サイト内検索

詳細検索

ニコカド2016 総合ページ(~10/7)

全品ポイント50倍(0930-1007)

昭和元禄落語心中(9)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/05
  • 販売開始日:2016/02/05
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-380832-2
コミック

電子書籍

昭和元禄落語心中(9)

著者 雲田はるこ(著)

有楽亭八雲(ゆうらくていやくも)の落語が聴きたい――。その心ひとつで叶えた贔屓筋だけの小さな会で、与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)がかけた思い出の根多が、師匠...

もっと見る

昭和元禄落語心中(9)

540(税込)

ポイント :5pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

昭和元禄落語心中 9 (KCx ITAN)

627(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 25.9MB 無制限
Android EPUB 25.9MB 無制限
Win EPUB 25.9MB 無制限
Mac EPUB 25.9MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有楽亭八雲(ゆうらくていやくも)の落語が聴きたい――。その心ひとつで叶えた贔屓筋だけの小さな会で、与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)がかけた思い出の根多が、師匠・八雲の心を動かし、もう一度高座へと導く。が、無粋な邪魔者が場を乱し……? 時は巡り、頑なだった八雲に再び慰問落語の機会が訪れる。手前(じぶん)が 愛した落語。かつての友が愛した落語。すべてを道連れに、初めて出会えた芸の神様とは――。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

9巻

2016/09/17 13:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

助六の粋な計らいが良かった。十四話は八雲さんらしく死神風な扉絵と、何より話が凄く好き。おじいさんなのにこれだけ色気があるのは八雲さんくらいなものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きです

2016/02/14 15:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けぇん - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きです、この感じ。TVアニメも始まり、どこまでアニメ化されるのか気になるところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作家買い

2016/07/21 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

むはぁ~~~~切なくて泣ける。
八雲師匠がそれでも色っぽい・・・
あと1巻!あ~~~楽しみに待っています♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

落語、な巻。

2016/02/13 15:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とすてむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

師匠をめぐる、いろいろな人の視点から見た落語の姿を堪能できる巻。恋愛や親子関係というよりも、「落語」というものそのものに焦点があてられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/08 18:30

投稿元:ブクログ

泣けてくるなぁ…
くもはるさん、漫画が本当に好きなんだろうなぁ…って『落語心中』の9巻読んでて思う。そして、当たり前なんだが、人間を描くのが漫画であり、創作であり、文化の一つなんだと思う。
絵を描くのが好きで漫画描いてる人と、漫画と言う文化そのものが好きで描いている人と、具体的には言えないけど、そこに差がある気がする。頭の中の架空のお話を二次元にする、と言う作業は結果として同じになるけど、頭の中の物語を絵にするのと、頭の中の空想や妄想を絵にするのとは違う気がする…。
漫画は、この人の生きてる姿を描き写したい、じゃなかろうか。イラストは妄想をパッシャっと写真撮るみたいに紙に写し取る作業、って気がする。イラストの連続でもコミックスになる、ってだけかも。
設定ではなく人間を描く、この差は大きい。

与太みたいな人間は「解放者」ではない。彼自身も道に迷って、八雲師匠の落語を聞かなければチンピラのままで終わったかもしれない。懐がデカいとか、人間がデカい素養があるのではなく、人に裏切られても人は人であり、人を見限らない人間臭さが素晴らしいんだろう。

2016/02/05 13:34

投稿元:ブクログ

与太郎改め三代目助六が八雲師匠も小夏も同席する高座にかけたのは、初代助六が最後にかけた「芝浜」。八雲師匠は慰問で「たちきり」をかけ、みよ吉の亡霊に若旦那の小糸への思いのたけを語る。与太ちゃんの「居残りの会」にふらりと現れた八雲は、ひーさんに「品がない」などと酷評するが、お守り代わりにずっと持っていた初代助六の扇を与太ちゃんに託す。一方、萬月は八雲師匠から「応挙の幽霊」の稽古をつけられ、ひーさんに「つまらない」と言われながらも与太ちゃんにできない落語を継ぐのが萬月の使命だと諭す。

与太ちゃんつまり三代目助六と萬月という次世代に託すべきものを託したと感じたのか、八雲は終業した雨竹亭に現れ、誰もいない客席に向けて『死神』をかける。自らが愛した昭和の落語と心中するかのように。あらわれた助六の亡霊が死神に変身し、八雲を連れ去ろうとする寸前、与太ちゃんが現れて手を伸ばす。「嫌だ 死にたくない たすけて」と、初めて心の奥にある本音を口にする八雲を、助六が救い出す。

みよ吉の霊を八雲師匠以外にも小夏が見ることができたり、初代助六の霊が八雲と口をきいたと思えば死神に変身したり、謎が解けるのは最終巻となる次巻でしょうか。

落語は、八雲師匠が望むような形ではないけれど、人とともに生き、三代目助六と萬月に託される。かつての二代目助六と八雲襲名前の菊比古のコンビのように。

最終巻に向けての謎をいくつか。
・助六、みよ吉の死の真相。松田さん証言ではみよ吉が助六を刺したそうだが、動機は何か。菊比古の誘いに乗って東京で落語界に復帰しようとした助六と父について行こうとする小夏を殺して、かつての菊比古と自分だけの世界を取り戻したかったのか、自分から菊比古を奪った落語に復讐するために菊比古の無二の同志である助六を滅ぼしてしまいたかったのか。
・親分と八雲が共有する秘密。どうやら与太郎が組を抜ける前から親分さんとは面識があるようだ。最新刊の様子では、信之輔くんの父親が親分さんじゃないかという疑いに加えて、親分さんと八雲はもっと深い秘密を共有しているかも知れない。
・八雲と小夏にだけ見える、助六とみよ吉の意味。9巻最終場面としては八雲の自滅願望(落語の心中相手となるはずだった助六を喪って以来の厭世観)が助六の姿に化けた死神を見せたという気がするが、八雲の生きることへの執着(たぶんまだ何かやり残したことがあったり、思いを伝えきれていない未練がある)と次世代の落語を象徴する三代目助六(与太郎)が救出した。ならば、助六とみよ吉の亡霊(?)は八雲と小夏に何をつたえたかったのか。
・八雲はいつどのようにして終焉を迎えるのか。思うような時に思うような死に方ができないのが人の世の常だけど、タイトルにある「昭和元禄落語心中」を象徴する死に方としては、現代に落語の居場所を造ろうと約束した助六亡き後、自分が旧い時代の落語の伝統を全部ひとり抱えて亡くなることで落語と心中することが第一巻時点での八雲の意思だったと思う。しかし、自分と助六の落語を受け継いで再構築することに成功した三代目助六(与太郎)、女落語家にはならなかったが下座さん・お囃子さんとして寄席を���える不可欠な鳴り物スタッフになった小夏、どうやら助六の落語遺伝子をもって生まれて三代目助六の父性愛を受けてすくすく育っていく信之輔、上方落語の生き残りとして再興に苦闘しながらキャラ的にはかつての生真面目で面白くない菊比古を思い出させるので使命感を持ったら九代目八雲を名乗れるぐらいに化けそうな萬月師匠、助六と萬月さんを知的に支えるひーさんと、当初は考えてもいなかった落語の継承が進みつつあるようだ。なので、最終巻の予想では、三代目助六が八雲の型でも助六の型でもなく両方の特徴を持ちながら与太郎の型になっている「死神」をかける高座(前巻で寄席が燃えちゃったんで、どこになるかな)を袖で聴きながら、眠るように亡くなっている(小太郎ちゃんとか前座さんが揺り動かしてみたらもう彼岸に行っていた)というラストを希望。
・そして、焼き場で空に上がっていく煙を見上げながら、信之輔くんが「野ざらし」をかけるのを、三代目助六、小夏、松田さん、萬月さんなど落語関係者が見送る。

もうひとつ考えたラスト。寄席に火をつけた罪で鈴ヶ森刑務所に収監された八雲師匠が、親分さんはじめ収監された人たちの前で、毎日「死神」をかける。そして、ある日、助六みよ吉から迎えが来て、高座終了と共に力尽きて死ぬ。

……って想像し過ぎ?

2016/08/05 14:23

投稿元:ブクログ

わたしが間違ってたのかも!これはヨタちゃんの与太郎編じゃなくて、まだ八雲師匠と助六さんのお話だったか。まあヨタちゃんは小夏と家族になったので、からんでいるのですが、お話は回収しきれずしっくりと馴染めてないような気がしました。
いきなり親分さんとか出てきてもね。ちょっと!誰?みたいな。八雲師匠がヨタちゃんたちに伝えていない事が何かまだあるのでしょうか。
次巻が最終巻とわかっているのは良いような悪いような。です。
個人的には、小夏の息子がどうも好きになれない。

2016/04/23 08:35

投稿元:ブクログ

八雲師匠は、入り込んでしまった自身の世界から脱することができるのか。
世代間の理解、つながりは、どうあればうまく運ぶのだろうか。

2016/08/21 01:04

投稿元:ブクログ

いよいよクライマックス!弱ってゆく八雲さんに色気を感じてしまいます。それにしても警察を一喝した女将さんカッコいい!惚れます。みよ吉さんが小夏ちゃんにも見えていたなんてビックリです。次巻いよいよ最終巻。物語がどのように終息へ向かうのか気になります。師匠、生きて〜!

2016/09/12 15:29

投稿元:ブクログ

いや~、震えますね。落語に殆ど接したことがなくても、そこで演じられる芸術が見えてくる気がするのは凄い。師匠の魂の物語、次で大団円を迎えるみたいですが、どんな感動が待っているんでしょうか。気になりますね。

2016/06/01 22:41

投稿元:ブクログ

小夏と与太郎の子として育つ信之助。
束の間の幸せを切り取った記念写真の後は、
ああやっぱり悲劇が待っていた。
死神になった先代助六に
取り込まれようとする八雲師匠。
死神の力に、与太郎は勝てるのか。

2016/05/15 21:31

投稿元:ブクログ

やはりおもしろいね~。
師匠のかたられてない過去あるのかな~。だから、刑務所めぐりしてたのかな~。

次号は、最後楽しみです。

2016/06/12 11:59

投稿元:ブクログ

八雲と助六編の伏線の回収の仕方がすっきりしません。助六・小夏世代が膨らまず平板ですし、前の世代とのつながりもしっくりしなかったですね。結局、八雲の生き様を描きたかったのでしょうか?絵のタッチにも初めの頃の、色気や艶が感じられません。八雲・助六・みよ吉たちの、生きている時も死んでからも離れられない、業のような落語の世界を見たかったなぁ。

2016/02/15 21:44

投稿元:ブクログ

続きが気になるのでとりあえず買っているが、なんとなく馴染めない。。

次が最後という事ですが、どんな結末を迎えるのか。

2016/07/31 11:58

投稿元:ブクログ

負のエネルギーを糧にするタイプの芸人なのだ。八雲師匠は。だから幸せになることができない。そして完璧主義だ。体の衰えと共に芸が変化していくことが許せない。大衆の嗜好に合わせ、柔軟に変化していく与太郎の芸を許せないように。
孤高の芸も大衆に寄り添う芸も、どちらもそれぞれの良さがあって必要だと思うけど、師匠は自分を追い込み過ぎですね。もう少し幸せになって欲しい…。

仕事・職業 ランキング

仕事・職業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む