サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

2016年上半期ランキング【総合TOP】新バナー(~7/6)

コミック最大20倍ポイント(エントリー)(~6/30)

あなたの1日は27時間になる。

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/21
  • 販売開始日:2015/12/21
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-06477-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

あなたの1日は27時間になる。

著者 木村聡子

あなたの毎日に、誰にも邪魔されない「自由な3時間」を生み出す方法、公開!「仕事が忙しくて、時間が足りない!」「今日終わらせたい仕事が、全然終わらなかった」。こうしたご経験...

もっと見る

あなたの1日は27時間になる。

1,361(税込)

ポイント :12pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

あなたの1日は27時間になる。 「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
【2016年上半期ランキング ポイント最大10倍!!】対象商品

こちらは「honto2016年上半期ランキングポイントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年6月23日(木)~2016年7月6日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたの毎日に、誰にも邪魔されない「自由な3時間」を生み出す方法、公開!「仕事が忙しくて、時間が足りない!」「今日終わらせたい仕事が、全然終わらなかった」。こうしたご経験はありませんか? 終電族で、毎日疲弊し、心身ともに疲れ果てた著者は、なぜ生まれ変われたのか? 人生と仕事の超整理法をお伝えします!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

2016/01/16 22:07

投稿元:ブクログ

 残業続きで終電族。毎日疲弊し、心身ともに疲れ果てた著者が、「仕事漬けの人生を変えたい! 」と一念発起。仕事の効率化とスピードアップで、残業ゼロに加え、年収倍増も実現!
その秘密とは?という帯にあるが、実際の所は、結構基本を確りやることができてない新人や若手にとって、基本動作を学ぶ本としてはいいのかもと思った。進め方や自分のコントロールの仕方などは、新人教育というよりもOJTに頼るところが大きいし、具体的な仕事のイメージができてからでないと難しい。仕事の効率化とスピードアップのエッセンスが入っている4週間プログラムとあるが、基本動作なので1日でOK(1日以上かけたら無駄)。

≪week1≫1日のリズムを整える
短時間労働の大敵は、残業や長時間労働の「習慣化」であり、それを当然のこととしている「考え方」。「日々の生活習慣を改善する」ことで、少しずつ「考え方」も変える。1日10分で最高のスタートダッシュが切る。残業続きでも大丈夫。日常を変える3ステップ。ムリなく続けられる早起き、ポイントは「強制力」。

≪week2≫仕事の渋滞をなくす
「常に仕事に追われている」最大の原因は『仕事の渋滞』です。解消のポイントは「スケジューリング」と「仕事の流れをスムーズにする」こと。仕事の質と速さは「順番」で決まる。「月単位→週単位」での鳥の目管理法。毎日を楽しくする「1日のデザイン」を見つける。

≪week3≫仕事環境を効率化する
「仕事の渋滞をなくす」だけでは、1日に3時間もの時間を生み出すことはできないので、仕事の効率化とスピードアップの土台となる「効率的な仕事環境の作り方」に焦点を合わせる。
1年で150時間! モノを探す時間をなくそう。朝15分と帰る前の15分の整理整頓、すごいワザ。デスク整理は「定位置管理法」で完璧。

≪week4≫仕事をスピードアップさせる
ここから仕事のスピードを上げる具体的な方法をマスター。
めんどくさい、時間がかかると感じているものは、必ず速く、そして効率化できる。スピードアップの基本は「マニュアル」から。「動線管理法」で、仕事のスピードを上げる。「時間の予実管理」で、どんどん時間が増えていく。

2016/01/02 23:05

投稿元:ブクログ

読んでみれば当たり前のことばかりなのだけど、実践しようと思うと覚悟が必要かも。私の部下に、スケジュール管理が苦手で、いつも仕事に追われてしまう人がいるので、この本を勧めて、しばらく一緒にスケジュール管理していくことに決めました。

2016/01/02 18:03

投稿元:ブクログ

自己管理について再考するきっかけとなる一冊。
さらに、自分はどう生きたいか、何を大切に生きるべきかまで考える機会となる。
最後の「おわりに」が一番のポイント。

2016/03/27 14:20

投稿元:ブクログ

誰にでも等しく訪れる1日を有効に活用するためには、近道はなく、基本的なことが大事だと改めて感じた。

仕事は「やればできる」ではなく、「ラクして速く」と考える。

2016/04/05 06:26

投稿元:ブクログ

それほど目新しいことが書いてるわけではないがステップを分けて対策を実行しているので、すごくわかりやすい。toodledoによるタスク管理にチャレンジしてみようと思います。

2016/05/09 15:50

投稿元:ブクログ

時間を効率よく戦略的に活用することで24時間ある1日を27時間にする本。

この「プラス3時間」を達成するには『自分締め切りの設定』や『朝方の生活スタイル』、『仕組み作りの徹底』など参考になることも多数あります。

いわゆるライフハック的な一冊であるし他でも似たような内容の作品はあるのかもしれませんが、この手の本は『ふとした時に』読みたくなったりするもので身の回りを自分の使いやすいようなレイアウトに徹底的にこだわる(手の動きの動線など)など時間作りだけでなく時間の有効な使い方もレクチャーしてくれます。

仕事の整理術としても勉強になった一冊。

2015/12/17 21:07

投稿元:ブクログ

本を読んだら、そこから一つでも二つでも、
自分がやろうと思うことを見つけて、
実際にやっていく事が大事だと思っていますが、
この本は実践を前提に書かれていて、親切です。
「おわりに」に、とても大事なことが
書かれてありました。

2016/05/05 14:57

投稿元:ブクログ

時間活用本です。
早起き、早始業、早上がりをする働き方の著者、木村聡子さん。
細かい決め事として、マニュアルやチェックリスト、物の置き場所などを決めることで、とても効率的に過ごされていることがわかります。

周りの理解があってこそ成り立つ方法ですが、誰もが良きヒントを得られると思います。

2016/01/09 16:37

投稿元:ブクログ

具体的でわかりやすい。
一週間ごとのステップも入りやすいし、行動に移しやすいなぁと思います。
早速、具体的な目標を定め、取り組んでいきます。
3時間時間ができたら、自分のためだけに使わない、と書かれていて、そうだよなぁって思いました。
家族のために何かできれば、私自身も豊かになる、そんな気がします。

2016/05/29 10:01

投稿元:ブクログ

生産性を上げるためにやるべきことをいくつも紹介。驚くような内容ではないが、それらのことを一冊にまとまっているので有用。

2016/01/31 00:05

投稿元:ブクログ

普段ぐうたらになにも考えず仕事や生活をしている人が読む本。わりかし自分ではしっかりやっているので、あまりこの本は役にたたなかった。

2016/02/06 17:12

投稿元:ブクログ

新人1年目の社会人が仕事が分かって嬉しかった感じの本。
概要としては、早寝早起きしよう、締め切り前にドタバタせずちゃんとマイルストーンを置いて管理しよう、といった社会人以前に小学生かと言いたくなる内容。
時間がかかる業務内容は一旦途中で報告しよう、よくやる事はチェックリストを作ろうといった感じの本当の新社会人くらいに言うような内容。
土曜日に寝だめは確かにやりたいけど、過去に出ている数々の研究成果からコンスタントに寝起きする事が最も効率的であるという結果は既に出ている。
何のベースも無く業務スピードを上げて業務時間だけを削ろうとする行為はそのうち手痛いしっぺ返しを食う。
新人が下手にこれを真似するとたぶんかなり手痛い火傷をするのではないかと懸念。

2016/05/11 10:28

投稿元:ブクログ

WEEK3〜4は、筆者と仕事のジャンルが全く違う私にはあまり参考になりませんでしたが、考え方や1日のリズムの作り方に関しては参考にしたいと思える部分がありました。
ポモドーロテクニックは、とても興味深い考え方なので取り入れてみようと思ってます。さっそくアプリをインストールしました(*^^*)

2016/01/03 08:15

投稿元:ブクログ

【81/10,000】
『あなたの1日は27時間になる。』木村聡子

★★★★☆

平均的なビジネスマンは、1年間に150時間も「モノを探す」ための時間をつかっているそう。
それをどうやって減らすか・・・というのが私のライフワークでもあるのですが、その答えになりうる木村さんの6年間分のノウハウがみっちり詰まってます。

年初に読んで、2016年の行動を変えるのにはうってつけかも!

サイト内検索

キーワードを入力