詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

七つの大罪(8)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2014/05/16
  • 出版社:講談社
  • ISBN:978-4-06-395054-0

コミック

七つの大罪(8)

鈴木央(著)

電子書籍

432 ポイント:4pt

紙書籍より:31円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

463(4pt) 七つの大罪 8 (講談社コミックスマガジン shonen magazine comics)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

解かれた封印。男の名は〈色欲の罪〉・ゴウセル! 戦闘騎士団〈暁闇の咆哮〉が首を狙う“鎧巨人”。そこには戦慄すべき冷酷な秘密があった。真実を知り、英雄は惑い、過去を知り、王...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 38.0MB 無制限
iPhone EPUB 38.0MB 無制限
iPad EPUB 38.0MB 無制限
Android EPUB 38.0MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

解かれた封印。男の名は〈色欲の罪〉・ゴウセル! 戦闘騎士団〈暁闇の咆哮〉が首を狙う“鎧巨人”。そこには戦慄すべき冷酷な秘密があった。真実を知り、英雄は惑い、過去を知り、王女は覚悟を決める。託された想いに、メリオダスが下す決断とは!? そして、始まる世界破滅のカウントダウン。後手に回った〈大罪〉は、王国に急行。一大決戦の火蓋が切って落とされる!

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(23件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

新世代

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/04 12:03

評価5 投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色欲の罪ゴーセルと合流した七つの大罪。
首を刎ねられても生きている魔物。そこに魔物と人間を見い出し戦えないメリオダス。エリザベスの助けで目覚める!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

豚の帽子亭の間取りが!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/25 00:50

評価5 投稿者:ポワールウィリアムス - この投稿者のレビュー一覧を見る

マイペースな色欲の罪のゴウセルが果たしてどんな役に立ってくれるのか(笑)
聖騎士たちの強さ、存在は果たして王国にとって邪悪なのか。
謎が深まり、サスペンス要素も濃くなる8巻。
敵の影が交錯する緊張感の合間に、キングの秘密が暴露され!?
気になる帽子亭の間取りがわかるオマケも充実!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続きが楽しみ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/05/09 08:01

評価5 投稿者:simple-project - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく面白い早く続きが読みたいです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/07 17:24

ゴウセルと鎧巨人のエピソード。
鎧巨人の中身は、どうやら聖騎士のなれの果てらしい。ヘンドリクセンの目的が少しずつ明らかになる。そしてドレファスの過去の罪も。
エリザベスがヘンドリクセンの勢力に奪われ、メリオダスたちは王都へ攻め入る。
ときを同じくして、キャメロットの新王アーサーが現れる。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/12 23:06

哀しい“鎧巨人”の正体……!このエピソードで一気にダークファンタジーっぽい雰囲気が漂い始めます。
ゴウセルが何者なのかも気になるし(明らかに人間じゃないし、団長が何者なのかも知ってるっぽい)、ギルサンダーとマーガレットも何やら怪しいし、気になるところがたくさん・・!

評価3 投稿元:ブクログ

2014/04/24 23:04

アニメ化か〜
まだ7人そろってないのにね〜
面白いけど…エレインとヴァンってそういう関係なんだ…とかそう言う所が微妙に気になりました(笑)

評価5 投稿元:ブクログ

2016/03/29 18:03

仲良きことは美しきこと………なのか?って天然。だから小さくなってたのかと理解、先に会ってちゃいけなかったってことか。あとエリザベスを守るのにはそんな理由もあったのかと。ギーラの父さんうおおおお!!!ディアンヌ投げたー!!!それを見守るキング可愛い。ぼんれすぼんれす。ギーラとハウザー!!!!お久って。ヘンドリクセン若いのかっこいい。キング!!!!!

評価5 投稿元:ブクログ

2014/05/16 18:41

ゴウセル良い。特に、
「・・・なら いつか また会えるな」
は良かった。

みんなデタラメに強くて、危機感とか危うさがなさ過ぎて、なんか物足りなさを感じてた。ゴウセルの台詞はなんか弱さが上手く出たと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/14 18:57

ほうほう。話が一気に進んだなあ。相変わらず強さが爽快で団長がカッコいい。アニメ化しやすいだろうけど、話は簡単なのであっというまに原作に追いついてしまう気がするw

評価4 投稿元:ブクログ

2014/04/27 09:19

鎧巨人に向けて聖騎士の必殺の矢が放たれた時、間一髪、その矢を受け止めた男が居た。
雨に打たれ、静かにたたずむ彼こそが5人目の大罪人、〈色欲の罪〉ゴウセルだった…!

ゴウセルくん不思議くんだ~(笑)
見た目女の子みたいに可愛いのに、空気読めない超マイペースぶり。また新たに個性豊かなメンバーが加わったなぁ。
気付いたらもう5人集まったんですね~。あと2人!

鎧巨人の正体にはちょっとしんみりしちゃいました。
ギーラ、それお父さん…!!
たぶん分かってないんでしょうが、それがまた可哀想で。分からなくなってしまうところまで変えられちゃったのが。

そしてギルサンダーと牢屋に入れられたマーガレット姫の関係が気になります。マーガレット姫はエリザベスと同じ考えみたいですけど…。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/02/21 13:50

解かれた封印。男の名は〈色欲の罪〉ゴウセル!
戦闘騎士団〈暁闇の咆哮〉が首を狙う“鎧巨人”。そこには戦慄すべき冷酷な秘密があった。
真実を知り、英雄は惑い、過去を知り、王女は覚悟を決める。
託された想いにメリオダスが下す決断は!

鎧の中身が予想外すぎてびっくりした。聖騎士側ちょっと残酷すぎませんか。
メリオダスとバンの対立が印象深い。でもバンの言い分の方が正しいかなぁ。というかバンは不死者だからってあっさり殺されすぎでは…一応痛みはあるんだろうに。誰かもう少し心配して上げて欲しい。
新メンバーのゴウセルがマイペース過ぎて面白い。こんなにキャラが濃いとは思わなかった。
けど事態は急展開だったなぁ。続き気になる。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/09/07 18:58

ゴウセルの鎧に覆われていた化物がギーラの父とは。
彼が幻の中でギーラとジールに言った情景が切なくて頭から離れません。

それからkingの体臭。
花の薫りがするなら、
妹エレインもそうなのかな、と想像してしまいました。

そして最後にArther王が登場。
1巻で作者がArther王の話と言っていたので、
これからの展開が楽しみです!!

評価3 投稿元:ブクログ

2014/10/24 01:24

解かれた封印。男の名は〈色欲の罪〉・ゴウセル! 戦闘騎士団〈暁闇の咆哮〉が首を狙う“鎧巨人”。そこには戦慄すべき冷酷な秘密があった。真実を知り、英雄は惑い、過去を知り、王女は覚悟を決める。託された想いに、メリオダスが下す決断とは!? そして、始まる世界破滅のカウントダウン。後手に回った〈大罪〉は、王国に急行。一大決戦の火蓋が切って落とされる!(裏表紙より)

ゴウセルって男だったのね…汗

評価4 投稿元:ブクログ

2014/07/06 08:53

5〜8巻

〜5巻までは主人公たちが強すぎてどうなのと思っていたが、魔族の存在に、ヘンドリクセン派の新世代の登場、さらに第3勢力アーサーの登場と巻を追うごとに面白くなってきた。

引っ張りすぎずに謎が明らかになってくれつつ、新たな謎や伏線がはられていくので続きが楽しみ。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/05/02 02:04

ゴウセル がなかまになった!
な巻でした。ゴウセルかわいい。
そして、ギーラのおとうさまだったとは…。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.