詳細検索

小説文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記

電子書籍

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記(文春文庫)

一般書

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記

堀栄三

電子書籍

600 ポイント:5pt

紙書籍より:5円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

605(5pt) 大本営参謀の情報戦記 情報なき国家の悲劇 (文春文庫)

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

太平洋戦中は大本営情報参謀として米軍の作戦を次々と予測的中させて名を馳せ、戦後は自衛隊情報室長を務めた著者が、その稀有な体験を回顧し、情報にうとい日本型組織の欠陥を衝く。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 8.0MB 無制限
iPhone EPUB 8.0MB 無制限
iPad EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(37件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

「情報なき国家の悲劇」

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008/12/07 10:52

評価5 投稿者:CAM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年で日米開戦・真珠湾攻撃の日から67年になるが、最近の田母神論文問題化に見られるように、東京裁判史観は未だに根強いように思える。しかし、勝者の論理が全面的に正しいということはあり得ないということだけは、最低限でも確定的に言えることではないだろうか。

本書では、日米開戦の問題についても、情報戦という見地から、次のような叙述が見られる。

>結論的には日本陸軍は、昭和11年頃から昭和17年初頭まで、米国務省の外交暗号の一部を確実に解読または盗読し、国民政府(蒋介石政府)の外交暗号、武官用暗号はほぼ確実に解読または盗読していた。この事実の裏を返せば、日本が日米開戦に踏み切った原因の大きな一つに、米国暗号の解読、盗読という突っかい棒があったと判断される節がある。特に陸軍が開戦に積極的であったということからも(p.278)。

しかしながら、

>昭和17年初頭、すなわち開戦1ヶ月後には米国は暗号を全面的に改変し、爾後昭和20年8月まで米国暗号は日本の必死の研究追求にもかかわらず霧の中に隠れてしまった。これも裏を返せば、日本に米国の暗号をある程度盗らせておいて、開戦に誘い込んでから計画的に料理をしようとした疑いもなくはない。暗号一つを通じて見た情報の世界でも、米国が日本を子供扱いにしていた観がある。これを情報的に観察すれば、日本を開戦に追い込むための、米国の一大謀略があったと見るのもあながち間違ってはいない(p.279)。

 著者は、戦時中に米軍の教令(『米軍野外教令・上陸作戦』)を見て思いあたった事項として、第一は、米軍はガダルカナル島以来、一貫して忠実にこの教令に書かれてある通り作戦を実施している。第二は、この教令は何年頃書かれたかは明らかでないが、明瞭に太平洋の島々、特に日本の委任統治領の珊瑚礁のある島への上陸を想定して作られている、ということを指摘される(p.149)。 米国がいつ頃から太平洋で戦争することを考えていたかについては、著者は、大正10年ごろからと推定している。 その時期はちょうど、ワシントン会議で日米の海軍戦力が3対5と米国に押し切られた年と一致する     (p.151)。

 真珠湾攻撃というか、日米開戦については、いわゆる「ルーズベルト謀略説」があるが、これが立証されたわけではないし、今後もこれが明確に認められるような資料が出てくることは多分ないだろう。しかし、当時の英米の指導者チャーチル、ルーズベルトが、陰謀という段階までに踏み込んだとは言えないにしても、少なくとも内心的意思としては日本との開戦を望んでいたことは間違いないことであろう。例えば、著者は、次のように述べる。

>太平洋は守るに損で、攻めるに得な戦場であることを日本は知らなかった。だからルーズベルトが、日本が真珠湾を奇襲攻撃したとき喜んだのは、単に対日戦争の名分が出来たというだけではなく、太平洋で責める側に立てることだったに違いない(p.122)。

 また、著者は日系人強制収容についても、情報戦という観点から、次のように述べている。

>日本はハワイの真珠湾を奇襲攻撃して、数隻の戦艦を撃沈する戦術的勝利をあげて狂喜乱舞したが、それを口実に米国は日系人強制収容という真珠湾以上の大戦略的情報勝利を収めてしまった。日本人が歓声を上げたとき、米国はもっと大きな、しかも声を出さない歓声を上げていたことを銘記すべきである(p.97-8)。

もっとも、太平洋戦争は米国が計画的に仕掛けた戦争だとしても(p.90)、それによって開戦も戦争自体も正当化できるわけでもないだろう。 要するに、日本は米国の掌の上でいいように弄ばれていた、情報戦争の観点からみれば大人と子供の闘いであった、というのが実相ではなかろうか。

 それにもかかわらず、著者が懸念されているように、このような点についての反省と情報戦略の重要性についての認識がないままに、軍事上でも、経済戦争上でも、同じ失敗を繰り返しつつあるというのが我が国の現状ではないだろうか。 我が国が「情報なき国家の悲劇」(本書の副題)を繰り返さないためにも、一読されるべき価値ある書だと思う。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報を軽視する日本

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/08/13 16:51

評価5 投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

つい先日、8月6日に放送されたNHKスペシャル「原爆投下 活かされなかった極秘情報 」は、日本陸軍の諜報部隊が米軍の特殊任務機の存在を突き止めて上申していたにもかかわらず、陸軍上層部がその情報の重大性を見抜けなかったために、広島への原爆投下を防げなかったことを指摘するものだった。

コールサイン(発信元を識別するための呼出符号)の分析から、テニアン島を拠点に活動する謎のB-29部隊の動向を追い、原爆投下阻止まであと一歩の所まで辿り着いたのが、陸軍中央特種情報部と、大本営陸軍部第2部第6課米国班所属の参謀、堀栄三であった。

本書は、太平洋戦争時、卓越した情報分析能力によって米軍の作戦(上陸時期・上陸地点、上陸部隊の戦力など)を次々と正確に予測し、「マッカーサー参謀」と渾名された堀栄三(以下、著者)が、戦時中の大本営参謀~戦後の自衛隊統幕情報室長の時代を回顧しつつ、今なお情報戦略を持たずに国際政治の中で漂流している日本の現状に警鐘を鳴らしたものである。


著者は昭和18年10月1日付で陸軍第2部(情報部)第16課(ドイツ課)に着任したが、15日には第16課は第5課(ソ連課)に吸収されてしまう。さらに著者は11月には第6課(米英課)に移され、第6課長の杉田一次大佐の命令で米軍の戦法を研究することになる。逆に言えば、開戦から2年近く経っているのに、対戦国であるアメリカの戦法を研究していなかったことになる。著者の言葉を借りれば「野球の試合が中盤以後になって、相手の攻撃にてこずりだして、『さあ、データーを調べよう』というのと同じ」であり、しかも若干30歳の新米情報参謀が一から研究するというのだから、泥縄もいいところである。

しかし著者は、開戦以来の米軍の太平洋における島嶼部攻略の情報を詳細に解析し、米軍の作戦行動に一定の法則性(パターン)があることを発見した(いわゆる「飛び石作戦」の内実の解明)。そして、その戦法を戦例に基づいて5タイプに分類し(レンドバ型・タラワ型・グンビ型・タロキナ型・サイパン型)、米軍の艦砲射撃の威力、破壊効力、軍艦の所有弾量、上陸直前の砲爆撃の日数・程度・目標、米軍上陸部隊の上陸行程などを解説した『敵軍戦法早わかり』を作成した。

著者が米軍戦法への対策を提示したことが、ペリリューやフィリピンでの日本軍の奮戦に繋がったわけだが、自らの能力の限界を率直に認めているところもあり、単なる自慢話にはなっていない。「堀は」という三人称的語り口に象徴されるように、予断を排して情報を分析する情報参謀出身ならではの客観的な記述が印象的である。


著者の情報分析の手法が具体的に紹介されているのも興味深い。「情報戦」というと、一般的には暗号解読やスパイを連想しがちだが、当時の日本軍は米軍の暗号を解読できなかったし、スパイを送り込むこともできなかった。著者は秘密情報を盗み出そうとするのではなく、何の変哲もない公開情報に隠された意味を読み取ることに注力した。アメリカ国内のラジオ放送で発表される缶詰会社と製薬会社の株価の動きから、米軍の作戦開始時期を推測する(上陸作戦に備えて米軍が缶詰や薬品を発注するため、株価が上がる)というテクニックは著者の慧眼を示す好例だろう。暗号が解読できなくても、電信のコールサインと宛先、通信量の増減から米軍の作戦行動はある程度読み解けるというのだから、驚嘆するほかない。


しかし、著者の情報分析を、日本陸軍は十分に活用しなかった。象徴的なのが、台湾沖航空戦誤報事件だろう。大本営陸軍部(参謀本部)の作戦部作戦課は「台湾沖航空戦の戦果は信用できない」という著者の緊急電報を握りつぶし、現場からの過大な戦果報告を盲信して無謀な捷号作戦に突き進んでしまう。陸軍のエリート中のエリートたちによって構成される作戦課は、情報部の敵情判断を無視して、独りよがりな作戦を立て続け、作戦が失敗すると実行部隊に責任を転嫁した。外部からの意見を一切拒絶して机上の空論で現場を振り回した作戦課を、著者は「大本営の奥の院」と批判している。作戦と情報が全く隔離していたのだから、日本軍の作戦が支離滅裂だったのは当然だろう。日本軍のインテリジェンス軽視を具体的かつ的確に指摘し、本質的・構造的な問題点を炙り出す筆者の深い識見に舌を巻くと共に、敵も知らず己も知らずに空想的な作戦を立て続けた作戦参謀たちの無能ぶりには怒りを通り越して呆れかえる。

今回の福島原発事故でも、以前から津波の危険性が指摘されていたにもかかわらず何ら措置を講じず、事故発生後も緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用しないなど、日本の指導者たちの情報軽視は相変わらずである。ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ。日本はいつになったら「不都合な真実」に目を向けられるようになるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今日でも色褪せない内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/31 08:03

評価5 投稿者:小市民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マッカーサー参謀」と称され、戦争末期にあって米軍の行動を読み切った堀栄三氏による手記。手記でありながら自身が「堀」と表記されており、違和感を覚えるかもしれないが、読み進めていくにつれその違和感は薄れ、むしろそこまで客観視できる堀氏の姿勢に驚かされる。
 前半は戦中の堀氏の参謀としての活動を中心に話が進むが、その中で「情報を軽視」する作戦課に対する怒りと諦めが交錯した想いが抑制された表現ではあるが出されている。それは堀氏が実際に現場指揮官である山下奉文と指揮官と参謀という文字通り生死を共にした関係にあり、山下の苦悩を間近に見たこと、戦前に東條と山下、両者の違いを感じたが故のことであろう。
 しかし、本書は前半の帝国陸軍参謀としての行動以上に、戦後、堀氏が再び情報の世界に戻って以降に重きを置いて読まれることをお勧めしたい。
 そこには帝国陸海軍における組織・人事の硬直性、情報軽視への反省が生かされていないこと、責任回避に走る上司への絶望が、やはり抑制されている表現ではあるが、堀氏の怒りと諦めが滲み出している。いや、過去の反省をしていない分、よりその感情が深いのかもしれない。
 だが、それは氏が属した自衛隊に限ったことではなく、どの組織でも大なり小なり起きている話であり、足元を固めずに衆目を集めるような「パフォーマンス」なる派手な行動に走った挙句、道を誤った結果、大きなダメージを受ける組織が多いことがそのことを如実に示している。
 情報に限らず、地道な日々の積み重ねを軽視する組織は早晩大きなダメージを受けるのは、規模の大小を問わない。
 堀氏がご存命ならそう仰るかもしれない。
 そうであれば、本書は所謂「戦記物」ではなく「ビジネス書」として考えても良いのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/26 15:29

太平洋戦争の末期に敗色濃厚の日本軍の中で、まっカーサの次の上陸地点はどこか?それはいつか?を正確に的中させてきた堀参謀の本。

台湾沖航空戦での戦果確認を一人おこなったこと、フィリピンの最終局面での山下大将との逸話が印象的。

「われわれは比島でやろうと考えていたことを何一つやらせてもらえなかった。そうして、とうとう竹槍になってしまった。戦略はいったん失敗すると戦術で取り戻すことは至難というか不可能だ。」(232)

その上で、クラウゼヴィッツを引用し「戦略的勝利をつかむために一番大事なことは制高点の確保。かつては山、いまは制空権」。
地理的制高点から技術的制高点へ。

現代社会における制高点とはなにか?をかんがえさせられる逸話。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/26 04:01

大戦末期にアメリカ軍の情報分析を担当した著者による回顧録。通信の傍受、アメリカ軍の進軍パターン、アメリカ国内の株価の変動等々から、アメリカ軍の上陸地点、時期といった行動を予測する。コールサインの数を解析して爆撃機の配置や爆撃を推測する。といった個々のエピソードはどれも非常に興味深い。ただ、こういった人力による分析しか行えなかった日本と、科学的な情報の解析を行ったアメリカを比べれば、日本の敗北は必然だった、と著者は指摘している。

しかし、戦後、自衛隊で陸将補まで努めた人が、ルーズベルト陰謀論を信奉していたり、自衛隊のシビリアンコントロールに反発しているのを読むのはなんとも反応に困る。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/01/21 14:24

あの時、日本は大陸の方しか見てなかったのか…。様々な事実に背筋が寒くなりますな。学校で習った事は何だったのだろか。情報操作って実に恐ろしい。
情報漏洩が問題となっている昨今、インシデント対策のあり方を考える本として、ビジネスマンにもオススメです。私はもっと著者の言葉を聞いてみたかったな。日本は惜しい方を亡くしました。(合掌)

評価3 投稿元:ブクログ

2008/01/04 02:52

第二次大戦のとき、あまりの情報のなさに圧倒的不利になった。情報(まともな情報、諜報機関)の大切さを気づかされる。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/01/19 21:22

大東亜戦争当時、陸軍参謀として情報を扱うポジションにいた筆者の戦記。
それまでの中国大陸での勝利や「大和魂」などの精神論に傾向しすぎて「情報」を大本営が軽視して諜報・防諜へのリソースを割かなかったことが大日本帝国の敗因のひとつであることは周知の事実だが、それを当時現場で体感した方の記であるので、とてもリアル。

本中では戦時の話であるが、現在においても企業のありかたや知的労働をするものにとって必須である「本質の見分け方」、企業内セクショナリズムなどが身の回りにある人にとってはとてもうなずける内容。だからどのようにすれば良いのかや、どのようにすれば日本は戦勝国になっていたかなど大上段なことは書かれていないが、得られる気づきは多い。

あと文章が平易な訳ではないのになぜか読みやすい。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/06/03 22:42

当事者が戦争を語るときには「当事者」というバイアスがかかるので、そのことを念頭に置きながら読まねばならないのだが、この人は見事なまでに抑制が効いており資料的価値は高い。散々語り尽くされた感のある帝国陸海軍の情報軽視であるが改めて浮き彫りにされていて読み応え有り。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/08/02 22:00

色々と自分の原点になっている本。軍事と情報を考えるきっかけを与えてくれた本である。歴史モノとしては戦争の裏方を覗ける面白さがあると思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/05/13 00:48

 本書は元陸軍情報参謀 堀栄三少佐によって経験から知りえた戦中の日本軍の情報(諜報活動、防諜活動、他)環境と戦後自衛隊勤務時代の経験等を綴ったものである。

情報分析に欠かせないのは、願望や憶測ではなく、データや数値にもとづいた「事実」の把握と事実に基づいた合理的推論から導き出される帰結、そこには感情や気持ちを斟酌して帰結を曲げる余地があってはならないのである。大本営発表がいかに出鱈目に満ちていたかは多くの人が知っているところであるが、本書ではその中の一部、海軍部発表の戦果について、なぜそのようないい加減な発表に至ったかを推測させる内容も載っている。

また、陸軍悪玉説、海軍善玉説に対する懐疑が発生するのに十分な情報(著者が元陸軍参謀出身という事も影響しているだろうが、節々に俗説通説との齟齬を感じる内容がある)も本書には混じっている(そう感じたのは私の勝手な判断であるが、最終的には各読者の判断に委ねるより無いところである。厳密な事実関係に関しては、視点が「証言」に軸を置いている書物だけではなく、「証明」「論証」を軸にした書物の力をはじめ、多方面の情報も必要であろう。)

現代の政治・社会問題の話題として「官僚の腐敗」「官僚の縦割り行政」等がしばしばメディアを賑わせるが、本書を読むと戦前戦中の時代から同じ病巣を抱えていたことをも伺わせる証言内容になっている。腐敗、縦割り行政等の舞台が「武官と文官の両方」から「文官のみ」の舞台となって現代に至っているといっても過言ではないかもしれない。これらの根本問題を熟慮して現代の諸問題に対する変革を起こさない限り第二第三の敗戦も起こりえるだろう。
 
本書は他に類書を見ない視点から戦中ー戦後の国家の情報環境の分析を行っており、現代にも通じる問題点を浮き彫りにしている点で多くの日本国民に読んで考えてもらいたい一冊である。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/02/27 19:04

【大本営参謀の情報戦記】 堀栄三さん
「情報なき国家の悲劇」

支那での勝利に酔いしれ、自らを誇大評価し、情報を軽視し
太平洋戦争へと舵を切った日本軍。

大陸での戦いと異なる、海洋での戦い方というものを
考えていなかった。

アメリカの圧倒的な国力(鉄力)と日本を研究した戦い方
の前に、太平洋各地に軍を展開していた日本軍は玉砕を
余儀なくされた。

戦争当時大本営の参謀を務め、戦後は自衛隊で情報を携わる
仕事を務めた堀栄三さんのドキュメント回顧録。



第二次世界大戦の時代には軍の主兵は空に変わっていた。
しかし、日本はまだ空の大切さが分かっておらず「大艦巨砲主義」の
「軍の主兵は歩兵なり」という固執した観念にとらわれていた。

敵陣に肉弾で攻め込んだ奉天戦とは異なり、自動小銃を持つ
アメリカには日本の戦法は通用しなかった。

制空権を確保し、空爆するアメリカ軍に日本軍は高射砲で対処するが
鉄量に劣る日本はアメリカのような面で覆い尽くす弾幕の
カーテンは張れず一機一機を狙う点での戦いしかできなかった。

アッツ、フィリピン、レイテなど南洋にに展開する日本軍も制空権が
奪われていては物資の補給も増援もままならない。

空を奪われれば、すべては点(孤島)になってしまい線にならないのだ。

海路を行けば空爆される。精鋭部隊も移動できなければ
張子の虎と同じであった。

しかも、大本営の中には陸軍と海軍という実質2系統の
大本営があり、お互いに真相を打ち明けることがない
組織的な欠陥があった。

戦略的な失敗は戦術で取り戻すことは出来ず、いたずらに
兵を消耗するだけの結果に終わった。

全ては情報を軽視し、過去の勝利を参考にした作戦を基軸に
戦った結果が招いた敗戦だった。


当時、赤紙一枚で召集され、死を強要された人々。
家族のため、国を信じて身を奉じた人々。
こういう実情を知れば、死んでも死に切れないような気がします。

 

評価5 投稿元:ブクログ

2014/09/19 19:30

戦前の軍部の雰囲気がどういうものかがあらためて良く分かる。面白い、それ以上に悔しく、読んでるだけで歯がゆい思いが湧いてくる。
そんな中、著者が参謀としてついた山下奉文など、当時の計り知れない苦悩の中でどう行動したのか…、こうした人物がいたことに誇りに思えた。
情報なき国家の悲劇はしかし現在も続いているような気がしてならない。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/04/30 00:00

・太平洋戦争で陸軍参謀であった著者が、実体験をもとに情報について綴った本。
・webのない時代に、かつ、戦争という状況下での「情報」に関する考察は、より本質的な内容に思えました。
・米軍の数字的思考と日本の精神主義という構図は、良い意味でも悪い意味でも、現代に引き継がれている気がする。
・情報重視の志向があれば、数字的国力差から、そもそも戦争にならなかったのかも。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/03/03 01:59

ムックを立ち読みし、初めて知り興味が沸く。
神保町の古本屋にふらりと戦記モノコーナーで発見し200円で購入(2011年12月3日(土))

復帰されて最後は、大学教授をされていたので、自分がエライ!苦労した!というのはなく、平易、客観的、丁寧な表現は、脱帽。
内容は、当然、この国の情報活動(分析・調査)のあり方を真摯に書かれた名著。また、ビジネス(マーケティング)においても十分に使える内容。
この本が廃版になり、忘れられるた時はにこの国は、もう一度、同じ過ちをするだろう。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.