詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

NARUTO―ナルト― イタチ真伝 暗夜篇(ジャンプジェイブックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

一般書

NARUTO―ナルト― イタチ真伝 暗夜篇

岸本斉史(著者), 矢野隆(著者)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

電子書籍

600 ポイント:5pt

紙書籍より:102円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

702(6pt) イタチ真伝 暗夜篇 (JUMP J BOOKS)

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【小説版登場!】暗部入りのため盟友シスイとともに里のスパイ暗殺任務に挑むイタチ。うちは一族と里との相剋は激しさを増し、やがて友を死が襲う。一族と里に絶望したイタチは、新た...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 11.1MB 無制限
iPhone EPUB 11.1MB 無制限
iPad EPUB 11.1MB 無制限
Android EPUB 11.1MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【小説版登場!】暗部入りのため盟友シスイとともに里のスパイ暗殺任務に挑むイタチ。うちは一族と里との相剋は激しさを増し、やがて友を死が襲う。一族と里に絶望したイタチは、新たな瞳と、ある決断とともに惨劇の夜へ赴いた。弟に託した希望、そして、夢…その優しくも残酷な真実が、ここにある。真伝シリーズ第二弾!

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

イタチ真伝 暗夜篇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/06 22:29

評価5 投稿者:サトシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コミックでは書かれていなかったイタチの里に対しての思いや、任務に対しての葛藤忍びとしての覚悟を決めた思いは素晴らしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2015/11/15 10:35

小説だから描くことができたであろう、イタチの真実。

里の平和への願い。
うちは一族への想い。
サスケへの想い。
シスイとの約束。
父と邂逅することのできなかった最後。

父とイタチの関係性、「もっと早くに向き合っていれば・・・」とイタチがサスケに思っていたことを、同じように父フガクも思っていたに違いない。
どうして、もっと早くに解りあうための何かができなかったのか、悔やまれる。
一人の忍びとして、イタチへの嫉妬があったのも、やはり人間の感情ゆえとは思っていても・・・。
父と子でなく、忍び同士として解りあおうとしていたら・・・この結末には至らなかったかもしれない。

13歳という幼い子どもにとって、こんなにも胸を痛めながらも決断せざるを得なかった一族というしがらみ。
うちは一族に生まれたがゆえの悲しい結末。うちは一族に生まれなかったら違う未来を描くことができたかもしれない。イタチは本当に優しくてそして悲しい子どもだったということが響いてきた。
自分のことよりも里のことを、サスケのことを想って生き、そして死んでいったイタチ。
来世でイズミと穏やかな一生を過ごすことを願い、この物語を閉じたいと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/21 18:25

暗部入りから一族壊滅までの物語。

原作では冷徹に一族を滅ぼしたイメージしかありませんでした。
この本では一族と里の板挟みになり、
苦悩の末に一族を滅ぼす決意をしたイタチの深い心理描写が巧みに描かれています。

最後に父親フガクがイタチに殺されると分かって言った
「恐れるな。それがお前の決めた道だろ」がイタチと相容れないながらも父親として最後の役目を果たそうとするセリフとして深く心に沁みました。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/10/14 22:48

何故イタチが同胞を殺めるに至ったのか。
本編でも真相には触れられていますが,心理描写が深くなされている本です。
読むほどに悲しく,重い気持ちになります。

それにしてもこれ,12歳の少年が主人公なんですよね。それを忘れさせられます(苦笑)

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.