詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

七つの大罪(11)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

  • 販売開始日:2014/11/17
  • 出版社:講談社
  • ISBN:978-4-06-395219-3

コミック

七つの大罪(11)

鈴木央(著)

電子書籍

432 ポイント:4pt

紙書籍より:31円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

463(4pt) 七つの大罪 11 (講談社コミックスマガジン shonen magazine comics)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

第六の〈大罪〉・〈暴食の罪〉登場! ヘンドリクセンvs.〈七つの大罪〉。メリオダスvs.ギルサンダー。キングvs.ヘルブラム。そして、メリオダスvs.バン!!! 悲しみに...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 38.0MB 無制限
iPhone EPUB 38.0MB 無制限
iPad EPUB 38.0MB 無制限
Android EPUB 38.0MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

第六の〈大罪〉・〈暴食の罪〉登場! ヘンドリクセンvs.〈七つの大罪〉。メリオダスvs.ギルサンダー。キングvs.ヘルブラム。そして、メリオダスvs.バン!!! 悲しみに終わりはなく、激闘に勝者は見えない。決着をつけるべく、現れたのは、第六の〈大罪〉!! 驚天動地!!

ユーザーレビュー

全体の評価 4.6
4.6
評価内訳 全て(15件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

まだまだ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/12 00:55

評価5 投稿者:simple-project - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだまだ続くであろう「七つの大罪」ですが、人気の秘密、私は絵だと思っています。特に戦闘シーンのです。大人買いしたい漫画でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正義

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/04 16:50

評価5 投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

その眼は悪を見抜き、その口は真を語り、その心は正義に満王を守らんとするスレーダー。
6人目の暴食の罪マーリン。
話はクライマックスに進んでいく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/07 17:41

十年前の聖騎士長暗殺事件に始まる七つの大罪濡れ衣編のクライマックス。
ギルサンダーのエピソードが良すぎ。なんかまた最初から読み返したくなった。
アーサーと言えば円卓の騎士。そして魔術師と言えばマーリン。
まぁ、マーリンはアーサー王物語では爺さんなので、モーガン・ル・フェイ(魔女)っぽいけど。
そのうちランスロット卿とかも出てくるのかなぁ。わくわく。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/10/20 12:12

最新刊。
この展開だと早々に終わっちゃいそうかも?とドキドキしていたらようやく真の敵が現れそう。
そういえばまだ7つの大罪全員そろってなかったような気がする。そういえば。
エリザベスは可愛いなあ~ でもギル坊もかわいい。続きも楽しみです。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/30 17:33

色んな勢力が混戦してるので、全巻から引き続いてどんな状況になってるのか、ちょっと置いてけぼり感。すごい勢いで七つの大罪が出てきてるけど、ゴウセルも活躍しきれていないくらいなので、もうちょっとゆっくり進んで欲しいかな。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/07 17:36

熱いバトルの連続で今回もよかったです。
色々激動のあとにこのラスト。続きはどうなるのか楽しみです。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/10/22 20:16

ヘンドリクセンVSメリオダスVSギルサンダー。
その勝負の行方は…!?
そして第6の大罪がついに現れる!

ギルサンダーにすっかり騙されたよ!
「手強い敵」だったのが絶妙なタイミングでひっくり返されて、さらにマーガレット姫との恋愛にも昇華されて、もうほんとおいしいとこ全部持ってたなこの人!(笑)

あと第6の大罪も出てきましたね~。
マーリンとかまた有名な名前使って…! 
しかも名前負けしない大物ぶり。
大罪の仲間であることよりも、アーサーの魔術師であることを優先してる気がしないでもないです。

ヘンドリクセンさんはやっぱりあんなにアッサリ倒れるわけないですよね~(苦笑)
しかしなぜ若返った。
なぜ若返る必要があった(←前の方が好みだった)

そして前巻の終わりも「バンどうするの!?」って思ったけど、今回も同じことを思いました。バンどうするの!?
番外編がとても幸せな感じだったから、エレインには復活して欲しいけど…。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/02/21 13:48

ヘンドリクセンvs〈七つの大罪〉。
メリオダスvsギルサンダー。
キングvsヘルブラム。
そして、メリオダスvsバン!
悲しみに終わりはなく、激闘に勝者は見えない。
決着をつけるべく、現れたのは第六の〈大罪〉!

メリオダス側の戦闘もピーク。でもとりあえず国王は生きてたのね。なんか勝手に死んだのかと思ってた…。
前回オンオフでキャラ違いすぎだと思ったスレイダーが予想以上に忠誠心熱くてなんか好感度上がる。でも何でオネェ口調になるんだろ。
ギルサンダーも実は!て展開はおいしいんだけど、それにしてはしょっちゅう本気で殺そうとしてたような…。まぁ味方としては非常に心強いからいいけど。
あとようやくマーリン登場! てっきりあの気味悪い仮面魔導師なのかと思ってた、騙された。
せっかく一件落着かと思ったのに、まだ終わってない感すごい。とりあえず次巻バンがどうするのかが気になるところ…。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/08/30 08:11

あの戦況の中をGilbertの所へ辿り着けたMargaretが凄いと感じました。
前騎士長殺害が明らかにされて、解決して良かったです。

そしてマーリンが初登場。服装が凄いの一言。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/17 01:36

まだ解決してないけど、感覚的に一区切りした感じです。
色々事情も出揃って、黒幕も分かり。

巻末のバンの話が照れる…。///
良いなあこのカップル。

アニメ効果で更に楽しく読めるようになりました。原作どおりのイメージで、とてもうれしい。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/05/07 02:00

エリザベスすすす!!!!マーリン、せっかく登場したのに陰薄い…。ヘンドリクセンとヘルブレム?が名前混ざる…。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/08 22:04

ギル坊!彼に全てを持っていかれましたー。
男は約束を違えないもの……かっちょいいなぁ……

この漫画は、本当に展開が早いですね。
通常の漫画を何巻もまとめ読みしているような感じ(笑)
恐ろしいまでのスピード感だけれど、丁寧なお話が好印象。
「ダイの大冒険」並みに長く続けて欲しい。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/21 14:23

畳み掛けるようにいろいろ出てきて面白く読んだ。続きが楽しみ。12巻をカレンダーつきのが本屋であったら買いそうな自分がいる。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/10/24 16:49

相変わらずの王道であったり、アーサー王が始めて剣を握ってたの戦いだったり、賓乳を気にしてそうな七つの大罪メンバーに大歓喜という感じでした。
気にしてないのならそれはそれで・・・。

次回は団長と、ヴァンの話。
楽しみです。
あと、巻末の二人はほほえましいけど、そこはかとない犯罪臭がするんですが・・・。そうか、これが大罪か!

評価0 投稿元:ブクログ

2015/12/07 18:29

6人目の七つの大罪が現れたりギルサンダーが仲間になったりと色々と進展のあった巻 新世代たちが悪魔族に体を支配されていきメリオダス、ギルサンダーがやられそうになるなか二人を救うためエリザベスが自らを犠牲にし消えていってしまうそしてメリオダスを殺せと女神族に命令されたバンが戻ってきてさあどうなるのか?といった感じ ハラハラドキドキと胸を熱くさせてくれますね本当

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.