サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

ちはやふる(20)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/11/29
  • 販売開始日:2013/11/29
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-380379-2
コミック

電子書籍

ちはやふる(20)

著者 末次由紀 (著)

吉野会大会A級決勝。元クイーンの猪熊(いのくま)、北央(ほくおう)の須藤(すどう)、そして原田(はらだ)先生。全員が居残り、たった一人の勝者の行方を見定める。同会ながら勝...

もっと見る

ちはやふる(20)

432(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

ちはやふる 20 (BE LOVE KC)

463(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 35.8MB 無制限
Android EPUB 35.8MB 無制限
Win EPUB 35.8MB 無制限
Mac EPUB 35.8MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吉野会大会A級決勝。元クイーンの猪熊(いのくま)、北央(ほくおう)の須藤(すどう)、そして原田(はらだ)先生。全員が居残り、たった一人の勝者の行方を見定める。同会ながら勝ち上がった千早(ちはや)と太一(たいち)はついに公式戦で――しかも頂上決戦で初対戦! 熱風が舞い、汗が飛ぶ。息苦しくなるほどの二人の戦いの結末は!? 千早に勝ちたい! 太一に負けたくない!! いま戦いの火蓋は切られた――!!

著者紹介

末次由紀 (著)

略歴
福岡県生まれ。「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー99件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

かっこいい

2013/04/02 18:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とっきんとっきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まつげくんにはがんばってほしいなぁ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

展開

2016/08/18 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:英語嫌い - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんか少し暗い展開になってきたので、ドキドキします。もっと楽しそうな千早たちが見たいです。喜怒哀楽が激しいなぁと思います。でも面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/19 12:53

投稿元:ブクログ

ついに決勝。太一と千早の全てを出し切った戦いが幕を閉じる。
試合後の千早の涙がまた素晴らしい。
東と西で名人・クイーン戦予選が始まる。
太一の母親に言い放つ菫の言葉がじんとくる。

2013/03/13 21:55

投稿元:ブクログ

決勝が熱い。千早はついにこのステージまで来た、という感慨みたいなものがふつふつと湧き起こる。三人にとって重大なターニングポイントになる巻。

2013/03/30 18:14

投稿元:ブクログ

◎マンガ大賞2009(第2回)受賞作品。

2013年3月29日(金)読了。

2013-23。

2015/03/26 13:56

投稿元:ブクログ

燃え上がるページ、吹き上がる火柱。間違いなく物語の大転換点であろう圧倒の第20巻。不思議だけれど、後書きで触れられている通り、読者と作者と、そして登場キャラクターたちが、それぞれまったく別の人格として互いに伴走し合いながら、協力して体当たりで壁をぶっ壊しながら道を作り、物語の次を描き出しているような感覚にさせる作品。特別すぎる!
生まれ変われるのかな。僕も炎のようになれるのかな。たくさんの祈りと涙が、次に生きる日常を輝かせる。

2013/03/28 00:30

投稿元:ブクログ

努力した人をみんな勝たせてあげたいけれど、勝ち残るのは一人だけ。
厳しい競技の世界だからこそ、残っていく思い出がある。

2013/03/23 23:22

投稿元:ブクログ

高校生に感情移入するのはちは、まわりのオトナがちゃんと描かれているから。ちはやママと太一ママの対決も期待。

2016/01/24 17:24

投稿元:ブクログ

吉野会決勝。千早vs太一から修学旅行&名人位クイーン位戦予選。

決勝は手に汗を握る白熱の戦い。
正直、どっちを応援したらいいのか迷う。
新と太一と千早の三角関係が、かるた力になぜか引っ張られるという不思議な構図。
決勝まで残れなかった新の悔しさが、もう、太一に当たっているようで。笑

そして修学旅行をまさかの欠席の太一と、
楽しめない千早。
そして千早も先生も新も、太一が名人になりたいと思い込んだ、かるたバカっぷりに笑った。

太一も新もきっと真っ直ぐだから、
こんなに自分と向き合うのに苦労するんだろうな。
頑張れ、新、太一。

2013/07/01 20:07

投稿元:ブクログ

詩暢ちゃん、よいわぁ。
名人たちの天才故の孤独。

そして、かるた協会も、全力でバックアップ??

近江神宮にも、お客さん増えているみたいです。
そういえば、京阪のちはや電車、写真を撮りに来ている人もいるみたいです。

なんか、熱い。

2013/03/19 23:11

投稿元:ブクログ

ちはやVS太一に決着。そして新も何かを感じつつ、千早は修学旅行へ。太一・新はそれぞれ東日本・西日本予選へ。そしてみんなが「太一が名人になりたかったなんて!」と気づくのでした~。いやはや、太一熱くなってきました!!そして予選にしのぶちゃんと名人登場。どこまでも変人な二人・・・好きです。

2013/03/16 14:10

投稿元:ブクログ

吉野大会から、主人公が母親に泣きつくところまで良かった。
東日本予選は出場者も見学者もいろいろで面白い。どうなるのか楽しみ。
修学旅行は主人公が友人ほったらかしで不安になったけど、なんとか収まって良かったと思う。
それにしても、東日本予選の横の展開…太一の相手はやはり菫ちゃんで落ち着いてしまうのだろうか。

2013/07/12 20:29

投稿元:ブクログ

千早と太一の戦いに決着が!息苦しいほどの試合。そして、修学旅行と名人・クイーン戦も始まる。その時、千早は?太一は?新は??青春ですね。

2013/06/13 15:05

投稿元:ブクログ

【ネカフェ】吉野会決勝。千早vs太一。それを見つめる新にも変化が。太一も思い切ったことをしでかした。面白くなってきたな。修学旅行、京都かー。時雨殿行かないとな。

2013/05/03 21:17

投稿元:ブクログ

相変わらず名言をびしばし!入れてくるマンガだなあ。
由宇ちゃんやすみれちゃんがフラグ立ててる上に恋愛においてもかるたにおいても新くんの「千早はずっと太一のもんやと思ってた」から「千早はべつにだれのでもないよな」がなんか、おお!

新の心理とかが段々描かれるようになってきて、三人の話になろうとしてるのかなあ。