サイト内検索

詳細検索

★最大8000ポイントキャンペーン(~9/29)

デイトレード
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/07/30
  • 販売開始日:2013/07/30
  • 出版社: 日経BP社
  • ISBN:978-4-8222-4297-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

デイトレード

著者 オリバー・ベレス (著),グレッグ・カプラ (著),林康史 (監訳),藤野隆太 (訳)

最大の特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買できるようにな...

もっと見る

デイトレード

2,376(税込)

ポイント :22pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

2,376(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.5MB 無制限
Android EPUB 8.5MB 無制限
Win EPUB 8.5MB 無制限
Mac EPUB 8.5MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最大の特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買できるようになります。 例えば、「株式を取引するのではなく、人を取引する」という教訓。多くの初心者が、一つひとつのトレードに必ず相手がいることを認識していない。株式を売るたびに、誰かがその株式を必ず買っている。問題は「どちらが、より賢いのか」という点であり、マーケットの機微を知って、賢い側に立てるように鍛えるアドバイスをする。 『金持ち父さん』の訳者による、歯切れのいい文体も魅力です。

目次

  • 第1章 トレーディングの勝者への誘い―熟練したトレーダーの世界を理解する
  • 第2章 優れたトレーダーへの精神修行―トレーディング行動を修正する鍵
  • 第3章 「逆境」と「損失」―トレーディングで成功するための必要条件
  • 第4章 真の勝者を目指すトレーニング―失ったマネーと時間を取り戻すために
  • 第5章 トレーディングにおける7つの大罪―いかに戦い、打ち勝つか
  • 第6章 熟練トレーダーへの道―成功をつかむための12の法則
  • 第7章 究極のトレーダーの秘密―すべてのトレーダーが知るべき15の掟
  • 第8章 10の教訓―究極のトレーダーになるために
  • 第9章 究極のトレーダーから最後の言葉

著者紹介

オリバー・ベレス (著)

略歴
〈ベレス〉プリスティーン・キャピタル・マネジメント社の共同創業者。

グレッグ・カプラ (著)

略歴
〈カプラ〉プリスティーン・キャピタル・マネジメント社の共同創業者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

トレード以外でも

2016/07/01 19:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リューンズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

投資関連の良書は、仕事やスポーツ。
そしてより良い人生を歩む為にも読む価値は十分に有ると思います。

そんな本の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

トレードの心得

2015/11/02 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

トレードでイライラすることがある人は一読の価値があります。ウォール街の巨人の餌食にならないための心得が書かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デイトレーダー指針書

2015/08/31 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価の高い本なので購入してみました。著者が海外の方ということもあり、事例に分かり難い点がありますが、デイトレーダーの指針書というもので、ノウハウ本を期待されている人には、拍子抜けするかもしれませんが、非常に有意義な本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トレードの心構え

2012/11/28 04:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abf - この投稿者のレビュー一覧を見る

FXのデモトレードを始めた直後に読みましたが、半分も読まないうちに、とんでもない世界に興味を持ってしまった、と思い知らされました。
読み終える頃には覚悟ができました。とりあえずちょっと試してみようという浅はかな気持が取り除かれ、精神面がちょっとだけ鍛えられたような感じでした。

時々読み返して気持を新たにするのに役立てたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/16 21:44

投稿元:ブクログ

☆メモ
究極の?デイトレーダーになるための心構えが沢山載ってる。
ある意味デイトレーダーの自己啓発本。
心理的に弱くなった時に読み返したい。

2005/04/28 01:21

投稿元:ブクログ

マーケットで生き残っている方の言う事は説得力がありますね。下手なファンダ分析はかえって仇となると説いてます。

2005/04/23 12:33

投稿元:ブクログ

超短期投資(デイトレード)時の心構えを書いた本、デイトレーダー必読と言えるくらい内容が充実しています。

2005/07/12 19:39

投稿元:ブクログ

トレーダーにお勧めの一冊!!勝つための発想が満載!!1度ならず、2度3度と読み直してみて!!お勧め(・∀・)イイ!

2006/12/10 13:39

投稿元:ブクログ

デイトレードをする際の心構えを示したデイトレーダーにおすすめの一冊。勝つための手法が満載です。読者の過半数が是非とおすすめする本です。

2005/12/31 10:22

投稿元:ブクログ

私の一番お奨めの一冊です。教科書といっても過言ではありません。トレードのテクニックではなく、投資には精神的要素がどのくらい重要なのかがわかります。特に「トレーディングにおける7つの大罪」という7項目は、負けている時、見事なまでに該当していたので大変参考になりました。

2006/02/04 22:39

投稿元:ブクログ

米国では有名なトレーダー養成機関「プリスティーン」の創業者が書いた本。デイトレードの心構えや基本的な考え方を学ぶには非常に優れた本だと思う。原著に載っていた後半の「実践編」が省かれているのが残念だが、日本語で半分読めるだけでもありがたいと思うことにしよう。

2006/03/15 17:52

投稿元:ブクログ

デイトレーダー必携。にわかデイトレード本が多い中、本物の1冊といえるのはこの本だけかもしれません。
デイトレードのテクニックそのものよりはメンタルに焦点をあてており、うまく行かない場合再度読み返してみたくなります。

2006/03/17 20:59

投稿元:ブクログ

バイブル的存在。
初心者にはあまり向かないと思う。一度マーケットの餌食になった人は必読の本。いかに自分の損失が愚かであったか、また今後どの道を歩めばいいのかを示してくれる本です。

2006/06/20 00:24

投稿元:ブクログ

「生涯現役の株式トレード技術」の優利加さんがパンローリングのサイトでおすすめ本としていたのを見て購入。短期トレーダー向けの心構え集といった精神論。原作は1部2部構成で翻訳者の意図で原作の後半2部のスキル編は高度なものもなく日本の投資にはなじみがないということで訳出しなかったということ。まぁ「生き残りのディーリング」と「マネーの公理」を先に読んでいた私には特別新しいものを得たという感じはなかった。

2006/06/10 22:10

投稿元:ブクログ

トレードを始めたころに読んで「面白くない本に金を出してしまった」と悔しがった私。ところがその後読み返す度に、どんどんこの本の価値が理解できるようになりました。
人が本を選ぶように、本も人を選ぶ事を知らされた本。心して読むべし。