詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

コミック最大20倍ポイント(エントリー)(~5/26)

電子書籍

東京喰種トーキョーグール リマスター版 13(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

コミック

東京喰種トーキョーグール リマスター版 13

石田スイ(著者)

電子書籍

500 ポイント:4pt

紙書籍より:55円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

555(5pt) 東京喰種 13 (ヤングジャンプ・コミックス)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“僕は──「あんていく」に戻る” 6区のアジトを解散し、芳村の元へ戻る決意をしたカネキ。“ただの自分”を取り戻すため...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 50.6MB 無制限
iPhone EPUB 50.6MB 無制限
iPad EPUB 50.6MB 無制限
Android EPUB 50.6MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“僕は──「あんていく」に戻る” 6区のアジトを解散し、芳村の元へ戻る決意をしたカネキ。“ただの自分”を取り戻すために。一方、SSS級駆逐対象“梟”の居場所を突き止め、「梟討伐作戦」の決行に踏み切る〔CCG〕。“10年前の戦い”を彷彿とさせる様相に、歴戦の捜査官たちが集結する。「悲しみの装具」を携えて。その舞台は──東京20区・喫茶「あんていく」。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(22件)
★★★★★(14件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 重厚

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/29 11:53

評価5 投稿者:こーし - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻にむかって、重厚な物語になっていきつつある。
そこが、ゾクゾクして、魅力なのかもしれない。
いいねー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリアスな13巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/22 18:10

評価5 投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

13巻では、遺書を描かされる滝澤の内面の葛藤や絶望が印象的でした。また、カネキを死地に行かせまいとする月山が必死に引き留めようとするシーンも凄まじかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終14巻のひとつ手前

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/25 15:51

評価5 投稿者:ふぁ~くん - この投稿者のレビュー一覧を見る

漫画のレビューってのは、ネタバレしちゃいけないので、難しいですね。
とりあえず、
・人間を喰うというキモイ設定と絵面、
・SF的でもあり、奇想天外なストーリー展開が面白い、
・アクションだけでなく、いろいろなテーマを含んでいる、
といったところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/08/31 08:10

評価5 投稿者:Uta - この投稿者のレビュー一覧を見る

アオギリ編を超える面白さ。さらに深まっていく謎が見逃せない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 東京喰種好きなら買って損は無い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/13 13:46

評価0 投稿者:さとる - この投稿者のレビュー一覧を見る

細かい文字や戦闘シーンもアップしてよく見ることができるので本と同じように読めます。
また、いつでも見れるので東京喰種好きにはもってこいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2015/01/04 20:16

什造の生い立ちが明らかになり、彼の人格がいかにして形成されたか、もしくは形成されなかったかが語られる。
そしてついにCCGがあんていくの梟を狩るために総攻撃をかける。有馬、和修吉時も参戦し、文字通りの最終決戦が始まる。
魔猿の古間、黒狗の入見がその本性を現す。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/08/20 21:39

人間側、喰種側ともの心情が描かれているからこそ、凄い分苦しくなる。最後のおまけで泣かされかけた。文句なしに面白い漫画。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/28 21:46

捜査官と喰種の戦争.コマさんとイリミさんカッコいいな.でもやっぱり戦い続けてきた捜査官らの方が持久力とかとっさの判断力とかが優れてるんだろうか.
ラストに向かう様子がワクワクする.カネキと亜門の邂逅で終わるこの巻は結構好きだ.

評価5 投稿元:ブクログ

2015/04/07 21:18

トプシーの処刑【処刑:方法】飼育員のいじめに抵抗し、殺してしまったことから処刑が決まったメス象。当初薬殺を予定していたが、エジソンの電気会社が宣伝目的で電気処刑を提案したため、6600ボルトによる通電で往生した。この時の様子は同社のフィルムに収められ、全米で公開された。

ほぼ全世界の捕食者の頂点に立っていると思っている人間の、捕食される側を擬人化して考えると、狩られまいと向かってくるのは当たり前だよな…。この象の処刑の話知ってから、動物の方が愚かな人間を多目にみてやっているんじゃなかろうか、と言う気がしてくるよ。どこまでも悲しい… 日常的に殴られ、蹴られ、煙草の火を押し付けられ…正に虐待でしかない。やっている人間も虐待していると言う意識さえない時代の話としても、象は自分が苛められ気晴らしに暴力を受けていると理解していたんだよ…人間がそうされればそう感じるように。どんな形であろうと私は「虐待」を憎むよ。
什造は「サバイバー(生還者)」であるのだ…
ヤモリを生んだコクリアの尋問官…心底クズ野郎だ。

後生だ…カネキくん、行かないではくれまいか…
滑稽だが…気持ちわかるよ。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/08/22 01:24

ジューゾーの過去。。切ないぃぃー!!・゜・(ノД`)・゜・
と思って読み進めていくと
更にあんていくの面々がCCGと戦うあたりもなんだか切なくって。。

本編が、喰種側とCCG側どちらの視点からの話もあるのでどちらかに肩入れするの難しく更に切ない。。

そんな印象でした。

最後に金木んカッコヨイ。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/08/23 16:26

ウワアアアああああ
熱い!!

ようやくカネキが自分にとって大切なものの為に戦う事を決意。
モブキャラだったカフェ店員2人がまさかのかっこよさで思わず涙腺がゆるゆる

このままどう収束していくのか楽しみ!

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/06 13:42

13巻まで読んだのですが、これ14巻で終わりっぽいね!?
14に完結と書かれてたwww無くて借りれなかったけどwww

これも中々面白かったです。
きっと完結もそこそこ面白そうだなと思います。

私的にはそこまで陶酔するほどじゃないんですけども
健蔵は物凄く気に入っている漫画です、


キャラとかも結構魅力的なんだけど
どのシーンもどの展開もどこかで見た感が拭えず
新鮮味に欠けるといったところかな。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/08/30 12:25

10巻を超えた当たりからなんだかあまり面白くなくなってきた。今巻にいたってはひたすらバトルで見所なしといった感じ。ジュウゾウが傷みに鈍感な理由が描かれていたが、人間が傷みに鈍感になることはあるのだろうか?すぐに再生するグールでさえ傷みは感じるわけで、真戸にかんしても腕を切り落とされても平然としていたしCCGはそんなやつばっかりでかなり狂気じみているな。グールのほうがよほど人間らしい。主人公はグールと人間の中間でどちらの視点ももっているというのは分かるけど、普通のグールで、人間社会で生きていこうとしているトーカなどのグールも同じ様に中間的な存在であるように思う。最近はグールが人間っぽすぎて、人間が狂っている描写が多すぎる気がするなあ。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/18 16:58

カネキが「あんていく」へ戻ると決めた矢先、CCGによる梟討伐作戦が開始される。ここにきてついに魔猿が…w

評価5 投稿元:ブクログ

2014/08/21 10:25

今回ストーリーが大きく動きます!衝撃だったのは什造の過去。痛ッ…‼︎ 捜査官が皆遺書を書いて闘いに挑むという事実も胸を打つ。人間側の決意とグール側の覚悟と両方の思いが説得力を持って交差する。早くもクライマックス的に面白い。来週のカネキ対亜門が楽しみ!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.