サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

キングダム 35(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

コミック

電子書籍

キングダム 35

著者 原泰久(著者)

仕組まれた反乱。 自ら兵を興した成キョウだが、屯留に巣くう反乱軍のしかけた罠にかかってしまう。飛信隊は、異変を知ったエイ政の勅命を受けて…!

キングダム 35

500(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より55おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

キングダム 35 剣と盾 (ヤングジャンプ・コミックス)

555(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 60.8MB 無制限
Android EPUB 60.8MB 無制限
Win EPUB 60.8MB 無制限
Mac EPUB 60.8MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

多彩な魅力の中心は人間

2014/08/15 20:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらためて原さんの能力に唸らされる一巻。

内容は前後半で大きく変わる。
秦国内部の動乱が一応の決着を見てから、一転、またしても外部との対決へ。

物語全体を見ると、もちろんそれぞれ(とくに前半)
印象的な盛り上がりはあるにしても、
ともにより大きな動きへと向けて、まだまだ前座の段階だろう。

それでも、いや、だからこそというのか、
多様な魅力があふれ出てくるようでワクワクする。

陰謀、知略という頭脳ゲームの要素、
肉体のぶつかり合い(一回り大きくなった信は迫力を増した)、
過去の伝説、未来へのまなざし(今後の信を象徴する言葉も113ページに登場)
という時間的な広がり、それとからむ「成長」の要素、
人と人との絆、いつものさりげない笑いから、
ラブロマンスの要素まで。

なかでも、人物を魅力的に描き出す技がすばらしいと思う。

今回は何といっても成キョウだろう。
秦王である政に敵対する立場として、つまり悪役、憎まれ役とした成キョウの
人間としての深みがここで掘り下げられる。

続く新しい展開の中でも、またとんでもなさそうな連中が登場するし、
懐かしささえ感じさせる騰など、既にお馴染みの面々も、
その魅力が少ないスペースできっちり描かれている。

こうして一人ひとりの個性や魅力が丁寧に描かれるからこそ、
全体として圧倒的な面白さになるのにちがいない。

次からはまだその個性も十分には示されていない大物の敵たちとぶつかり合うことになる。
信やキョウカイたちがどう立ち向かうのか、今から楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【ネタバレ】将軍壁死

2016/06/05 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

剛力+羌カイ理論笑った。
年を経て女らしさが増した羌カイだが、こんなところは変わらない。
アクロバティック戦闘には更に磨きがかかったような。
スライディング戦闘にはびっくり。

意外に気が多いな壁兄貴。
人間味があっていいけど、まさかここで死ぬ予定だったとは!?
悪運も強いな、壁兄貴。
このまま最後まで生き残りそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/20 23:07

投稿元:ブクログ

成キョウがあまりにも成長していて、あんなことになって泣ける。なんでだーって言いたくなっちゃう。瑠依がかわいそうだ。
次の魏戦では魏火龍3人が敵みたいな感じだけど、見た感じレンパ四天王みたいな感じで強いんだろうけどイマイチ感が否めません。次巻を見てその感じが間違いだったことを祈るのみで(笑

2014/07/20 19:46

投稿元:ブクログ

通勤中に読むと、ドキドキして泣きそうだったり吹き出しそうだったり、きっと変な顔になってるのでよくない気がする。

蒙恬いなくても、王賁の一言が嬉しい。
3か月後が待ち遠しい。

2016/05/22 09:31

投稿元:ブクログ

仕組まれた反乱。自ら兵を興した成キョウだが、屯留に巣くう反乱軍のしかけた罠にかかってしまう。 飛信隊は、異変を知ったエイ政の勅命を受けて…!(Amazon紹介より)

2016/04/19 01:36

投稿元:ブクログ

屯留反乱戦、史記には書かれてないけど成嬌をいいもんにして死なせたのは作者の優しさ感じる。だんだん呂不韋の書かれ方が下衆くなってきてるきがする。著雍戦後で秦国政権争い決着するかな。

2014/07/21 20:46

投稿元:ブクログ

策略によって、反逆者扱いとなってしまったセイキョウさん。
彼の一生はどうだったんでしょうね。悪役としても嫌いではなかったですが、特に一度、政と共闘してからは落ち着きと、知略もあり、王として相応しい器にかなり成長していたんだと思います。救出は間に合わず没してはしまいましたが、最後はルイを思い、秦国を思って逝ったあたりがよかったです。
今後、強くなったルイが政とともに作り上げていく中華に期待してしまいます。

それにしても、壁が将軍まで上っていたとは。
家の出が・・・(ry
テンちゃんと、キョウカイが可愛いんですけど。
二人とも髪の毛もちょっと伸びて女の子らしくなってますね。
壁はセクハラ視線してましたが笑
後半は新たな戦争のお話。強そうですね。ファルファルファル。

四コマも素敵でした。誰だ、キョウカイに「俺も触りたいって言ったやつ!」うらやまけしからん。

格闘・アクション ランキング

格闘・アクションのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む