詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

アーサー王の墓所の夢(創元推理文庫)

一般書 読割50

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

アーサー王の墓所の夢

アリアナ・フランクリン, 吉澤康子

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

電子書籍

1,200 ポイント:11pt

紙書籍より:96円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

1,296(12pt) アーサー王の墓所の夢 (創元推理文庫)

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

1154年、グラストンベリー一帯を襲った地震の直後、ひとりの老修道士が息を引き取った。アーサー王の埋葬を見たと甥に言い残して。そして月日は流れ1176年、話を聞きつけたイ...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 11.6MB 無制限
iPhone EPUB 11.6MB 無制限
iPad EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

1154年、グラストンベリー一帯を襲った地震の直後、ひとりの老修道士が息を引き取った。アーサー王の埋葬を見たと甥に言い残して。そして月日は流れ1176年、話を聞きつけたイングランド国王ヘンリー二世の命により、町ごと大火で焼失した大修道院の墓地から、二体の骨が掘り出される。遺骨は伝説のアーサー王とその妃グウィネヴィアのものなのか? 住み慣れたケンブリッジを追われた女医アデリアは国王の依頼により、供を連れ骨の鑑定に赴くが、その途上で友人エマの身に異変が起きたことを知る……。CWA最優秀歴史ミステリ賞シリーズ第3弾。/解説=千街晶之

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2013/11/30 18:33

12世紀の女医アデリアの活躍を描く歴史ミステリ。
3冊目。
いよいよ面白いです。

前作から4年。
アデリアは幼い娘のアリーとその子守となったギルサ、子供の頃からの用心棒でサラセン人のマンスールと共に、村に落ち着いていた。
ところが医療で人気を得たのをねたまれ、宗教裁判所に狙われたと知って、急ぎ移転することに。
その途中、友人エマが、幼い息子と一緒に、亡き夫から受け継いだ領地へ向かうのに一緒になります。

イタリア生まれで、当時のヨーロッパでは最先端の教育を受けた検視医アデリア。
アデリアの目から見ると、女性の医者など魔女として焼き殺されかねないイングランドは野蛮な地。
ヘンリー王は領土を拡大して法制も改革した英明な王だが、難題も抱えている。
折りしも、グラストンベリーの大修道院は、大火でほとんど町ごと消滅していた。
アデリアはヘンリー王の要請で、大修道院墓地で発掘された骨を鑑定することに。
あのアーサー王と妃グウィネヴィアの骨かもしれないという‥
眠れるアーサー王がいつか甦るという伝説は、ウェールズで起きるヘンリーへの反乱の旗印ともなっていたのだ。

難しい鑑定に直面するアデリア。
しかも友人エマは行方不明になり、さらに修道院では事件が起こる。
当時の事情がありありとわかるように書き込まれ、村人も個性ゆたかです。
そこへ司教ロウリーが乗り込んできて、アデリアと再会。
妻帯できない司教に任命されてしまったため、別れた二人だったが、本音は‥
活発で理性的だが内心は揺れ動くアデリアが、いきいきしていて、いいですね。
スリリングな展開。

CWA賞(英国犯罪小説作家賞)の最優秀歴史ミステリ賞を受賞した魅惑的なシリーズ。
次の4冊目も楽しみ!そこで完結してしまうのが残念。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/08/30 05:47

本が好き!様より、献本いただいた一冊になります。
舞台は12世紀、題名にあるアーサー王の時代からは600年ほど経過した時代。

アーサー王、イギリスの伝説的な王で当時のイギリスを守ったということ、
その際エクスカリバーという伝説的な剣を保持していた、といった位のイメージです。

歴史学的には、実在性についての論争もあるとのことで、
イギリスにとっては、神話と伝説と歴史がない交ぜになった感じでしょうか。

日本で言う『古事記』と同じような位置づけなのかな、なんて。

さて本書は、そのアーサー王と妻グィネヴィアにまつわるミステリー、
主人公は、アデリアとの女医さんとなります。

大学で医学を修め、科学的な検死で死者と会話をしていくという、
当時のキリスト教価値観の世界では、なんとも特異な存在。

迷信と暗黒にとらわれた時代(世界)に疑問を抱きながらも、
愛娘や使用人などの大事な家族と共に、今を生き抜いていきます。

文中では、12世紀ころのイギリスの風俗などを感じられて、
なかなかに興味深かったりも、、暗黒の中世とはよく言ったものですね。

物語自体は、当時のキリスト教世界ではタブーであった、、
そんな事例がてんこ盛りに出てくる感じで、終息していきます。

人の罪と、そして罰はいかようにあるべきなのか、なんて。

ちなみにシリーズ三作目とのことですが、前の話を知らなくても楽しめました。
ラストの伏線が何とも気になりますが、、これは次作で明らかになるそうです。

神話、伝承の世界から「法」が支配する世界への移り変わり、
古代ローマの残照を感じながら、12世紀のイギリスを旅行した気分になりました。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/06/09 00:21

シリーズ3作目。安定の面白さ。今作はちょっとファンタジー要素もありますが、登場人物達の生き生きとした描写は、読んでいて本当に楽しい。
アーサー王の遺体が見つかったという話を確かめるだけのはずが、道中を共にした友人が息子と戦士ともども行方不明になってしまう。

個性的な仲間達と謎を追う様子は、ミステリと言うより、冒険のが近いかも。

この続きはまだ日本版は出てない?よね。作者が亡くなったため、4作までで終わってしまったそうですが、早く読みたいです。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/11/28 00:09

大火で町ごと消失したグランストンベリー代修道院の墓地で発見された二柱の人骨は伝説のアーサー王とその妃なのか。
国王ヘンリー二世の命により、女医アデリアが鑑定に赴く。

入り組んだ人間関係と当時の風俗風習を今作も堪能。
アデリアが完璧でないところが実にいい。
そしてこのシリーズの読みどころは事件が解決されたあと、それをどう裁判で裁くか。
そこまでの過程を振り返りながら、分量にしたら付け足し程度のページにワクワクする。
ラストの視線の人物は思った通りで、最終作となる次作が楽しみ。


残念だったのが本文中にラバとロバの取り違えと思しき箇所があったこと。「ラバに跨った」はずなのに「ロバを急がせた」とか。
間違えやすいよなぁと同情しつつ、ちょっと混乱したのも事実なのだった。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/12/22 14:01

さらに冒険色が強くなった3作目。
アーサー王の剣が呼び起こす神秘のくだりはファンタジー小説ならありだと思うが、異常ではあるけれどあくまで人間自身に宿る狂気を描いてきた今までの作品の流れからすると、ちょっと異物感を感じる部分だった。

ロウリーもなかなかおいしいところを持っていくキャラだが、ヘンリー2世はさらに上をいくトンビに油揚げキャラだなw
王のくせに何とも人間くさくて不思議な愛嬌のある彼だからこそ、前作のエレアノールは憎みきれない情を抱いていたんだと思いたい。

それにしてもこの著者といいケイト・ロスといい、なぜ期待を寄せる時代物ミステリー作家は4作目が遺作になってしまうのか…本当に残念でならない。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/06/19 18:51

アリアナ・フランクリンは読んだコトがないので楽しみ、、、「エルサレムから来た悪魔」も良いネ。

東京創元社のPR
「焼失した大修道院の墓地で見つかった遺骨は、伝説のアーサー王夫妻なのか? 真偽判定のため、国王ヘンリー二世に遣わされた女医アデリア第三の冒険を描く傑作歴史ミステリ。」

評価5 投稿元:ブクログ

2014/10/12 23:23

サレルノで当時の最先端の科学を学んだアデリアが、中世の迷信や偏見だらけのイングランドで難しい謎に挑むという、他のミステリにない要素もあって、実に面白いシリーズ。

今回は、アーサー王伝説!数百年前の遺骨の鑑定?調査の最中、アデリアはまたもや数々の災難に見舞われ、またもや助けに現れたのはロウリー司教。二人の関係もみどころの一つです。

作者が亡くなったため次の第4作で終わりとのことですが、本当に惜しい。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.