サイト内検索

詳細検索

ニコカド2016 総合ページ(~10/7)

全品ポイント50倍(0930-1007)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. オレたち花のバブル組
オレたち花のバブル組(文春文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 636件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/08/02
  • 販売開始日:2013/08/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-772804-5
一般書

電子書籍

オレたち花のバブル組

著者 池井戸 潤

絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部...

もっと見る

オレたち花のバブル組

710(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より3おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

オレたち花のバブル組 (文春文庫 半沢直樹)

713(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 793.3KB 無制限
Android XMDF 793.3KB 無制限
Win XMDF 793.0KB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部の見えざる暗躍、金融庁の「最強の検査官」との対決。出向先での執拗ないじめ。次から次へと襲い来る逆境を、半沢はおのれの正義で迎え撃つ。オレたちは絶対に負けられない。まとめて面倒みてやる。やられたら倍返しだ! “バブル組”の男たちのプライドが胸を熱くさせる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー636件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

基本は性善説。しかし、やられたら、倍返し

2013/08/28 19:24

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作も面白かったですが、本作はそれを凌ぐほどの快作です。
 二つの話が同時並行に走り、意外な形で最後に合流します。また、読者をハラハラさせる仕掛けがいくつもセットされていて退屈させません。加えて、本作ではサブ主人公(近藤)が半沢に匹敵するような大活躍をする等々、巧みなストーリー構成に感服。一気に読み終わりました。こんなに面白い小説があったとは、知りませんでした。TVドラマに感謝です。
 なお、TVドラマではやや劇画チックな演出をしているため、滑稽で思わず吹き出すようなシーン(例えば金融庁の検査官を店頭にて頭取以下が出迎えるなんて、ありえません)が散見されますが、小説ではよりリアルに展開していきます。銀行を舞台に、こんなに面白い小説を書く池井戸氏の次回作に、ますます期待します。

 私個人としては、仲が良かった同期が畑違いの部署に異動させられたため、心身症となり、今ではある部署に塩漬けとなっています。彼にも、近藤のように復活する日が来れば良いがと、祈らざるを得ませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きっと這い上がれる!!!

2013/08/01 21:23

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

近藤の再生。
自分の裏切りを告白できる間柄。
彼の苦渋の決断を責めずに喜べる。
これが真の人の繋がりであり仲間だと思う。
そして、半沢は“異動”をさせられるけれども、
彼を取り巻く人の繋がりが、必ず彼を引き戻してくれるはずと思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オレたち花のバブル組

2013/09/07 08:30

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モモパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりの展開のどんでん返しがよく、早く早くと結果をみるために、読み終える時間が通常の半分以下であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2013/08/27 13:58

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:センタープラザ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろかった。久々に続きが早く読みたいと思わせる本。ドラマも人気らしいが、納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマと同じ

2013/10/04 21:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みずほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマとほとんど同じで楽しんで読めた!
ドキドキして楽しかった〜

三巻も早く文庫化してほしい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言わずと知れた「半沢直樹」シリーズ第二弾!痛快小説の続編!

2016/02/13 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、池井戸氏の「半沢直樹」シリーズの第二弾です。倒産寸前の老舗ホテルの再建という大きな責任を負わされた半沢直樹。通常であれば、とても無理と思えるこの責任を、半沢直樹は様々な人脈とアイデアを駆使して解決していきます。この過程が、筆者池井戸氏の力量とでもいいましょうか、とてもスピーディーに、しかし読者にはわかりやすく、克明に描かれています。読者は、知らず知らずに本書に感情移入すること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった!!

2015/08/25 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひっくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

半沢直樹シリーズの中の一冊です。シリーズは全て読みましたが、この本が一番面白かったと思いました。これからもこの作者の本は読んでいきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ第2作

2015/03/29 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビ半沢直樹の原作の2作目。ドラマをすべて見たわけではないが、結末はこの2作目とほぼ同じ。
出世のためには手段を選ばずの出世競争がリアルに描かれている。サラリーマンの出世は自己実現の手段と考えればそれもありかと思うが、主人公の許せないのは私腹をこらす者たち。
何のために出世したいのか、自分はいったい何をしたいのか見直す機会になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読む楽しみ

2014/02/08 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八犬伝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1作目以上にストーリー展開が面白く
読む楽しさ
を、十二分に味わえた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とにかく面白い。

2013/08/20 06:52

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KS - この投稿者のレビュー一覧を見る

痛快だが、少し出来すぎたストーリィ展開。それでも読ませるのは、作者の業界への知識の裏付けがあるからか。それにしても悪人が多すぎるような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2作目もズンズンいきます

2013/08/24 16:46

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

印象は1作目と全く同じで、同様に楽しめた。
個人的には2作目の方が好きかな。
特に近藤の活躍ぶりと苦渋の選択には共感を得られるし、半沢の近藤を思いやる心の広さ、人間関係がとても魅力的であった。
やはり、仕事もプライベートも利害関係や損得勘定抜きにした人間関係が持てることは大事だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テレビから。

2013/09/08 11:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オsugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビから、この小説に入りました。タイトルは、テレビの方がピンと来るけど、中身はこちらの方がリアルかも。なんて……父が銀行の人なので、予備知識は受け売りですが……。
テレビの役者さんの演技にのまれて読み始めましたが、とてもハラハラどきどきで、面白かったです。まぁ、でも私は銀行へは就活しないな(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スカッとする!

2013/09/12 10:03

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MANA - この投稿者のレビュー一覧を見る

半沢直樹の正義感に脱帽です。スカッとしました!テレビドラマでは福山がタブレット野郎として描かれてましたが、小説が書かれた時は、まだそういう道具が流行ってなかったんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半沢です

2016/01/08 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化された半沢シリーズです。
原作ではお父さん亡くなっていないので
ドラマの方が私怨で戦っている感が強いのが否めないのですが・・
そういう意味では、原作の方がより、銀行マンとしてどうありたいか?
という心意気が感じられる気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理想のサラリーマン

2015/12/21 08:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

半沢直樹シリーズ第2弾。東京中央銀行営業2部次長の半沢に、老舗ホテルが出した200億円の損失拐取の命が下る。金融庁の黒崎とのバトルになるわけだが、半沢はパワハラにもめげず、つまりは理想のサラリーマンである。積極的どころか攻撃的なキャラクターなのだが、ゆえに、アホな上梓に逆らえないよのサラリーマンは留飲を下げるのだ。時代劇的な通利といってもいい。落ちこぼれ行員の近藤が泣かせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する