サイト内検索

詳細検索

最大3000ポイントキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと
文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/07/31
  • 販売開始日:2015/07/31
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-06314-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと

著者 清水亮

文系ビジネスパーソンも、プログラミングの基礎知識やプログラマーへの理解がなければビジネスで生き残れない時代が来ています。仕事でプログラマーと組むことになって戸惑っている人...

もっと見る

文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと

1,458(税込)

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと

1,620(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 14.3MB 無制限
Android EPUB 14.3MB 無制限
Win EPUB 14.3MB 無制限
Mac EPUB 14.3MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文系ビジネスパーソンも、プログラミングの基礎知識やプログラマーへの理解がなければビジネスで生き残れない時代が来ています。仕事でプログラマーと組むことになって戸惑っている人、プログラミングを学びたいけど何から始めたらいいかわからない人、アイデアがあっても実現の仕方がわからない人に贈るはじめての指南書。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/25 23:59

投稿元:ブクログ

PCで仕事をして、スマホでコミュニケーションして、インターネットでモノを買い情報を得る生活をしててプログラミングのことを知らないのは、なんというか現代を生きるうえで誠実じゃないような気がした。
文系だからプログラミングのことわかりません!はもはや通用しない時代。
私はまったくの門外漢だがプログラミングのことを知りたいと思い、その入り口としてこの本を選んだが、まずは大枠をつかめるという点で正解だった。

2016/05/18 15:23

投稿元:ブクログ

 読んでいちばんよくわかったこと。それは、プログラマーは使いづらいという事。

 仕事でプログラマーとのつきあいを始めることになったら本当に厄介なことだとあきらめることが肝心。そしてついでに自分もプログラムの世界にどっぷりとつかってしまえという気分になる、だろう。


 Scratch MOONBlock
code.9leap.net
jsdo.it PHPBoolk RubyLife

2016/01/24 03:14

投稿元:ブクログ

書いてあることは全くもってその通りだが、これを「プログラマ操縦マニュアル」と捉えると無用の反発を生み出しかねない。あくまで相互理解のための指南書。現場のプログラマ、SEが読むとカチンとくるかもしれない。特にSEは「こんなに優雅じゃねえよ」とか。意外に巻末の用語辞典が有用。

2015/10/08 23:52

投稿元:ブクログ

なんだかプログラマにたいして偏見をもたれそうな本。読めば読むほど、自分はプログラマではないのかもしれないと思えてきた。
まあでも、「プログラミングができるからすごい」というのは褒め言葉にならないというのは同意したい。フレンチの一流シェフに「料理が作れるからすごい」とは言わないという例もよかった。
ラストには用語集付き。ボリュームからいって、こちらがメインでもおかしくない。ただ、TSVの説明に、『カンマではなくタブで区切ったCSV』という説明はどうなんだ。確かにうちの会社ではタブ区切りのファイルでもCSVと言ってるけど。

2015/11/23 21:18

投稿元:ブクログ

2015年7月刊。プログラマーと円滑なコミュニケーションを図るための基礎的な情報集。後半の用語集はよかった。イマドキの新しい用語も収録。◆【引用メモ】全く門外漢な世界に来てしまったとき、最初に頼りになるのは用語辞典です。(中略)できれば時間を見つけて用語辞典を頭からおしりまで、通しで読んでおきましょう。というのも、一度読んだだけでは用語の本当の意味がピンと来なくても、誰かが話しているのを聞いて、最低限、文字だけは思い浮かべることができるようになるからです。これだけでもずいぶん違います。(p.73)

2015/12/25 11:33

投稿元:ブクログ

プログラマーという人種の特性とWeb関連技術の用語集。
ちょっと偏った書かれ方がしているため信じすぎない方が良いですが。
エンジニアの方と仕事をしたことが無い人が概要を掴む程度に読むのが良いと思います。

2016/02/24 13:51

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて読んでみた.
真面目に書いているのか,なんちゃってなのか判断がつかなかったが,読んでみると真面目なつもりの様であった.
しかし,自虐的なのかバカにしてるのかと思われる点も多々.
後半はページ数稼ぎと思われる冗長な記述.
残念・・・・

2015/08/31 02:33

投稿元:ブクログ

内容としては、プログラマという人間とその扱い方についてと、プログラムとはというところから用語までといった流れに分けられます。

僕みたいに理系出身じゃないけどプログラミングに興味をもっている人間にとっては面白く読めたかなという気もします。

しかし、毎回どうしても「?」と思うのはプログラマという人物像を描くときにどうしてもステレオタイプな描き方をするのに疑問を感じる。確かにある程度の傾向というのはあるかもしれないが、ざっくりとその性格をまとめてしまうのは多様性を無視することにはならないのか?などと考えてしまう。本書でもプログラマがなんとなく典型的なオタク臭く描かれている。

プログラマだからそういう性格になるのか、そういう性格だからプログラマになるのか・・。
そこは分かりませんが。

ITに興味がある、関わらないといけない文系にとっては読み物としてもいいと思うので読んでみていいと思います。
タイトル通りの中身で、それ以下でもそれ以上でもありません。

2015/08/09 21:36

投稿元:ブクログ

社内にいるな。
ぼんやりしたことを言ってるのに、自分ではハッキリとしたイメージを持ってると言い張る企画者。
たいてい、こういう社員にはそれなりの役職がついてるから厄介。

2015/12/08 21:45

投稿元:ブクログ

プログラマーがどのような人種か、少しだけ分かったような気がした。またプログラミングに興味がわいてきた。

2015/11/05 19:31

投稿元:ブクログ

文系の私にももう少しわかるような解説が欲しかったなぁ。プログラマーがいかに変わった人なのかは、よく分かりました。

2015/09/22 23:11

投稿元:ブクログ

タイトル通り、仕事でプログラマーと関わる文系の方向けの本ですが、就職活動などでプログラミングをする仕事に興味を持った人にも分かりやすい印象。
前半はプログラマーと仕事でやり取りする時に気をつける事やうまい付き合い方が中心で、後半は文系でもわかるプログラミング入門、巻末に用語辞典というつくり。
自分が興味深かったのは後半。門外漢の超初心者だがプログラミングをやってみたい、エンジニアになりたいという人は後半のためだけでも読む価値があるのではないかと。
用語辞典も結構ボリュームがあります。

〈こんな人にオススメ〉
・仕事でプログラマーと関わる人
・プログラマーやSEという職業に興味のある人
・プログラミングに苦手意識はあるが興味のある人
・パソコンのしくみに興味のある人

〈印象に残ったポイント〉
・仕様書通りにできている上で起きる不都合は「バグ」ではなく「不具合」
・著者が海外出張をする時、「こんにちは」「イエス」「ノー」「お願いします」「ありがとう」「すみません」「さようなら」の7語だけは覚える。
・プログラミング言語それぞれに必ず存在するのは「入力」「出力」「代入」「ループ」「条件分岐」「コメント」の6つ。

2016/06/21 17:00

投稿元:ブクログ

プログラミングについて、何ができて、どんなやり方があるのか、例えば…などと、
プログラマーという職種、およびそれに従事する人々の特徴、仕事として関わる時の留意点など、
の、二本柱の内容。

著者が、著名なプログラマで、今はプログラマを束ねる会社経営者とのことで話は非常にリアリティを持って語られている。

用語辞典だけで60ページ割いているのも凄い。

興味を持った人向けに、Chromeで簡単な文字表示などプログラミングの基礎の基礎ができるという紹介もある。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む