詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

キングダム 33(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

コミック

キングダム 33

原泰久(著者)

電子書籍

500 ポイント:4pt

紙書籍より:55円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

555(5pt) キングダム 33 (ヤングジャンプ・コミックス)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

共に、戦い抜いた。 山の民の加勢で、首の皮一枚で陥落を免れたサイ。ホウ煖と一騎打ちを繰り広げる信もまた、全てを使い果たしたその身で渾身の一撃を!? 長きに亘る合従軍戦、つ...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 63.1MB 無制限
iPhone EPUB 63.1MB 無制限
iPad EPUB 63.1MB 無制限
Android EPUB 63.1MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

共に、戦い抜いた。 山の民の加勢で、首の皮一枚で陥落を免れたサイ。ホウ煖と一騎打ちを繰り広げる信もまた、全てを使い果たしたその身で渾身の一撃を!? 長きに亘る合従軍戦、ついに決着!

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(6件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

今の楽しみ、先の楽しみ

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/01/19 11:39

評価5 投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

激しく熱く、そして大きな長い戦いであった秦vs合従軍の戦いが、
ようやくここで終わる。

その最後を締めるのは信とホウケンとの一騎打ちだ。
前巻の終わりでは、よくあることとはいえ、
メチャクチャいいところで終わってしまったから
コミックで読む立場には3ヶ月待ちきれない思いだったが、
ひとまず満足。

だが何しろホウケンである。
まだまだ戦いは続くのだろう。
それは信の成長をはかる物差しでもある。
以前に比べてどれぐらい通じるようになっているのか。
というわけで次の対決も楽しみだ。

そして、大きな戦いのあとでひと休み、という感じのこの巻の後半には、
まるで別種の戦いが待ち受けている。
軍と軍、その中での豪傑同士の一騎打ちというのともまた違った
いわば剣士対剣士の勝負。
このメリハリというのか、変化というのか、
これがたまらない。
なんとも贅沢なことに、いろんな楽しみを味わわせてもらえるわけだ。

そしてそれは違った戦いの魅力というだけではなく、
読者にとっての「再会」の楽しみでもある。
キョウカイが登場するのだ。

何しろ壮大な歴史物語だから、
主要人物だけでも登場する人間の数は多い。
そこには、死んでしまった人物が回想の形で登場することも含めて、
舞台からしばらく姿を消していた人物と再び巡り会える喜びというものがある。
ホウケンにしても、忘れた頃にときどき現れるのがいいわけだが、
今、読者が待っているNo.1はキョウカイだろう。
この巻の後半では、信の言葉などによる巧みなつなぎのあとで、
そのキョウカイの仇討ちの戦いが描かれるのだ。
これがたまらない。

またまたいいところで終わってしまうのはなかなかに辛いが、
3ヶ月後の満足は間違いないのだから、
楽しみに待つことにしよう。
必ずやってくるはずの、キョウカイと信たちとの再会も今から楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2014/05/06 06:30

蕞(さい)攻防戦の最終盤。武神龐煖(ほうけん)と信の一騎打ち。信は奇跡的に龐煖を退ける。
李牧は山民族の登場で全軍退却を命じる。
合従軍は函谷関から撤退し、返す刀で斉に攻め入る。
論功行賞で、信は三千人将に昇格する。感慨深い。
後半は久々の羌瘣(きょうかい)編。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/01/20 14:55

合従軍編長かったなあ。

後半はきょうかい(変換が…)の久しぶりな話。

タンワ様が最強すぎるおまけマンガが(笑

評価5 投稿元:ブクログ

2016/05/21 00:20

共に、戦い抜いた。山の民の加勢で、首の皮一枚で陥落を免れたサイ。 ホウ煖と一騎打ちを繰り広げる信もまた、全てを使い果たしたその身で渾身の一撃を!? 長きに亘る合従軍戦、ついに決着!(Amazon紹介より)

評価0 投稿元:ブクログ

2014/04/19 09:54

やっと合従編終わった。ひと段落ひと段落。追いついてからは最新刊が発売されるのを楽しみに1巻ずつ読んでるけど、一気に読んだ方が面白いかも。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/03/11 09:39

長かった五カ国連合体秦、やっと終わりました。史書ではほんの一言で終わってるってのも衝撃的だけど、それをここまでよく引っ張りました、って感じ。見せ場は多かったし、終盤に至って、若き日の始皇帝の活躍も存分に描かれたから、面白いことには違いないけど。で、これからいよいよ天下取りに向かってまっしぐら、なのかな?

評価5 投稿元:ブクログ

2016/04/18 18:04

戦いの後が気持ちいい。論功行賞は書く方も楽しそう。史記には二、三行ほどしか書かれていない戦でここまでエピソード広がるといよいよキングダムが完結しない気がする。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/01/25 11:36

合従軍編終わったー! 長かったー!
しかしよく毎巻この熱量が保てるもんだなと感心してしまう。
論功行賞が終わって信が出世街道ばく進中なのがいっそ小気味良い。壁さん頑張れ超頑張れ。
次巻はキョウカイ編でしょうか。楽しみです。

評価2 投稿元:ブクログ

2016/03/09 22:03

ついに合従軍と秦の攻防線に終止符が打たれ、信はついに三千人将へ昇格。一方そのころ姜嵬は象姉の仇をうつべくある女と対峙する。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.