サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

2016年上半期ランキング【総合TOP】新バナー(~7/6)

OP 最大3000ポイントキャンペーン(~6/30)

りゆうがあります

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2015/03/20
  • 販売開始日:2015/03/20
  • 出版社: PHP研究所
  • ISBN:978-4-569-78460-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

りゆうがあります

著者 ヨシタケシンスケ

『りんごかもしれない』で大人気のヨシタケシンスケがおくる、親子で笑えるユーモア絵本! ぼくは、ハナをほじるクセがある。おかあさんにいつもおこられる。りゆうは、「おぎょうぎ...

もっと見る

りゆうがあります

1,101(税込)

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

りゆうがあります (わたしのえほん)

1,404(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『りんごかもしれない』で大人気のヨシタケシンスケがおくる、親子で笑えるユーモア絵本! ぼくは、ハナをほじるクセがある。おかあさんにいつもおこられる。りゆうは、「おぎょうぎがわるいから」だって。ぼくもなにかりゆうがほしい。ちゃんとしたりゆうがあれば、ハナをほじってもいいんじゃないだろうか。ぼくがハナをほじるりゆう。それは、ぼくのハナのおくにはスイッチがついていて、このスイッチをたくさんおすと、あたまから「ウキウキビーム」がでるんだ。このビームは、みんなを楽しい気持ちにすることができるんだよ。ツメをかんじゃうのは、ツメをくわえて、大人にはきこえない音をだしているんだ。この音は、ゴミすてばのカラスをおいはらうことができるんだよ。びんぼうゆすりをしちゃうのは、モグラたちに、今日あったできごとを「モグラ語」で教えてあげてるの。子どもたちがついやってしまうクセ、それには、「りゆう」があるんです。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.2

評価内訳

立ち読みした後

2016/05/29 08:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おとうさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生の息子と立ち読みして、大笑いしたあげくに買うことにしました。これも3歳児には難しいようで、笑いまでいきません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い息子にステキなママ。

2016/03/12 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子のお行儀の悪い癖を注意するママに「何か理由があればいいはず」と思い
頑張っていろんな理由を付けます。
鼻をほじるのは「鼻の中にスイッチがあってウキウキビームを出すため」。
他にもありますよ。
次々出てくるヘンテコな理由にママは「いろいろ理由があるのね。大変ね」って。
ママも癖があって、その理由も面白い。こんな返しが出来る大人になりたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

息子とママ

2016/01/31 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子とママの会話が面白い一冊。
ママの指摘にでるわでるわ息子のへりくつの嵐!おいおい(笑)!
うちのこどもがマネしないといいなーとは思ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょっと哲学

2015/10/20 09:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiyokomame - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと哲学的で、これが幼児にうけるのが私としては不思議なのですが、うちの五歳の子も大好きな本です。いまのところ、この著者の本はどれも、うちの子的に外れなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

理由?理屈?屁理屈?

2016/04/29 15:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハナをほじるのにも理由があります。
ツメをかむのも理由があります。
ごはんをこぼすのも理由があります。
お母さんに注意されたら一生懸命理由を考える。
その理由がユニークで面白い。
でも屁理屈ばかり言う子になったらちょっと困るかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ユーモアなセンス

2016/04/01 12:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさぎとかめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お母さんに怒られても理由があれば許されるはず、
と一生懸命に理由を作り出す子どものユーモアさ。
ほんと無理やりすぎる理由なので、思わずくすりと笑ってそんなまさか!と言いたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マネさせないように

2016/03/15 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は非常に面白いのですが、
ちっちゃな子に読み聞かせたために、
同じようなことを言うようにならないかちょっと不安。
まあ主人公がとにかく強引に理由をつけているので、
さすがにそのままマネするとは思えませんけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

こどものいる家でのありふれた一コマが面白い

2016/01/23 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

りゆうと言いつつ実は言い訳だったり屁理屈だったり。こどもの言い訳にふふっと笑いつつ、おかあさんの言い訳には頭をかいたり。
日常のなかの一コマだけど、ヨシタケ先生の手に掛かるとかわいいし面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読んでも見ても聞いても楽しい♪

2016/01/21 18:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cocoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろなクセのりゆうの内容も楽しいですが、こどもやママの表情がなんとも秀逸。なんとなくクセが出ちゃうまでの変化と急に指摘された時の驚き方とか、そうそう!って感じで微笑ましい。
会話のリズムも心地よくて、よみきかせている方もどんどん楽しくなります。5歳の娘も週に1回くらいは「読んで〜」と言ってます。
作者の発想力・観察力・表現力、凄い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

母子のやりとりが楽しい!

2016/01/04 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハナをほじったりツメをかんだり、ごはんをこぼしたり…。注意される様々な行動にはすべて理由がある!?
主人公の男の子がお母さんに注意されて繰り広げる理由の様々。一例を挙げると、ハナの奥にはウキウキビームのスイッチがあって、それを押している…と。まともに聞けば言い訳にもでたらめにもとれる「理由」だが、男の子は大まじめ。そしてそれをお母さんもわかっているのがいい。決して「馬鹿なこと言うんじゃないの」と一蹴せず、「ああそうですか」と答えて、「でもそれなら…」とその行為が今は必要ないことを説明する(例えばウキウキビームなら「お母さんは充分楽しいから」といった風に)。
一連のやりとりや男の子の自由な発想が、軽やかなタッチのイラストとあいまって、楽しく読める。
最後もよかった。よく髪の毛をいじっていることを指摘されたお母さんの答えが秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何事にも理由がある

2015/10/14 07:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キット - この投稿者のレビュー一覧を見る

何事にも理由(屁理屈)がある事を面白く、分かりやすく書いてある。おすすめです。子供が理屈っぽくなるかも

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

それをする合理的な理由があります。

2015/10/02 10:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たい - この投稿者のレビュー一覧を見る

それをする合理的な理由を、おかあさんに説明しています。後半、おかあさんもします。指摘されると恥ずかしいことだとわかっているので、それを行う合理性をあえて主張します。

そこの「あえて」というテイストがしつこくなくいいですね。こどものこの本好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なるほど

2016/05/25 22:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵がかわいくて親子のやりとりをほほえましくよみました。しかし発言が子供にしては頭まわりすぎの感。2回目からは、文はあまり読む気になれず、絵をみて楽しんでます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なるほど・・・

2016/02/27 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:naosyan - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどものよくあるくせを様々な角度から
おもしろおかしく理由づけしているような絵本です。

最初読んだときは思わずあるあると思って読みました。
何回か読んで、言い訳!?っぽいかなとも
思いましたが、子供達には深く考えずに読むようにしています。

前作の「りんごかも…」や「ぼくの偽物を…」のほうが
個人的には好きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

りゆうがあります

2016/02/08 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yoshio - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑えます!
ついついやっちゃってる子供の癖、そんな理由があったのかーと大胆な発想で笑えます。小1の子はそんなことないーってひとりでツッコミながら読んでました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サイト内検索

キーワードを入力