詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

キングダム 40(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

格闘・アクションhonto ランキング第18位

コミック

キングダム 40

原泰久(著者)

電子書籍

500 ポイント:4pt

紙書籍より:55円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

555(5pt) キングダム 40 敗北の巨星 (ヤングジャンプコミックス)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

秦の命運賭す一閃。 エイ政と呂不韋が“天下”を論じる中、風前の灯の咸陽へ昌平君が駆ける。エイ政、呂不韋、太后の想いが交錯し、秦国内統一戦に終止符が…!!

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 63.9MB 無制限
iPhone EPUB 63.9MB 無制限
iPad EPUB 63.9MB 無制限
Android EPUB 63.9MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(21件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 やっと40巻が電子書籍西鉄なりました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/19 01:31

評価5 投稿者:コロコロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この日が来るのが、どれ程まちどしかったことか。また、1巻〜39巻を何度、読み返したことか。次巻は、なるべく早く電子書籍化してください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ついに決着がついた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/23 18:08

評価5 投稿者:クリッパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに、ついに政と呂不韋の戦いに決着が!
それにしても長かったですね。
長かったからと言って間延びしていたかと言うとそうでもない。
内容の濃い40冊でした。
まだ読んだことのない人には、40冊のまとめ買いをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ついに!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/21 20:14

評価5 投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

呂不韋と決着がつき、前半戦が終わりました。
何か、感慨深いものがありますね。
政の「人の本質が光」という話の中で出てきた漂に、
そして、ラストの政と太后とのエピソードに、涙しました・・・
次は、いよいよ、中華統一への後半戦!
楽しみです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感慨深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/20 22:51

評価5 投稿者:ぼん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに・・・決着がつき、今までの内容を思い出し感慨深い一冊になりました。
でもまだ第1章?!が終わっただけなので、これからさらにスケールアップしていく展開に期待大です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ついに決着

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/15 17:09

評価5 投稿者:ずきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

呂不韋側との争いについに決着が!?予想を超える展開を常にドキドキハラハラしながら読みました!!オスサメの一冊です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最後に涙。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/31 21:46

評価5 投稿者:maxelchan - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイ国編が完結するこの一冊。とうとう長年の闘いにも終止符が打たれます。大王が理想、信念を説くシーンは圧巻でした。自分もこの時代、こんな大王様の元に仕えられたら何が何でもお役に立ってみせる!なんて思ってしまう程尊敬に値する政さん。それにしてもここまでで40巻ー。先は長いですね。ただただ楽しみですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

長いようであっと言う間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/20 12:02

評価5 投稿者:みんと - この投稿者のレビュー一覧を見る

一区切りついた感じの40巻。なんだかあっと言う間に駆け抜けた気がします。
長さを感じさせないのは本当にすごい!
これからも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い!!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/13 14:53

評価5 投稿者:シゲ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり面白いです!!
前巻で続きが、かなり気になる終わり方をしていたので、どうなるんだ!?とわくわくしながら読みました。
次巻も凄く楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まだ読んではいませんが・・・

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/31 10:55

評価5 投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻はまだ読んでいませんが、第1巻から嵌りました。 ストーリーが読みづらい展開が多く、主人公に感情移入してしまう本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実際は…?

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/14 10:15

評価4 投稿者:暇人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あくまでマンガ、という大前提はあるけども…
最後に政が母にねぎらいの言葉をかけている。
けど、実際の政は「恩を感じることのない残忍な性格」なんだよね。
(Wikipedia)
とか考えちゃうとこのねぎらいの言葉の内容は可能性は低いだろーなー…
とかとか思ってしまう。

あとなぜ政の子供の内、第二子の女の子(麗)の方を登場させるんだろう。
このあとの展開に絡んでくるからなんだろうけど、
まさか麗が今後男のふりして世継ぎになるのかなぁ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ついに第一部完!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/02 11:15

評価4 投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

連載10年にして、ついに第一部完結!
因縁の対決に、いよいよ決着がつきます。
呂不韋との問答、彼の言い分にも大儀があり、非常に納得させられるものがあったのですが、それを上回る政の切り替えしに、グッと来ます。
この漫画を読むまで、秦の始皇帝に関しては、そんなに良いイメージを持っていなかったのですが、「もしかしたらこういう大儀の元、始皇帝は悩み、苦しみ、国を作り上げていったのかもしれない」と思うことができました。
それにしても、歴史を読み解き、物語を構築することができる人って、すごいですね。著者の原さんは、たくさんの人の心情を読み取ることができる、心が大きい人なのではないか、と思わされます。私も多くの人の立場を斟酌できるように、いつも想像力を働かせていきたい、と思わされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あとは終わり方かな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/27 08:52

評価4 投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いっぱい伏線が残っているのもわかるが、この高揚感が残るうちに終わって欲しい気もする。やっぱり始皇帝だし、統一後の事績については知っている分、どうも弁護や再解釈は難しい気がする。続きが楽しみのような怖いような。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ひと段落

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/25 13:37

評価4 投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

長かった国内の騒乱はひと段落。これからの次の展開に期待。とはいえ国内だけで40巻とするとどこまで巻数が伸びて行くのか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

非常に良い

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/13 17:28

評価4 投稿者:虚弱体質 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回で呂不韋との争いが終わり、ようやく中華統一に次巻から進めるのが楽しみ。ただし乱戦のバトルシーンが見飽きてきたのでなにかしかの工夫がみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2015/11/11 19:07

政対呂氏もこれで終わり。昌平君強いですね。ただ、彼が戦場に出て指図したりする機会がまだないので、知略のほうがいまひとつわからないです。腕っぷしが強いのはわかりましたが。
そして太后と政の関係もひとつくぎりがつきました。太后に言ってることなんて普通に考えると虫がよすぎるし、断って逆ギレしてるのを見てても、なんだクソババア、オマエが息子に愛を注がねえのが悪いんだろうがざまーみろ、と向ちゃん以上に暴言を吐きたくなります(言い過ぎだ)。でも、政は人間は光だと言ったのをすでに実行しました。確かに太后はものすごく同情できる人だし子供助からんのかなあと思ってたのを、政はやっちゃうところが聖人みたいだ。ホントいい奴だ、政。これで太后がずっと後で少し気分が晴れた人間になれるといいんだけど(もう彼女の出番はないのかな?)。
それよりも田宥はどうなったんですか?死んでないとか言ってるけど、本当ですか?あんな劇的に描かれてて死んでないんですか?
というぐらい心配です。早く出てきて元気な姿見せてください。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.