サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

2016年上半期ランキング【総合TOP】新バナー(~7/6)

小説文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/30)

赤めだか(扶桑社BOOKS文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/23
  • 販売開始日:2015/12/23
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • ISBN:978-4-594-07362-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

赤めだか

著者 立川談春

17歳で天才落語家・立川談志に入門。両親の反対により新聞配達をしながら、「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での落語家前座修業が始まる。三日遅れの弟弟子は半年で廃...

もっと見る

赤めだか

702(税込)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

赤めだか (扶桑社文庫)

702(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

17歳で天才落語家・立川談志に入門。
両親の反対により新聞配達をしながら、「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での落語家前座修業が始まる。
三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けばオネーサンに追いかけられる……。
様々なドタバタ、試練を乗り越え、談春は仲間とともに二ツ目昇進を目指す!

テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)などで俳優としても活躍、「今、最もチケットの取れない落語家」の異名を持つ立川談春のオリジンがここに!

<2008年講談社エッセイ賞受賞作品>

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.4

評価内訳

みごとな青春記

2015/12/17 14:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:人麻呂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立川談春の青春の記録。立川談志に十代で入門して、その理不尽ともいえる厳しい教育を受けつつ、落語家の前座から二つ目へと進んで行く姿は、笑いと涙にみちている。ドラマ化され、年末に放送されるそうだが、ドラマを見る前でも、見てからでも、ぜひ一読してほしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

落語好きなら楽しめる

2016/03/30 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tomo909 - この投稿者のレビュー一覧を見る

談春さんのファンでなくとも、落語が好きなら楽しめる本です。私自身は談志師匠に興味あってこの本にたどり着きました。他でもない、立川流の師匠と弟子を描いている作品なので、普通ではない物語ですが、それでも落語への愛情ある文章ですので、楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

赤めだか

2016/03/05 15:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビドラマを見て原作が気になり、読んでみました。テンポ良く楽しく、さらにドラマ後の話も興味深いものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い!

2016/02/26 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話し上手な人は、やっぱり書くのもお上手!
談春さん、すごい!尊敬です。
落語、見に行きたくなります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

落語にかけた男の青春

2016/02/15 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在最も人気がある落語家、或いは俳優としても認知されている立川談春自身が17歳で落語立川流に入門し、真打ちになるまでを描いたエッセイ。
前座時代のエピソードや、師匠談志との思い出、志らくを始め共に切磋琢磨した仲間との絆・・・落語ファンはもちろん、落語初心者や落語は聞いたことないけどドラマで談春さんは見たことあるという人にも是非読んでほしい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

笑って泣ける名エッセイ。

2016/01/07 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は立川談春の、談志一門入門から真打昇進までの下積み時代を綴ったエッセイです。落語に詳しくなくても笑える話、アツい話が詰まっていて充分楽しめました。つかみは俗っぽいのに、読み進めていくと伝統芸能に対する考え方や、談志との師弟愛にも話が及んで、深い作品だとつくづく思わされます。

角川や集英社の文庫本の表紙のような質感ではなく、若干ザラザラした和紙のような装丁も気に入りました。おすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

想い

2016/01/03 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和の時代も、かいまみえ。今は、このようなコミュニケーションは、どこに身を置いても、とれないかなぁと思いますが、せめてこのエッセイで擬似体験してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あっという間に読めました

2015/12/29 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだか立川談志さんがまだ生きていらっしゃるような感覚がしてきてしまいました。小説のような難しさは無くとても楽しく何度か笑ってしまいました。談四楼さんの談志が死んだも読んでいましたので面白さも倍増したかも…最後はほろっと感動です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

買って損のない本

2016/04/30 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OKOK箱根 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビドラマを見て、購入しました。講談社エッセイ賞を受賞しているだけあって、文章はうまいです。買って損のない本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

落語を知らなくても

2016/02/18 08:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kocka - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが噺家さん!というべきなのでしょうか、それとも談春さんだからなのでしょうか?
人を笑わせて、泣かせるのがお上手。
談志師匠に憧れて弟子入りし、修行を積んだ頃のあれこれを思い出して語られたエッセイ。茶化したようなスタンスで面白可笑しく語られているのに、談志師匠やお弟子さんたちの愛や熱い想いがちゃんと伝わってきて、ついホロリとしてしまう。ちっとも落語に詳しくない私ですが、この笑いと涙で落語の世界を垣間見たような気がしました。そして単純な私は落語にも興味を持ちはじめるという(笑) こうやって新たな世界への扉が開けるというのも、読書のいいところ。この本をすすめて下さった方に感謝しつつ、他の方にもおすすめしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お勧めされて

2016/03/22 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けぇちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人に勧められて購入。
まだ読み始めですが、読み始めたら止まりません。
寝る前に読むのではなく、休日にゆっくり読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/03 16:24

投稿元:ブクログ

昨年、談春の落語家三十周年記念の落語会「もとのその一」を観に行った。談春は文七元結を演ってくれた。恥ずかしそうに嬉しそうに「赤めだか」がドラマ化されること、自分の役を嵐の二宮くんが演ること、談志はビートたけしが演ると語っていた。
年末のドラマを観て、原作を読まねばと思った。

原作は談春が立川流の門を叩き弟子入りし二つ目に昇進するまでの4年間、新聞配達をしたり、築地の魚河岸に修行に出されたりしながら成長していく様子や、談々、関西、志らくとの前座仲間とのエピソード、師匠談志が教えてくれた落語家としての生き方が描かれている。

『よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなかったという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準では馬鹿と云う』
談志の視線は常に誰よりも冷静自己を分析する。

笑って、泣けて、でもただの青春譚に終わらない
、そんな一冊。

2016/01/09 13:21

投稿元:ブクログ

ドラマが面白かったので、その後に読んだ。ドラマに描かれなかったエピソードも面白かったし、落語をちゃんと聴いてみたいなとも思った。談志師匠の言葉はキレ味が良い。
ドラマ舞台挨拶で、談春役を演じた二宮くんが「みなさん見て下さいとは言わない。たまたま見た人だけは何かを得られると思う。見なかった人は損をすればいい。」と言ったのは、談志イズムだったんだなと思った。
談志という強烈な個性を持った師匠の元に集まる弟子も個性が強い。キツい修行生活の中に笑いと優しさがある。
芸を伝承していくこと、時代に合わせて改革すること、音とリズムで覚えること、型を入れた後にオリジナリティを加えてゆくこと、きちんと説明した上で背中を見せること。大事なことはどの世界でも同じようだ。

2016/02/29 16:50

投稿元:ブクログ

なんとも小気味いい文章が続いて、読んでいる間の時間がとても楽しかったです。
落語好きの方に連れていただいて何回か落語を味わいました。本に出てくる志らくの落語も聞きました。
この本を読んでから味わったらもっともっと味わい深かったかな、なんて思いつつ。
落語になるまでの未知の世界を面白おかしく、だけどうるっと感動もしてしまう人間味に溢れている一冊でした。
昨年末のドラマも手伝って落語界が元気になりそうですね。

2016/01/05 19:47

投稿元:ブクログ

「己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬努力云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし、人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。芸人なんぞそういう輩のかたまりみたいなもんだ。だが、そんなことで状況は何も変わらない。よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う」
2016年、立川談志のこの言葉を噛み締めて頑張らねば。

サイト内検索

キーワードを入力