OP 経済ビジネス、新書・コンピュータ・雑誌ポイント最大50倍(~7/7)

猿の部長(PHP文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/05
  • 販売開始日:2014/12/05
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • ISBN:978-4-569-76224-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

猿の部長

著者 竹内謙礼,青木寿幸

アメリカの大学でMBAを取得した滝川は、中堅総合商社・ライフ商事への入社直前、こっそり忍び込んだ猿ケ島での祭礼中に気を失ってしまう。目覚めるとそこは、経済の中枢を猿が牛耳...

もっと見る

猿の部長

650(税込)

ポイント :6pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

猿の部長 マーケティング戦略で世界を征服せよ! (PHP文庫)

799(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカの大学でMBAを取得した滝川は、中堅総合商社・ライフ商事への入社直前、こっそり忍び込んだ猿ケ島での祭礼中に気を失ってしまう。目覚めるとそこは、経済の中枢を猿が牛耳り、人間をこき使うパラレルワールドだった!! 滝川は、ライフ商事の5つの事業部で、猿の部長たちにマーケティング戦略を提案し、年間利益10億円を目指すのだが……。「即日完売なのに、利益が出ない不動産事業部」「立地も広告も有利なのに、赤字続きの美容室事業部」「データ分析をしても、ヒット商品が出ないキッチン用品事業部」「徹底的なコスト削減をしても、利益ゼロの寝具事業部」「絶品スイーツなのに、全く売れないインターネット事業部」など、問題だらけの事業部を建て直すことはできるのか? そして滝川は、元の世界に戻れるのか?マーケティング知識ゼロでもよくわかる実践的なマーケティング戦略が満載。最後まで目が離せない、笑いと恐怖の新感覚ビジネスノベル。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

視点の勉強になった。

2015/02/05 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボルペン - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーケティングの詳しい知識はありませんが、よかったです。
マーケティングの考え方の、おそらく基本的なパターンをいくつも分かりやすく書かれていて勉強になりました。仕事柄、お客様との話題にもできますし、自分の仕事のマーケティングとしても試してみようと思うほどでした。実際の詳しい内容は、専門書的な書物に当たらないといけないと思いますが、マーケティングのとっかかりとしては非常によくできていると感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすく面白かった!

2015/01/29 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営学の勉強をしながら読んだので習った内容が出てきて復習にもなりました。また、小説ですが、勉強で習ったことがどうビジネスで使われているのかも見ることが出来ました。特に経営分析手法の欠点があることがよくわかりました。
ストーリーは取っ掛かりやすく、ラストには意外な展開もあり楽しめて読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/26 00:54

投稿元:ブクログ

本作はSWOT分析などのマーケティング論に特化しており、門外漢にはちょっと関心が持てなかった。会社員でなくても読んで面白いかというと、やや???

書きぶりは相変わらず誠実で理解しやすい。

2015/09/27 23:07

投稿元:ブクログ

・ コーヒーメーカーは仕事中や朝にコーヒーを飲むシーンを創出することで、市場を拡大させている(頻度を上げている)

2015/09/27 21:50

投稿元:ブクログ

正確に言うと小説ではない。

コミックエッセイのようなマーケティングの例を元に話が進められる。

名付けるなら事例型小説。
主人公が勤める事になる
ライフ商事のには5個の事業部があるが
不動産、美容院、生活雑貨、寝具、スイーツを使ったインターネット事業部と関連性は見つけにくい。
多分マーケティングの理論を説明する為にこれらの部署をピックアップしたのだろう。

問題をどう解決するかよりも流行りのマーケティング論理を使う事に必死になっている気がした。

豆知識としては
女性は美容師の技術を見ているというよりはコミュニケーションの場として美容院を考えている。
同じように料理教室に通う女性は料理が上手くなりたいわけではなく料理教室に通った私を褒めて欲しい。普段の料理は作業である。
300円のケーキのアンケートにアフターサービスがなってないと書く人もいる。

知識を詰め込みすぎない程度に
社会が良くなるようにマーケティングの理論は使えたらいいな。

2015/06/03 21:25

投稿元:ブクログ

 シリーズ3冊目で、慣れたためか、計算ネタがなかったためか不明だが、もっともすらすらと読めた。また、小説としても単純ながら面白さがあり、その点もよかった(本書でマーケティングの基礎をというわけでもなかったが、それもあらかた満たしていると思えた)。
 美容室のビジネスの話が、身近に具体例を見てきたせいもあり、特に良かった。

2015/04/27 14:28

投稿元:ブクログ

まずストーリーが十分合格ラインでした。
小説を通してなんらかの技術を学ぶ体の本ですが、十分楽しめたことは大きい。マーケティングについても一読では難しいが何度も読めば自分でも実践できそうと思えた。

2015/03/06 03:35

投稿元:ブクログ

猿の部長というタイトルに思わず惹かれて購入。
中身はマーケティング論を分かり易く書いたもので、主人公がその知識を使い、様々な業種の会社を再建に導いていく。

マーケティングの様々な手法を、それぞれの業種・市場での立場等から考え導いていくやり取りが、猿の部長との楽しい掛け合いで進められるので、ビジネス書の割にサクサク読むことができる。
ある程度知識を持った人は物足りないと思うが、入門書としては楽しく学べる一冊。

何故部長以上の要職が猿になってしまい、人は猿に使われる立場となったのか、そんな謎を追うプチSFミステリの意外な展開も魅力です。

最終消費者と直結した商売は、やはり面白そうだなと思う。
練った戦略やアイデアがハマった時には、たまらないやりがいを感じることだろう。

2016/06/24 22:30

投稿元:ブクログ

マーケティング戦略で世界を征服せよ! ―
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76224-1 ,
http://e-iroha.com/ ,
http://www.kabuvalue.com/

2015/01/02 10:30

投稿元:ブクログ

会計(『会計天国』)、投資(『戦略課長』)に続く、
第3弾のテーマは、マーケティングですね…。

でも…、
事業会社をケーススタディーにしているにも拘らず、
たぶん、主人公の言動が、社内コンサル的な評論家、
的な感じになってしまってるからだと思ぅんだけど、
前2作と比べて、客観性が乏しぃ印象だったかな~?

まぁ、指南書なので、その辺りは致し方なぃけど…。

でも…、
ベースのストーリーや設定がイマイチだったかな~?

前2作では、
なんとかオリジナリティーを出そぅとしてたけど…、
本作の設定は、「猿の○星」のパクリだからね~。
作者さんは、本職の作家さんではなぃとは言え、
奇を衒ってのパクリじゃ、興醒めしちゃったかも…。

骨格となる「マーケティング理論」については、
端々で、よぃキーワードも散見されていたし…、
マーケティングの初心者が、入門書として読むには、
ちょうどよぃ内容だったかな~、と思います…。

2015/06/13 13:34

投稿元:ブクログ

奇想天外な設定のビジネス小説第3弾。
部長以上はみんな猿という世界に迷い込んだ主人公が、猿の部長達を相手にコンサルするという話。
合間に唐突に入るギャグがめっちゃおもろい。

2015/11/19 08:29

投稿元:ブクログ

マーケティング本だが、理論の解説よりも実践的な使い方に焦点をあてている点が面白い。小説にしてきる分、面白くすんなりと読める。

2015/01/14 12:50

投稿元:ブクログ

マーケティング戦略をわかりやすく解説している本。
セグメンテーションの考え方、PLCなど。
一度読めば十分かな。話はそれなりに面白い。

2015/03/12 23:03

投稿元:ブクログ

マーケティング理論が架空の会社の架空の事業を例に理解できる構成。ときどき読み返すと発見があるかも。SWOT分析のくだりなんかは、「分析して、その次のアクションをどうするかが大事だよな」と再発見。

2015/01/06 12:46

投稿元:ブクログ

戦略課長や会計天国を読んで、ビジネス小説にはまり、今作も楽しみに読み始めました。
分かりやすさは今までと同様です。
展開は今までとはちょっと違っていましたが、
小説として読んでいるとマンネリ化してると感じました。
マーケティングの重要性を伝える為には、仕方ないのかもしれません。
でも、最後まで楽しく読めたのは今までとラストの感じが違うからかも。

サイト内検索

キーワードを入力