詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

全品10倍(エントリー式)(~5/26)

電子書籍

柘榴坂の仇討(中公文庫)

一般書 読割50

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

柘榴坂の仇討

浅田次郎 (著)

電子書籍

108 ポイント:1pt

紙書籍より:529円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

108 (1pt) 箱館証文

紙書籍より:529円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

108 (1pt) 西を向く侍

紙書籍より:529円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

関連する電子書籍をもっと見る

紙書籍

637(5pt) 五郎治殿御始末 (中公文庫)

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

井伊直弼の駕籠回り近習として、桜田門外の変で主君が討ち取られるのを防げなかった侍。井伊直弼の首級をあげた直後、切腹しようとして果たせなかった暗殺者。明治維新の激動を経て、...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC XMDF 169.9KB 無制限
iPhone XMDF 170.0KB 無制限
iPad XMDF 170.0KB 無制限
Android XMDF 170.0KB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

井伊直弼の駕籠回り近習として、桜田門外の変で主君が討ち取られるのを防げなかった侍。井伊直弼の首級をあげた直後、切腹しようとして果たせなかった暗殺者。明治維新の激動を経て、再び二人の人生が交錯する。短篇集『五郎治殿御始末』所収の一篇。

著者紹介

浅田次郎 (著)

略歴
1951年東京生まれ。日本ペンクラブ会長。95年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、97年「鉄道員」で直木賞、2000年「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞を受賞。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(22件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(14件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/01 16:12

不器用にも時代を見つめ始めた侍達。
変わり身の早いものは、さっさと髷を落とすものも多い中、
なじめないでいるものも多かった。

日本が古来のものよりも外来の物を好む傾向ってのは、
昔からの性分なのかなぁ、と思った。

読後は時代に思いをはせ、しんみりしてしまう。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/08/12 08:20

御一新後の武士の話というのを読みたいなぁと思っていたので。長く続いた古い時代を壊すのより新しい時代を築く方がずっと難しいのかも知れないですね。300年余続いた政権の中で生きてきた武士「だった」人達のやるせないような切ないような、だけど暖かくもある話ばかりで流石浅田次郎という感じ。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/04/11 16:04

短編集。明治維新という大きな時代の境目を懸命に生きた人々を描く六篇。「遠い砲音」と「柘榴坂の仇討」がよかったです。「遠い砲音」は、西洋定時(1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒)を体得出来ず、「遅刻じゃ、遅刻じゃ」と四苦八苦する「侍」の話。「柘榴坂の仇討」は、桜田門外の変で井伊直弼を守れず、自身は死に損なった「侍」と、井伊直弼を討った「侍」が再会する話。文体、表現が達筆で本格的時代物で固い文章です。でも、そこはやはり浅田次郎さん。時にしんみり、ほろりとさせられる本です。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/13 15:46

【2006.02.16.Thu】
江戸時代から明治時代へと大きく変化を遂げる明治維新。全てが新しく生まれ変わろうという時代に、人々は何を思ったのか。過去にすがり、嘆く。そんな人々は数え切れないほどいたのであろう。しかし、そこから生きることへの執念を胸に新しい時代へと向かう武士たちの姿が描かれている。現代にも日本は改革を続けている。人々はそれに惑わされ、憤りを感じ、賛辞を送り…様々な感情を募らせてゆく。しかし、やがてそれが日本となり、人々の生活に何事もなかったかのように浸透してゆくのだ。諦めなどではない。それほど人間は前を向いて生きる生き物なのだと思う。「旅というものはの、決して後戻りしてはならぬ。」長い人生の旅路で全てを受け止め時には立ち止まることもあろうが、いつでも見つめる先には未来の自分。人間がいつの世も忘れてはならないことがこの本には詰まっている。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/07/06 04:21

060601購入/060705読了/日本の夜明け前後、名もない志士たちがどのような生き様を見せたのかという着眼点がよろし。さすが浅田、読ませます。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/12/24 13:33

ご一新後(明治維新後)の元・武士達の日常を描いたお話。 激動な時代を精一杯生きてます。 今も激動の時代とか言いますが、このときほど歴史が大きく変わり、人々の生活に変化をもたらしたことはないだろう。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/08/25 13:39

浅田次郎は4作品目。明治維新期の大変動の最中、これまでの価値観の大きな転換が迫られる時代下での話。短編集であるが、「五郎治殿後始末」の本で述べられる著者の主人公の言葉、「男の始末とは、そういうものでなければならぬ、けっして逃げず、後戻りもせず、能う限りの方法で、すべての始末をつかればならぬ」という発言が非常に印象深く、仕事人として、また父親、夫として今後生きていくうえでこの気概は持っていたいと感じた。また、現在海外に住んでいるからか日本人の忘れたくない文化のようなものも感じた。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/03/18 18:37

「男の始末とはそういうものでなければいけない」。うーむ、現代にも通じるところがあるようないような・・・

評価4 投稿元:ブクログ

2008/10/23 16:24

歴史の授業で学んだ明治維新。授業だとすぐ終わってしまう中に立場が違えども、こんなにも多くのドラマがあったことに気づかされました。人がこれほど変化を求められることなどなかなかないのではないでしょうか。
「男の始末とは、そういうものでなければならぬ。決して逃げず、後戻りもせず、能う限りの最善の方法で、すべての始末をつけねばならぬ。」私は女だけれども、決して振り返ることなく生きていける人間でありたい。そう言うことも考えることも簡単だけれども実際に行動にすることは本当に難しい。
(借り)

評価4 投稿元:ブクログ

2008/03/22 03:01

浅田次郎の書く歴史モノが好きな人には、超オススメ。
短編を読むと、それぞれの作品が異なる表情で出迎えてくれる。
歴史小説の短編集。歴史ものばかりで、まとまりのあるストーリー。
それでいて、すべてが個性的で面白いんだから、浅田次郎はやっぱすごい。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/12/30 00:00

いい。これはイイ。

幕末、明治の始まりの時期。

近代の波が押し寄せるなかで、消えゆく武士たちの姿を描いた、短編6つ。ガス灯の下を二本差しが歩いていた、ふたつの時代が溶け合う時代。男たちの苦悩に心を揺さぶられます。

いちばん好きだったのは「柘榴坂の仇討」。桜田門外の変ははあまりにも有名な話だけれど、あの話の裏側をこういう視点で語ったのはものすごく新鮮だった、そして泣けた。井伊直弼の警護についていた男と、直訴状とみせかけてクーデターの口火を切った犯人。死にそこね、幕府は倒れ、時代はすべてが変わり、、、身の置き所がないまま生きる男たちを、運命はまた引き合わせる。断言します、この短編はかならず映画かドラマ化される。私は女だから、金吾の妻、せつの胸のうちが、染み入るものがありました。この装丁の椿の赤さには大いなる意味があるのです。と私は思う。だって、この短編集にはすべて 「赤色のもの」 が登場人物たちの言い尽くせぬ思いを語るべく出てくるのです。 「椿寺まで」でも、赤い椿の大樹がラストを彩り、新太は落ちた椿の花頭をそっと胸に入れる。それはきっとお母様の想いを、胸に仕舞いこんだのでしょう。 「箱館証文」では赤い赤い楓が。ひとつひとつ取り壊されていく江戸城の御門のなかで最後に残った楓の御門。ここに佇む楓の大木の赤と、3つの証文を焼いた火鉢の火の赤が脳裏で重なります。 「西向く侍」では最後に昏れゆく西空の赭。 にしむくさむらい、は2、4、6、9、士 で、ひと月が31日までではない小の月を覚える言い方ですが、まさにその、西暦が日本に入ってきて、陰暦から陽暦に変わるために、12月がごっそりないことになってしまった明治5年の話。12月2日を突然晦日とされ、3日になるはずだったその日から明治6年は始まった。こんな強引な帳尻合わせが実際行われたんですね。西向く侍、という素晴らしい語呂合わせに絡めて、西の朱空を見つめる勘十郎が見ているものは、時代そのものだったのかも。 「遠い砲音(つつおと)」を彩るのは近衛兵たちの緋色の軍袴。明け四つ暮れ六つ、日の入りの鐘も毎日ずれていくようなゆるやかで曖昧な時が流れていた時代から、西洋定時が導入され、秒刻みの一日になった明治の軍隊。そりゃ混乱するよなぁ。頭も体も新しい時代についていけない彦蔵にものすごく共感する。薩摩の大隊長殿はまた悪役かなと思ったけど、最後に粋な面を見せてくれてちょっと嬉しい。そしてラストであり表題作である 「五郎冶殿後始末」 これはストーリーとしては一番重い。このお話の「赤」 は 半之助が命を拾ったあとに目覚めた尾張屋の奥座敷を照らす百目蝋燭。過ぎ行く時代に添い遂げるはずだった命を、新しい時代が照らした瞬間だったと思う。五郎治の“後始末”は人としてかくあるべし、という教訓を学ぶことができると思う。

これは浅田ファンならずとも、ぜひとも読んでほしい1冊です!

評価0 投稿元:ブクログ

2009/10/26 17:16

浅田次郎です。


世は「明治」となる。

1000年の歴史の中、変化をしながらも

脈々と受け継がれてきた武士の世が終わってしまった。

江戸が東京になり、刻がアウワー(hour)に・・・

通りにはガス灯が並ぶ。


御一新(明治維新)・・・

武士であることが武士である武士が

武士でいられない世になれば

武士として武士への始末をつけなくては。



表題「五郎治殿御始末」など6編の短編集です。

御一新を生きたまま超えてしまった武士達。

本当にこんな人がいたのだろうと思ってしまう本です。



「西を向く侍」が印象に残りました。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/08/24 00:28

井伊直弼の護衛役であった志村金吾。桜田門外で駕籠の傍らにありながら主君を守りきれなかった金吾は、幕府が倒れ仇討の意味が失われてしまった今でもその光景を忘れることができなかった。武士の時代に囚われたまま日々を過ごし、ようやく下手人の一人の行方を掴む。
――『柘榴坂の仇討』


御一新後、生きる道を変えざるを得なかった武士達の話。

あまり悲痛な感じではないものの、切なさが募る短編集です。本当は維新を迎えた時の決断に苛まれるような話が読みたくてこの本を手に取ったのですが、これはこれで良かった。時代小説の割には、文が簡易なのでとても読みやすかったです。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/08/17 19:15

江戸から明治へ。侍たちは変遷の時代をどう乗り越えてきたのか。
『壬生義士伝』の著者が綴る珠玉の短編集。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/18 00:00

浅田次郎の五郎治殿御始末を読みました。明治維新で居場所を失ってしまった侍たちが、自分の誇りにかけてどのように身の始末をしたか、という短編集でした。侍たちの覚悟と行動が浅田次郎らしく物語られていきます。今、この時代に生きている私たちから見ると、かの時代は古きよき時代のように見えるわけですが、実際にどうだったのかなあ、と考えさせられます。そのような時代にしっかり引き際を考えて身の始末をした侍たちと比べて、100年後の私たちは人間的にも100年分だけ進歩しているのでしょうか。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

  • 現在お取り扱いができません

    発送可能日: 購入できません 納期・配送の目安について

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.