サイト内検索

詳細検索

★全商品最大30%OFFクーポン(~9/29)

人生のプロジェクト
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 97件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/12
  • 販売開始日:2014/12/12
  • 出版社: サンクチュアリ出版
  • ISBN:978-4-86113-913-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

人生のプロジェクト

著者 山崎 拓巳

なぜ、キミは忙しいのか?毎日を楽しむためには、目標達成までの期限を決めてしま うことだ。期限が決まれば予定が組める。予定が決まれば今やるべきことが見えてくる。夢をかなえる...

もっと見る

人生のプロジェクト

1,512(税込)

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

人生のプロジェクト

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 26.4MB 無制限
Android EPUB 26.4MB 無制限
Win EPUB 26.4MB 無制限
Mac EPUB 26.4MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ、キミは忙しいのか?

毎日を楽しむためには、目標達成までの期限を決めてしま うことだ。

期限が決まれば予定が組める。

予定が決まれば今やるべきことが見えてくる。

夢をかなえるまでのプロセスは単純だ。

間に合わないことがあっても、できない ことは何もない。

“やりたいことを最速で実現させる方法「PWA(段取り力)」の考え方を、ポップな写真と図解を使って分かりやすく解説。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー97件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

理想と現実のギャップを埋める

2009/11/14 00:46

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marekuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

プロジェクトマネジメントをわかりやすい形でまとめた教科書です。

帯には

”やりたいこと” と ”なりたいもの” を最速で
実現するための方法と考え方

とあります。さすがに”最速”の部分はちょっと
表現が過剰だなと感じましたが
だからと言って、本書の価値が下がるわけではありません。

本書の特徴を説明するなら
プロジェクトマネジメントの本の中では
もっとも写真を多用し、もっとも言葉少なめに
かかれたものになると言えるでしょう。

一枚の写真に一行の文。

そして、一行一行に人生を肯定するかのような
ポジティブな文章が並びます。
読んでいると心が鼓舞されたような
背中をポンと押されるような
そんな気になります。
そして本文は
かなり言葉少なめですが
それが故なのか、ストンと腑に落ちてきます。

中にはプロジェクトマネジメントについて
リスト化したり、1ページをフルに使って
解説したりもしていますが
それも非常に完結にまとめられています。

本書は、なんらかのプロジェクトに参加した後に
読むも良し、また帯にある

人生はひとつのプロジェクトだ!

という解釈のもとに読んでも良しと
得るところの多い作品です。

評者は仕事で様々なプロジェクトに参加し
かつ、他のプロジェクトマネジメントに関する本を
読んだ後に本書を読みました。

やはり得るところが多かったように思います。

ただ、プロジェクトマネジメントに関する
理論的な部分を詳しく知りたい方には
本書は向きません。

プロジェクトマネジメントを題材に使っていますが
自己啓発の要素が強いように思われたからです。


そういう意味では
ビギナーから、ある程度慣れた人まで
幅広く楽しめると思います。

最後に、評者が気に入った箇所を少しだけ引用
したいと思います。

    人が働くのには目的がある。
    自分がただ食べていくためか。
    愛する家族を養うためか。
    出世や名誉、より贅沢な生活を手に入れるためか。
    「自分は必要な人間だ」と世間に認めさせるためか。
    それとも働くこと自体、楽しいと思っているからか。
    時間を止めて、自分の心とゆっくり会話してみてほしい。
    (中略)
    人は「今より悪くなる」ことと同じくらい、「今より良くなる」
    ことに対して、恐怖心を抱くようだ。
    まずは自分がほんの少しだけ変わることを
    許してあげてほしい。
    根拠も自信も必要ない。
    すごいことは、いつもあっさり起きるのだから。
    (プロローグより)


手垢にまみれた”成功”という表現に嫌気がさしたときに
または自分の人生をあらためて考えるときに
そして、自己啓発書は食傷気味だけど
誰かにそっと背中を押してもらいたい時に
本書はきっと読者の見方になってくれると思います。
読みやすさ、読み返しやすさ、写真の印象の強さ。
それらを含めた上でおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/02 02:19

投稿元:ブクログ

大好きで尊敬している先輩のオススメの本です。
さらっとした内容だなぁ。
まぁ、何事も自分で一生懸命考えなくちゃいけないんですよね。

2010/03/07 13:41

投稿元:ブクログ

良い本です。


「人生のプロジェクト」実践セミナーDVD
http://www.sanctuarybooks.jp/takulife/

2011/06/11 16:44

投稿元:ブクログ

読みつつ、写真もおおいので感じることができる本でした。ずっと手元に置いておきたい本です。仕事においても人生においても勉強になりました。

2008/11/11 21:27

投稿元:ブクログ

大好きな拓巳さんの本。
発売してから、しばらく手に取ることをしていませんでした。

そして、モーレツにこの本を読みたいと思えたとき。
それは、私が一番この本を必要としていた時でした。
ありがとう!私は頑張れます!!

2007/12/11 14:36

投稿元:ブクログ

図や写真を使い、「目標」「段取り」「実行」「検証」について書かれています。

なぜ、きみは忙しいのか?

そのヒントをつかめます。

本というより、写真集や詩集に近いです。

写真と、短い文章でメッセージを投げかけてくれます。

あなたはこの本から何を受け止めるか?

まずは読んでみましょう。

人により、判断の分かれる本です。

2008/03/08 23:35

投稿元:ブクログ

とても感銘を受けた。
これは読み返せば、読み返すほど感じるものがある本、大事にしたい本。

短い文の中に筆者の想い・経験等が感じられる。
根本というか、コンセプト力というか、余計なものを削ぎ落とした中に本物が残るということを感じた。

本のセンスも良い。

2008/11/25 21:59

投稿元:ブクログ

具体的に実行することを決める。
親孝行をする というのは目的かもしれないが
それだけでは何をしてよいかわからない。
年に1回親を旅行に連れて行く というのが具体的なこと。
今の仕事に必要なことだよなぁ〜

2008年だったんだ。
これやっぱインパクトある。買おうかな!

2007/12/28 04:20

投稿元:ブクログ

夢をかなえるまでのプロセスは単純だ。間に合わないことはあっても、できないことはなにもない。

よく聞く言葉かもしれない。
それでも何かインパクトのある一冊でした。

人生はひとつのプロジェクトだ!!

2009/05/18 13:08

投稿元:ブクログ

毎日を楽しむために人生を楽しむために何をするべきなのが記されたメッセージ本。たまにはこういう一冊を読んで頭をクリアにして刺激を得るのも必要なことではないかと思います。色んなメッセージが言葉が詰まっており何度も読み返せる一冊です。

2011/11/22 18:19

投稿元:ブクログ

目標、段取り、実行、検証。
論理的思考の取り組み方だと思い手に取る。
最初と最後の方は海外の写真とコラムのように進める。
要は自分で目標を考え、紙に手段を思いつくままに書き出していき、
それを分別し、優先順位をつけて、頭を無にして実行。
虫の目線と鳥の目線。
成功したら、それを自分の常識にできるように身に着ける。
そんな1冊でした。

2008/01/17 06:54

投稿元:ブクログ

友達に勧められ読む。内容はプロジェクト(やりたいこと)を効率的に意識的に実行するための教科書。気づきもあった。全体的な印象は無意識的にやっていたことを本にぴしっとまとめてくれた、と言う感じです。だから無意識的になった時に意識を取り戻させてくれる本だと思う。もっとやろうと思ったのががP153。気になったのはP169でほかのページとは違う作者の思いを感じた。

2008/03/03 20:44

投稿元:ブクログ

独特の写真と、さりげなく心にしみるフレーズ。さすがサンクチュアリ出版!
今回は写真・フレーズだけでなくPWAの要素も取り入れている。世界一わかりやすいPWAの本です。

2014/08/15 12:06

投稿元:ブクログ

○本や雑誌、映画、街の風景、仲間との会話などから、ココロが反応する情報を集め、ノートやパソコンにどんどん記録していこう。(60p)

○紙の上に書かれた問題は、想像しているよりもたいてい小さい。
それに問題はよくダブる。それをトランプのババ抜きのように、手元から減らすこともできる。(164p)

○自分の美学と、自分のスタイルを思い出せ。(205p)

★人生という壮大なプロジェクトを成功させるための秘訣をコンパクトにまとめている。

2008/06/15 20:02

投稿元:ブクログ

自分はいつも「時間がない」とか「お金がない」とか思いながら時間とお金を無駄にしていると思う。
時間もお金も気づいたら無くなっていて、本当こんなんでいいのかなって思う。
この本はとてもシンプルに人生のプロジェクトについて語っている。
シンプルゆえに心に残る言葉があると思う。
その中でも心に残っているフレーズ
BEE FREE 「自由になる。それはなにかから逃避するのではなく、自分が自分のボスになることだ」
縛られることは嫌いなくせに、自由になると逆にどうしていいかわからなくなる。
でも、この言葉を読んで自分が本当に欲しかった自由はこれなんだって気づいたと思う。
やりたいこと、本当にやりたいことはできるんだってこと。
本質を教えてくれるような、スタートラインに立たせてくれるような本だと思う。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む