詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 進撃の巨人
  5. 進撃の巨人 attack on titan(13)

電子書籍

進撃の巨人 attack on titan(13)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2014/04/09
  • 出版社:講談社
  • ISBN:978-4-06-395044-1

コミック

進撃の巨人 attack on titan(13)

諫山創(著)

電子書籍

432 ポイント:4pt

紙書籍より:31円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

463(4pt) 進撃の巨人 13 (講談社コミックスマガジン Shonen Magazine Comics)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

エレン、ユミルを「故郷」に連れ帰ろうとするライナーとベルトルト。調査兵団は決死の突撃によりエレンを奪還する。だがその代償は大きく、さらにユミルがライナーの元に残る決断をし...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 42.1MB 無制限
iPhone EPUB 42.1MB 無制限
iPad EPUB 42.1MB 無制限
Android EPUB 42.1MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

エレン、ユミルを「故郷」に連れ帰ろうとするライナーとベルトルト。調査兵団は決死の突撃によりエレンを奪還する。だがその代償は大きく、さらにユミルがライナーの元に残る決断をし……。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(71件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 面白かった

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/04/30 18:00

評価5 投稿者:やっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の謎が

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

しんげき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/30 15:58

評価5 投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

進撃の巨人の一番面白いところがつまった巻だとおもいます。(こじんてきしゅかんですが!)エレンさいこうっす!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 王と中央憲兵

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/12 20:22

評価5 投稿者:ショコラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

巨人だけでなく政治的な問題もいろいろでてきます。
中央憲兵という憲兵の別ライン(?)も登場。

巨人発生の謎にも注目です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大人気ですよね。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/08 22:41

評価4 投稿者:サーラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コニーのふるさとが大変な事に。団長が生きててよかった。この巻は巨人との戦いは無いですね。人間同士の戦いに・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

言わずと知れた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/02/04 15:59

評価3 投稿者:クロぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大ベストセラーで話題に上ることも多いですが、やっぱり面白いです。完結してはいないので、評価は三つとしましたが続きが気になる本の一つです。
特に本書から王都に舞台が移り、世界の核心に迫りつつある気がするので首を長くして最新刊を待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

進撃はとくにしていない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/15 01:28

評価2 投稿者:amane - この投稿者のレビュー一覧を見る

進撃の巨人は、最初好きだったんだけど、10巻超えた辺りから世界の謎解きに入った感が強くてあんまり…

台詞が多いのはいいのだけれど、台詞が多いときに限って動きが少なく、淡々と人物が説明的にしゃべってるので、色んな意味で個人的に、読むのが疲れてしまうようになってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人気があるが残酷なシーンが多い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/18 09:17

評価1 投稿者:ホントマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても人気がある漫画で爆発的なセールスを記録し、テレビアニメ化やUSJでアトラクション化されているが、人間を巨人が食うという残酷で過激なシーンが多く、青少年の教育上、問題がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2014/05/06 06:21

エレン救出作戦でミカサは肋骨を折り、団長は腕を失って意識を失う。
アルミンは、エレンが巨人たちの攻撃対象を無意識のうちにコントロールしたのではないかと推測する。その能力こそがライナーたちのいう「座標」なのだろうか。
クリスタは本名と本性を現し、コニーの村の住人達と巨人の関係が明らかになる。
同期兵たちが集結したリヴァイ班は、塀の外から塀の内側へと調査対象を変えていくようになる。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/06/22 17:53

途中ブランクが空いたりして人間関係や話の流れが把握しきれてないままも読み続けてる(^◇^;)
今回はわかりきれてないながらも楽しめた。
ハンジの言うこと聞く巨人のエレン可愛かったw

なんでヒストリア役アルミンだったんだろw女子じゃねえのかww

評価3 投稿元:ブクログ

2016/01/20 00:59

エレン奪還から、ニック死去、リヴァイ班作戦まで。

巨人同士の戦いから、壁の中の政治的な部分の話スタート。
ヒストリアの過去も明らかに。
にしても、104期生はなんたる強運。
ほぼ生き残っているのが奇跡。

王政と調査兵団の戦いになってきた。。。
謎は増えるわ、人vs人になるわ。
忙しいな。。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/04/09 22:09

本当に絶望的な直面なのに笑いが多いって(笑)すごいなー進撃の巨人。
毎度の事だけど新刊が出るたびに1巻から読み返す癖やめたい…。
まあ比べるのも野暮だけどワンピースは絶望的な場面でも余り死傷者が出ないよね。掲載誌が少年向けだからだけど。
巨人は「え?この人が?」てのがあるだけに余計に辛いし続きが気になる。別マガ立ち読みか?
究極の再ブレーク漫画、超すごいなー\(^o^)/

評価5 投稿元:ブクログ

2014/07/03 02:48

今頃アニメ観てはまりました('・ω・`)
1~13購入。絵が苦手だな…、って一巻購入蹴った自分には先見の明が無かった。
そんな自分をボコボコにしたいぐらい面白い。好きです!

評価4 投稿元:ブクログ

2014/05/03 21:52

なんというか、画が激しくお疲れのような…^^; 引越し前に読んだから中身あんまり覚えてないけど(こら)ぐいぐい話が展開していってたような…そうそう、だんちょーが生きてたことに驚いたんだった(笑)

評価5 投稿元:ブクログ

2014/05/22 17:30

ユミルの過去にスポットあてた巻。
新リヴァイ班も結束。
ストーリーはあまり進んだ感がないけれどナゾを少しずつ紐解いていってる感じがたまらない。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/04/10 12:53

巨人満載の12巻とは違う、人間が絡み合う際に出現する緊迫した空気が濃い13巻。そんななかでもジャンとエレンのお前ら仲良しだな……と言いたくなるようなやり取り、ハンジさんの飽くなき巨人追及の熱意が遺憾なく披露される場面しかり。この漫画の世界にあったギャグが描かれていることに毎回感心する。それとリヴァイ翻訳機になったハンジさんにも笑った。アルミンが犠牲になった作戦で格闘するリヴァイの姿があんまりにもかっこよくて、この迫力が進撃の巨人だよなあと再び感心。いまだ届かぬ「悔いなき選択」1巻がますます読みたくなった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.