詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

冤罪者(文春文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2013/12/06
  • 出版社:文藝春秋
  • レーベル:文春文庫
  • サイズ:16cm
  • ISBN:978-4-16-745102-8

一般書

冤罪者

折原一 (著)

電子書籍

880 ポイント:8pt

紙書籍より:5円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

885(8pt) 冤罪者 (文春文庫)

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

叙述トリックの第一人者、折原一の筆致が冴え渡る「――者」シリーズ。ノンフィクション作家・五十嵐友也のもとに届けられた一通の手紙。それは連続婦女暴行犯として拘置中の河原輝男...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC XMDF 2.7MB 無制限
iPhone XMDF 2.7MB 無制限
iPad XMDF 2.7MB 無制限
Android XMDF 2.7MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

叙述トリックの第一人者、折原一の筆致が冴え渡る「――者」シリーズ。ノンフィクション作家・五十嵐友也のもとに届けられた一通の手紙。それは連続婦女暴行犯として拘置中の河原輝男が冤罪を主張し、五十嵐に助力を求めるものだった。自らの婚約者を河原に殺された五十嵐にとって、それは到底素直に受け入れられる内容ではなかったが、やがて河原の“無実”を証明する人物が現れ、裁判は混迷。そして新たな惨劇がはじまった――! 逆転また逆転、冤罪事件の闇を描く傑作推理。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(45件)
★★★★★(12件)
★★★★☆(16件)
★★★☆☆(13件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

半端ない構成力が魅力です

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/12/06 20:32

評価5 投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ノンフィクション作家、五十嵐はかつて恋人を連続婦女暴行犯によって殺された。その犯人から、自分は冤罪であると訴える手紙が彼のもとにとどく。

 物語は、文体と構成が重要だと思う。
 でもって、構成力がすごいのはロバード・ゴダードであって、邦人出構成力で読ませる作家ってなかなかいないよね、と思っていた。

 いました。

 様々な主観が交差し、真相は二転三転し、そうやって混迷していった先に、全ては明らかになる。
 全てのフラグは落ち着くところに着地する。

 読み終わったあと、ああ、あれはああいう意味だったんだ、って思い返してふむふむと思う、ある意味読書の醍醐味を存分に与えてくれる。

 にしてもこれだけの事件を乗り越えた主人公が、まるで普通に(?)生活している違和感が、むしろ折原一の毒のように感じて、怖くなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一体何を信じたらいいのか。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/06/12 02:02

評価4 投稿者:冬音 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全く折原一にはやられっぱなしだ。まるで騙し絵のようなストーリー。
最後に解る、一つの結論に達するまでに、作者に翻弄されるようにAから見たりBから見たり。果たして容疑者は本当に犯罪を犯したのか? だとすれば、一体どこまでが真実なのか?
どれだけ冷静に考えても、もっと冷静な作者の繰り出すストーリーに振り回されっぱなし。最後の1ページを読むまで、結果はわからない!
少しでも頭を抱えたら、あなたはもう叙述トリックの虜になっている!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

立場が違えば見方も変わる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/05/23 15:41

評価4 投稿者:上六次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 過去には冤罪事件が起こり、そのことをテーマとして書かれた小説もある。自白の任意性や代用監獄の問題といったことを扱っていたことが多いように思う。本書は冤罪についてやや違った側面から描きだされている。

 ノンフィクション作家の五十嵐友也のところへ連続婦女暴行魔として裁判中の河原輝男から冤罪を主張する手紙を受け取る。五十嵐は自分の婚約者を連続婦女暴行魔に殺されている。河原は本当に犯人ではないのか。真犯人は別にいるのか。物語は錯綜していく。

 本書は五十嵐や河原、連続殺人事件の被害者の家族、河原の冤罪を支援する会の人々、河原を取り調べた刑事、河原と獄中結婚する女など事件にかかわる様々な人たちの視点で描かれている。あたりまえのことながら立場が違えば同じ出来事に対する見方も変わってくる。ただ、このあたりまえのことを利用して伏線が次々と仕掛けられていく。

 それに加えて登場人物たちが曲者ぞろいである。河原は濡れ衣をきせられたかわいそうな人でもなければ、支援する会も冤罪事件に憤りを感じている人たちとは単純には描かれていない。一方、刑事も正義の味方ではないし、被害者の会は無罪判決を受けた河原をしつこくつけまわすいやらしさを発揮する。

 冤罪イコール善良な市民が警察権力によって罪に陥れられるという構図を捨てることにより、物語は先の読めないミステリーに仕上がっている。折原氏が得意とするトリックの世界を堪能できる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二時間ドラマ?

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/04/09 01:57

評価2 投稿者:菅野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ノンフィクションライターの五十嵐は、連続婦女暴行魔の取材過程で恋人を取材対象の暴行魔に殺される。一連の婦女暴行では立件されなかったが、五十嵐の恋人に対する暴行殺害の罪で服役中である。その河原から五十嵐は冤罪を主張する手紙を受け取る。本当に河原は冤罪なのか、真犯人は別にいるのか、物語は二転三転する。
 本書のタイトル「冤罪者」に「STALKER」とルビがあるが、この意味は読後に分かるようになっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2005/09/21 17:11

一言、怖い・・ですね。
異常者の心理の描写が真に迫ってます。
初めての作家さんですが一気に引き込まれました。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/10/06 16:46

『冤罪者』→『失踪者』→『沈黙者』とお読みください!
どんなに見破ろうとしても折原氏の叙述トリックは見破れない!

評価5 投稿元:ブクログ

2008/06/29 07:00

 ノンフィクション・ライターとして働いている五十嵐友也は、自分の婚約者を昔、亡くした過去があった。不幸にも、当時騒がれていた連続婦女暴行殺人事件の被害者となってしまったのだ。しかしながら犯人は捕まり、10年たった今はもう、自分も新たな相手を見つけて結婚し、落ち着いた生活を送っている。五十嵐にとってはもう思い出したくも無い事件、それなのに・・・。仕事仲間に呼び出された五十嵐は、犯人・河原輝男が今になって無罪を訴え控訴、そしてなんと助けてほしいと書いた手紙を送ってきたことを知らされる。

 おもしろかった!冤罪というタイトルから、社会派的な物語かと思いきや、それだけというわけでもなく。もちろん、河原が本当に犯人なのかは最後までつきまとってくる問題であるが、あちこちに仕掛けてある叙述トリックや細かな設定が、最後に見事にはまっていく感じが快感。どうしてこうなっていたのか、どうしてそんな行動になったのか。全てに説明がちゃんとついている。分厚い本だったのに、ものすごく短く思えた。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/13 16:01

【2005.04.04.Mon】
12年前に起こった中央線沿線連続女性暴行殺人事件。其の最後の被害者となった水沢舞の件で起訴され、第一審で無期懲役判決を受けた河原輝男から冤罪訴える手紙。それを受け取ったかつての舞の婚約者であったノンフィクション作家五十嵐智也は12年前の事件の真相に迫ってゆく。事件に関わっていた全ての人が様々な形で自分の信念を貫こうと動き出す。どれが正しいのかはわからない。五十嵐のおかげで無罪放免となった河原もやはり怪しい。そんな疑惑や謎を抱えながらラストへと進んでゆく。事件の全貌は意外なところに隠されていた。ラストまで読み終えると文章の途中途中にヒントが隠されていたことに気づく。感嘆。叙述トリックの罠にはまるのはなんとも楽しい。やみつきになりそうだ。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/10/01 20:40

不快指数高いわ〜
婦女暴行って犯罪が不愉快この上ないのは当たり前だけど、出てくる人が(主人公さえも)みんな不快で、読んでるうちに誰も信じられなくなってくる。
だけど読み終わったときの納得度も高い。
曖昧に終わってしまう部分もあるけど、これぐらいならおもしろいし。
ま、知らない方が幸せなこともあるから・・・

評価4 投稿元:ブクログ

2010/09/24 10:13

12年前に恋人を連続婦女暴行犯によって殺されたノンフィクション作家の五十嵐はその犯人から自分は冤罪であると訴える手紙を貰った事を切っ掛けに事件を見直していきます。
タイトルに冤罪とあるので一見、社会派的な内容かと思われますが、それだけではないのがこの作品です。
しかし、出てくる人間が誰も彼も怪しく見えてきます。
折原先生マジックですね。
折原先生に怪しい人物を書かせたら右に出る者はいないんじゃないでしょうか。
犯人については意外な犯人ですし、小谷ミカの正体にもやられました。
あちこちの仕掛けが凄いです。
そして、最後の最後はやってくれましたね。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/09/23 07:15

最後の最後までドキドキもんです!!ただ、ラストが・・・竜頭蛇尾の感が否めない(;^ω^A それでもおもしろいのがさすが折原一さんというところか?(*^m^*)

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/24 11:36

最後まで飽きさせないスピード感溢れる一冊。
その斬新な描き口に魅了されました。
登場人物を都度疑ってみるけど最後までわかりませんでした。
でもネタが分かると「ああ、なるほどね」って思わせるところが、さすが折原さんです。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/08/26 16:48

ラストのラストまで、誰が犯人なのかがさっぱりでした笑

小谷ミカがまさか・・・

びっくりしましたね。本当に

折原さんにはお手上げです。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/03/12 05:29

連続レイプ殺人事件と放火事件。フリーライターが遭遇した事件だが、自分がその事件に大きくかかわっている。
面白い。

評価3 投稿元:ブクログ

2003/01/20 15:48

ノンフィクション作家・五十嵐友也のもとへ連続婦女暴行魔として拘置中の河原輝男から手紙が届いた。冤罪を主張し、助力を求める一方的な内容に眩暈を覚える。かつての恋人だった水沢舞を河原に殺された五十嵐にとってそれはただ不愉快な内容でしかなかった。
河原の言うとおりこれが冤罪ならば舞を殺した真犯人が居るのだろうか?


あ〜。粗筋すげー端折った(笑)めんどくさいのと覚えてないのがその理由。
相変わらず、折原マジックが入ってます。なかなか面白いどんでん返しがあるので結構楽しめたし、最後のちょっとした河原の独白がスパイス効いてます。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.