもホラー系に偏った短編集。作者の長期に亘ったいろんな雑誌に掲載されたものをまとめただけあって、払いティ豊かな短編集となっています。一番印象に残ったのは「あなたをはなさない」次が「空き部屋あります」ですね。表題作以外のものがお気に入りとなりました。コンピューターの知性と会話については、そこまで描いてこっちに逃げたらダメだろうとか思ったり…まぁSF作家じゃないから仕方ないか、短編だし。

2013/08/14 18:50

投稿元:ブクログ

(収録作品)あなたをはなさない/ノックを待ちながら/サンセット通りの天使/空部屋あります/千載一遇/私は死なない/ジェイとアイとJI/あわせ鏡に飛び込んで/さよならの転送/書かれなかった手紙

2008/12/26 00:47

投稿元:ブクログ

08年10月に発売された井上夢人の短編集。
ゴールをあらかじめ考えて作ってある感じがして、どれも完成度が高いように思える。ミステリーっぽいものからホラーっぽいものまで、井上夢人らしさがつまった1冊。こういう短編は短編といえど読み応えがあって非常に良いです。

2008/10/17 02:54

投稿元:ブクログ

久しぶりの井上夢人さんの短編集。
とはいえ書き下ろし無しの一番新しい作品で13年前とか…。何故今更…。
普通に安定した面白さでした。13〜18年前だけど、何気にそんなに古い感じはしないかなぁと思う。
前半より後半の方が面白いと思う物が多かったかな。
あとオチが読めるものが多かったのが少し残念。

2011/10/09 16:10

投稿元:ブクログ

ミステリー、ホラーなどの短編集です。

私の苦手な視覚的グロさはあまり登場せずに、様々な心理的恐怖を味わう事が出来ます。

いくつか、先が読める物もありますが、独特の雰囲気で楽しめました。

私は、あなたをはなさない、あわせ鏡に飛び込んで、ジェイとアイとJIが特に面白いと感じました。

2015/01/05 20:04

投稿元:ブクログ

各種雑誌等に掲載されたものを集めた短編集。
あなたをはなさない/ノックを待ちながら/サンセット通りの天使/空部屋あります/千載一遇/私は死なない/ジェイとアイとJI/あわせ鏡に飛び込んで/さよならの転送/書かれなかった手紙

パズル小説的なものからホラーまで様々なタイプがあり、面白いものもあれば結末に予想がつくものもある。
オーソドックスなミステリー「書かれなかった手紙」が一番好き。

2011/05/04 08:30

投稿元:ブクログ

短編集です。
最後に何らかのオチがある話ばかりです。
読み始めは物語がどこへ行きつくのか分からないのですが、最後にはぞっとしたり、ひやっとさせられます。
恐怖と快感が味わえます。
「あなたをはなさない」と「私は死なない」と「ジェイとアイとJI」と「さよならの転送」が気に入りました。

2012/04/16 16:01

投稿元:ブクログ

ミステリー短編集。一冊前に読んだ井上夢人作品より断然面白かった。ただ短編なので衝撃的な結末の後に何があったのかもっと詳しく知る事ができない点が残念。そして辛口な様だが「巧い」以外に何ら感想も感情も湧き上がって来ない以上、他の井上の著書同様、ただの暇つぶしにしかならない作品だと思う。

2008/10/17 21:34

投稿元:ブクログ

2008/10/17 Amazonにて購入 。
2013/10/3〜10/7

井上夢人氏の短編集。往年の名短編集を彷彿させる出来栄えの10編が収録。「幻の」と形容詞のつく表題作が一番好みか。
巻末の大沢在昌氏との対談が興味深い。岡島二人時代の葛藤や、なぜ現在あまり作品が出ないのかまで、赤裸々に語っている。

2009/01/20 00:20

投稿元:ブクログ

2009/01/16

何年ぶりかの井上夢人。
岡島二人時代は面白く読んでいたのだけれど、自分の趣味が変わったのかどうもいまひとつ・・

2009/06/02 19:44

投稿元:ブクログ

岡嶋二人の時はかなり読みましたが、ホラーテイストのものはかなりこわかった覚えがあります。それでもやり足りなかった分を一人になると好き勝手できると言うだけのことはあって、こわい話はかなりこわい。接着剤とか、震えがきました。でもどちらかというと前半のほうがこわくて、後半に行くと小話みたいになっていったので最終的には尻すぼみな印象になってしまってちょっと残念。短編10本くらいで、☆4が3くらい、かな。平均して☆3ってことで。

2009/01/15 23:44

投稿元:ブクログ

幻の名作「あわせ鏡に飛び込んで」などの短編を10篇収録し特別対談も最後に載ってる作品です。

「あなたをはなさない」
別れ話をして、美代子が震わせながら「わかった。」と言って、僕の胸元に差し出されて手。
握手をして離そうとすると離れない。
彼女は、瞬間接着剤を塗っていたのだった。
別れたい彼と別れたくない彼女は、この後どうなるのか?

「ノックを待ちながら」
自分の妻が他の男を引っ張り込む現場を見るのは、あまり楽しい事ではない。
引っ張り込んだ結末を知っていても・・・。
家の書斎でその風景を見ていた晋一は、音を立てないように二階の寝室に移動した。
妻は、男といちゃつきながら家の中へ入っていく・・・。

「サンセット通りの天使」
骨董やから電話があった。
注文していた大きな箱が入荷できて、配達にくるといった。
FBIに睨まれているシュリーマンは、FBIの監視の目から逃げ出そうとある計画を立てっていた。
そして、黒人の男と金髪の女が配達に来た。
二人を家の中に入れて、黒人の男の頭を拳銃で殴る。
女を脅して・・・・。

「空部屋あります」
村松さんの・・・あらあら、では、お部屋をお借りになりたいってお話ではないのですか?・・・・

行方不明になった松村の事を聞きにきた従兄弟の青年。
貸主である足の不自由な老婆が青年に語った事だけを書いたホラーです。

「千載一遇」
警備会社に勤める史郎はこの日も相棒の楠本とともに会社の夜の警備をしていた。
この日一晩だけ億を越えるお金が二人だけになった会社の中に置かれていた。
前もって二人にこの事を知らせていたが、史郎はある計画を立てていた。
史郎は、妻の睡眠薬を少しづつ貰っていたものをコーヒーに混ぜて楠木に飲ませる。
しかし彼は、なかなか寝ない。
睡眠薬が効いてきたのか、顔を洗いに洗面に向かった楠木。
史郎は、漫画を読んでいたのだが突然楠木に頭を殴られる・・・。

「私は死なない」
名倉哲郎は、NOB−244βと言う猛毒の実験でラットが死んでもエネルギーを発している事に興味を抱く。
この猛毒は、肉体が死んでも精神は生き続ける証明では、ないかと・・。
そしてこの精神だけ生きるのに憧れ、遺書を書いてこの猛毒を自分に打つ。
そして、意識はあるのだが・・・。

「ジェイとアイとJI」
古い16BITのパソコンと新型の32BITのパソコンを持った二郎は、このパソコン同士でチェスの対戦ができないか?と考え始める。
インターネットで色々調べたりして、彼はある所に行き着く。
パソコンの学習機能を習得した会話プログラム。
そして彼は・・・。

「あわせ鏡に飛び込んで」
院長である城所は、芸術家のパーティーに来ていた。
看護婦の良子が「ご一緒に行きませんか?」と誘ってきた。
良子は、唯一落ちなかった女だった。
パーティーに参加する事は、乗り気じゃなかったがその後の良子との事を考えるとシブシブ出席したのだった。
良子はすぐに他の招待客と話しに行き一人になった城所だったが、主催者の芸術家がアトリエにある今度出す作品をぜひ見て欲しいと言ってきた。
城所はなかば強引にそのアトリエに向かう。
そしてそこで見たものは・・・・。

「さよならの転送」
留守電の再生機能を押すと真紀の声だった。
そこには、もう会わないで電話もかけないでとの別れを告げる内容だった。
信哉は、この声を真紀を取り合っている秀暁の電話の留守電に入れる。
信哉は、秀暁がその夜死んだ事を友達からの電話でしる。
信哉は、友達と集まりその内容を聞く・・・。

「書かれなかった手紙」
足の不自由な元教師・磯部増達に突然届いた手紙は、教え子の夫からの手紙だった。
妻の弟が交通事故にあって、自分が弟を殺したと妻が疑っているという内容だった。
その手紙に返信して、教え子にも別の手紙を書いたのだが・・・。

全編悩み相談の手紙だけで構成されたクライムミステリーです。

短編集なので、ちょっと怖さは足りないかな?
でも、先が読めない展開は、ドキドキして面白いです。
井上さんは、作品を出すスピードが遅い作家さんです。
それは、彼が自分で納得しないと本を出さないという所が多いのでしょう。
ん〜ボツになった作品でも面白そうなんだけどな〜
短編が好きな人には、お勧めの本かな?

2015/02/22 00:19

投稿元:ブクログ

ちょっと読後感がすっきりしないというか、よい意味でね。
例えば「あなたをはさなさい」は、女性の強すぎる愛情が引き起こす恐怖。接着剤で繋がれた手(女性と男性ね)。
それだけでも気味が悪いけど、彼女の最終的な手段はその状態で、彼に殺されること。本当は彼が殺したわけではないのに、そのように仕向け、彼を加害者に仕立てるってことに。それで自分が死んだとしても。
本当に怖い。
もちろん、彼女が死んだというところで話は終わり。残ったのは、彼女の口をふさぐ彼の手。
もしこれに続きがあり、警察がきて彼がどのように疑われるかはわからない。どこかに矛盾があれば、彼の疑いは晴れるだろうけど、状況が状況なだけにね・・って思わせる。
それに彼女の思いの強さ。別れたくないばかりに・・。
悪い意味での究極の愛情の表現よね。

こんな感じで、男女のかけひきについての短編集。

2011/09/21 07:47

投稿元:ブクログ

面白かったです!
平山夢明さん系(ホラー・サイコ・グロテスクなんでもあって嫌がらせのようにスリリング)の怖さかな?と思って、おっかなびっくり読んだのですが、また違った面白さでした。
単純な「怖い話」ではなく(たぶん、ホラーではないと思う)ミステリのように「仕掛け」を楽しめる作品です。
ちょいこわミステリ?ジャンルがわかりません!

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む