詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

All You Need Is Kill 1(ジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

コミック

All You Need Is Kill 1

桜坂洋(原作), 竹内良輔(構成), 安倍吉俊(キャラクター原案), 小畑健 (漫画)

電子書籍

400 ポイント:3pt

紙書籍より:60円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

460(4pt) All You Need Is Kill 1 (JCヤングジャンプ)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴ...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 50.9MB 無制限
iPhone EPUB 50.9MB 無制限
iPad EPUB 50.9MB 無制限
Android EPUB 50.9MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく――。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(57件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 内容が面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/19 17:27

評価5 投稿者:ヒロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画にもなった作品だったので興味がありました。主人公が何度も死ぬので残酷で読みにくいと思ったが読んでいるうちに引き込まれてしまいました。ヒロインは幼い感じでかわいらしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/09/30 09:41

評価5 投稿者:りーや - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ALL YOU NEED IS KILL

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/04/22 20:29

評価4 投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画にもなりましたね。
上映はすっかり終わりましたので、見逃してDVDやBlu-rayを観ようと思っている方は、さわりでも原作を見ていると主人公に何が起こっているのか分かりやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 映画より良かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/14 13:48

評価4 投稿者:NMT - この投稿者のレビュー一覧を見る

実写映画がソコソコ面白かったので漫画も購入。
映画よりもずっと面白く引き込まれる作品でした。
何巻も続くとダラダラしてしまいますが、全2巻ですっきり終わるのもGOODです。
内容に触れるとネタバレになってしまうのであえて内容は書きませんが
ストーリーも絵柄も構成もとてもよい作品でした。
2巻そろえても1000円以下ですからとてもお買い得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小畑先生の

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/15 00:57

評価4 投稿者:amane - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵にひかれて購入。

原作は小説とか、それを脚本と映画化が予定されてるとか、そういった情報は一切知らず、ただただ作家買いしたのですが、全然原作知らなくても面白かったです。

前編後編の2巻だけ、というコンパクトさが好印象。(最近のマンガ、長いの多いので)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2014/08/23 13:46

異星人との戦争で主人公が時間ループするSF。同じ時間をループするもう一人と出会うところで下巻へ続く、うーん。映画はDVDになるまで待つ事にします。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/07/19 12:46

謎の生物「ギタイ」と戦う人類。統合防疫軍で初出撃を控えるキリヤ・ケイジは、初の出撃で戦死する夢をみる。
しかし、死ぬたびに記憶を持ったままループしてしまうことに気づき、生き残るために自らを鍛える。
死地を幾度も経験することで、飛躍的に戦闘能力を高めていくケイジ。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/08/18 08:52

映画館での宣伝を見て、

「ループ物かぁ。日本的な発想……」

とか、思って見たら「原作・日本」の文字。原作・日本って、どういう意味よと思っていたのですが、そういうラノベがあったのですね。本屋で見ました。
まぁ、おもしろそうではあるのですが、見ることも読むこともないだろうなぁと思っていたのですが、小畑 建の絵でマンガ化ということで、購入。

ねぇさんが食いついて読んでいて、感想を聞いたら、

「怖い世界だ」

と案外悪くなかったので、わたしも読んだら、一気に2巻とも読んだ。

全2巻のマンガだけど、1巻の終わりもいいところで計算して終わっている感じでよいです。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/07/27 20:40

全2巻読破。地球外生命体と人類が戦っている時代、徴兵された主人公が戦いに出て戦死するも、目が覚めると戦う前のある時に戻っている…それを何度も繰り返すようになってしまう。謎のループからの脱出のため様々な試みをするが…。
設定がどことなく「ひぐらし」っぽい。頼りなさげな主人公がループを重ねるにつれ鋭くなっていくのが印象的です。同じ出来事を何度も繰り返す中で「ある面」だけ研ぎ澄まされていく様に、個人的にはデジャヴを覚えます…。だんだん謎が解けていくけど、最後は切なかったな。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/06/22 02:03

アクションもゴアも余裕、あと悪い顔大好きな画の魅力。同時にコマや話の流れがとてもリズミカルでメチャメチャ読みやすいのは構成担当の力かしら。次巻で終わりとは早くももったいなく思えちゃう。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/07/06 16:06

ハリウッドで映画化された桜坂洋の小説を漫画で。ループする戦場と、女神であり唯一ギタイと呼ばれる敵を倒せる女性戦闘員との出会い。繰り返すことで強くなるが、明らかになる、なぜループするのかという理由。ストーリーが非常に良く出来ていて、一気に世界に入っていける。全二巻なので、思ったよりも短い。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/09/21 21:06

トムクルーズ主演の同名映画を見た後、マンガを読みました。マンガの方が切ないね〜。(泣けはしなかったけれど)

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/27 01:27

何度もループすることが主人公にとっても敵にとっても生き残るための手段であるというアイデアは面白い。
ラストはヒネリが無かったなあ。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/07/14 11:04

テンポ良く話が進んでいくので、さらっと読める。小畑健の絵も良い。同じ世界を繰り返して強くなるストーリーが好きな人にオススメ。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/06/24 21:21

 電子書籍にて購入。
 あの小畑さんがまた漫画を描いたとのことで、二冊っきりだし買ってみました。って、今度トム・クルーズさん主演で映画化・実写化する作品の漫画とはw
 相も変わらず絵が素敵ですね。一番好きなのは『ヒカルの碁』のときですけれども。デスノは写実っぽ過ぎて、一部まではだいぶ好きでしたが。

 さて、内容はいたって簡単、宇宙人らに侵略された地球、みなが戦争で宇宙人と戦っていき、どんどん死んでいきます。
 主人公もおんなじで、初めての戦争時に宇宙人にぶっ殺されて死んでしまう、のですが、どうしてだか一日前にループする、というおはなし。
 『シュタインズ・ゲート』みたいなね。映画なら『バタフライ・エフェクト』かな。
 死んでは前日に舞い戻り、を何度も繰り返したのち、
「ならば殺されるのを逆手にとって、相手を知り、殺していけばどうにかなるのではないか?」
と悟り、より強くなって宇宙人どもを殺していく、と。
 原作は未読です。映画はどうしようw

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.