サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 疲れない脳をつくる生活習慣
疲れない脳をつくる生活習慣
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/10
  • 販売開始日:2016/02/10
  • 出版社: プレジデント社
  • ISBN:978-4-8334-2160-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

疲れない脳をつくる生活習慣

著者 石川善樹

ビジネスパーソンのためのマインドフルネスの入門書!アスリートからグローバル企業のパワーエリートまで、過酷な環境で最高のパフォーマンスを出すために実践しているマインドフルネ...

もっと見る

疲れない脳をつくる生活習慣

1,188(税込)

ポイント :11pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

疲れない脳をつくる生活習慣 働く人のためのマインドフルネス講座

1,188(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.1MB 無制限
Android EPUB 9.1MB 無制限
Win EPUB 9.1MB 無制限
Mac EPUB 9.1MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビジネスパーソンのためのマインドフルネスの入門書!

アスリートからグローバル企業のパワーエリートまで、
過酷な環境で最高のパフォーマンスを出すために実践しているマインドフルネス。
ストレスコントロール、糖質コントロール、睡眠のコントロールを効果的に
行うための科学的なアプローチが注目されています。
その内容を今日から実践できるレベルにまで落とし込みました。
疲れない、だらけない、怒らない毎日を過ごすためのウエルネスバイブルです。

【著者紹介】
石川善樹(いしかわ・よしき)
予防医学研究者。医学博士。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部を経て、米国ハーバード大学公衆衛生大学院修了。専門は行動科学、ヘルスコミュニケーション、統計解析など。
株式会社キャンサースキャン、株式会社Campus for Hの共同創業者。ビジネスパーソンを対象にしたヘルスケア、ウェルネスの講演、執筆活動を幅広くおこなっている。
NHK「NEWS WEB」第3期ネットナビゲーター。著書に『友だちの数で寿命はきまる』『最後のダイエット』『健康学習のすすめ』などがある。

目次

  • 【目次より】
  • 第1章◆1日5分の瞑想が人生を変える
  • 第2章◆時間管理の肝は睡眠にあり
  • 第3章◆仕事のパフォーマンスを劇的に高める姿勢術
  • 第4章◆血糖値を制する者は仕事を制す
  • 第5章◆疲れない脳をつくるための1日の過ごし方

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

基本的なことなのですが・・

2016/03/05 23:46

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

メンタルヘルスと言わずにマインドフルネスという言葉に新しさを感じました。
一つ一つは新しい小袖はないかもしれませんが、それを実行するのが難しいのですよね。
一つずつ、簡潔にポイントをまとめているので、
それこそ疲れないように一つずつ実行する(あえて一気に読み進めるのでなく)
という読み方が良いのかもしれません。
表紙のシンプルさもよい感じですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/12 17:06

投稿元:ブクログ

まあ正直言うと既知の事柄が多かったのでそれほど感銘を受けるということはなかったけれど、普段の生活の中でもできる瞑想や睡眠や食生活の注意点など改めて確認した。
椅子に長く座る習慣のある人は死亡するリスクが高いとのこと。
間にいくら運動をしても座る時間がながければ意味が無いようだ。
ちょっとパソコンを使う時間を減らそうかと考えた。
水を多く摂取し深い呼吸をするよう心がけようと思う。

2016/03/06 16:28

投稿元:ブクログ

・ 人間が1日に使える意思決定の量は限られている
・ 習慣化のうまい人は何かを終える時間を決めている
・ マインドフルネスな状態とは、「朝わくわくして目が覚めて、夜満ち足りた気持ちで眠りにつくこと」

2016/06/12 11:52

投稿元:ブクログ

 最近流行っている、Googleがやっているからを謳い文句とするマインドフルネス関連ビジネスは「マインドフルネスを自分の目的のために用いている」ような気がしている。「あるがまま」「いまここ」に気づくことを重視するより、その状態となった結果生じる「パフォーマンスの向上」を目的としているような気がする。
 別にそれが悪いというわけじゃないけれど、結果を求めてマインドフルネスを目指すこと、瞑想を行うことは「正解とならない(パフォーマンスの向上が図れない)」限り、マインドフルネスに失敗している、となってしまう気がする。
 そうなってくると、もうマインドフルネスと違うのではないかなぁ……と。

 しかしながら、どういうきっかけでマインドフルネスに触れるのかという機会を奪うのもどうかなぁともおもうので、一概にNGとは言えない。
 マインドフルネスに関しては、いろいろな本が出ているけれども、個人的に「マインドフルネスストレス低減法(ジョン・カバットジン)」をオススメしたい。

2016/06/03 22:14

投稿元:ブクログ

[図書館]
読了:2016/6/2

マインドフルネスの本を何冊か読んだ後には目新しくない内容ばかりだった。
姿勢を良くして呼吸を深くすることが、仕事にも子どもの勉強にも大事、これくらいかな?

2016/08/23 13:59

投稿元:ブクログ

新書感覚でサラりと読めてよかったです。
情報が多すぎず少なすぎず◎

挿絵のイラストやグラフが手書き風でかわいらしいな。

ヨガ・セロトニン・マインドフルネスetc.
ここ最近よんでいた本が必ずたどり着く先に「瞑想」
というキーワードが出てきて、むむむ…。

瞑想って、どことなく宗教チックな感じがしていて
どちらかというと避けてきた帰来があるのだけども
こうまでつづくとさすがにやってみようかな?瞑想…
という気持ちになってきました。

2016/03/12 16:36

投稿元:ブクログ

ここ2年間仕事をしていて思っていたことは、ある種の理想的な業務の姿を追い求めるのではなく、他部課よりかなり多めに課されたタスクをいかにうまく処理するかであった。当座は、個人としてはそれらに熟達し、また集団としてのチーム内で処理能力を高めることを心がけていた。そうした中で特に求められるものは、体力・気力と、いるメンバーでとりあえず何とかする力(計画・調整・実施・フォロー等)だと思っている。ただやみくもにそれらの力を各方面に注いだところで、限界があることもわかってきた。個人及び集団の処理能力を上げるには、個々人の善意とか、単なる気合いとかがんばりだけでは無理そうだった。

そこで、本書にあるようなマインドフルネスについて興味を持った。高度な判断を伴うタスクを処理するには、頭の中の脳が正常に作動することが必要なのは当然である。この本には実際に脳の働きを維持・管理する方法が紹介されている。依拠した論文もアペンディックスで示されている。また多くの製作スタッフが係っていた点も記されており信頼できる印象を持った。主な取り組み活動は以下のようなものだった。

・深呼吸
・7時間睡眠
・姿勢(PCの操作時、draw in エクササイズ)
・禅のように呼吸に意識を向け「いまここに」在ることに集する瞑想
・拡散思考を意識し、客観的に外から自分を見て受け止める観察瞑想
・低GI値の食事

以下のアプリを用いることで実践しやすくなる。
https://myalo-app.com/LP/

2016/03/05 13:23

投稿元:ブクログ

本を手にしたとき、紙の手触りといい色合いといい、優しくて落ち着く感触があった。装丁はクラフトエヴィングさんだとあとがきで知り、納得。素敵な装丁のはずです。
肝心な中身ですが、マインドフルネスをはじめて知る人にはいいかもしれません。
私の場合は、チョプラ氏の『心を満たせばカラダはやせる』の方がわかりやすく実践的だったので、もう一度読み返そうかなと思っています。
いずれにせよ、マインドフルネスが日本にキタかなって流れは、なんとなく嬉しい。

2016/03/24 17:27

投稿元:ブクログ

トイレのあと石鹸で手を洗う人はできる人が多い気がすると印象を語ることも多々あってちょっとどうなの?
ということ以外は参考になるのかなと…
ただこんな本はたくさんある気もする。
新しい発見があったかといえば大体知っている話グーグルがー、ジョコビッチがー。

2016/08/16 11:46

投稿元:ブクログ

結構前に読んだ本
マインドフルネスに興味があったのよねぇ~

付箋部分を紹介します

・深い呼吸のポイントは、ゆっくり吐くことです。鼻から5秒ぐらいかけて吸い
 吐くときは口からでも鼻からでもいいので、10秒から15秒かけます(p15)

・瞑想をするうえで大切なことは、「調身」「調息」「調心」の3つです。すなわち
 姿勢、呼吸、心を整えるということです(p209

・さらに瞑想は、脳の真ん中にある扁桃体を縮小させるという研究も報告されています。
 扁桃体は、怒りや恐怖に深く関係している部位です。(p34)

・「マインドフルネス」を「いまここでの経験に、評価や判断を加えることなく
 能動的に注意を向けること」と定義しています(p41)

・でも、瞑想を続けていると「あれ?今日の呼吸はなんかいつもと違うな」ということを感じるようになります。
 こうしたかすかな変化を感知する能力が、脳を鍛えていくうえでは決定的に重要なのです(p49)

・ボディスキャンとは、「離見の見」そのものです。つまり、自分という劇場で起きている感情や感覚の演技を
 観客として観察することが肝要なのです(p51)

・消極的休養も積極的休養も、目的は同じです。疲れた脳を休ませるということです。
 脳を上手に休ませることが、長期的には疲れない脳をつくり、高いパフォーマンスで仕事を続けることができる(p78)

・本は立って読め(p94)

・習慣化がうまい人の特徴を研究しているのですが、いちばんのポイントは
 「何かを終える時間を決めているかどうか」です(p137)

・人前で立派に振舞っているように見えても、その人が一つひとつの行動を大事にして生きているかどうかは
 手洗いのような些細な振る舞いから透けて見えてしまうのです(p143)

・息をゆっくり長く吐くと、セロトニンの分泌が増えるので、ストレスが軽減し、心がゆったりとした状態に
 落ち着いていきます(p149)

・人間の脳は「古い脳」「真ん中の脳」「新しい脳」の三層に分かれていますが、習慣を司る「古い脳」は
 新しい変化を極度に嫌がります。その意味では、人間は保守的に行動をしてしまう生き物なのです(p158)

・瞑想、睡眠、姿勢、食事(p160)

2016/06/12 15:23

投稿元:ブクログ

マインドフルネスについて、少し分かった気がする。あとは、実践していけるかどうかだな…

後半の内容は、個人的には新鮮味はなかった。まあ、なかなか実践出来ない訳だけど…

2016/07/18 15:02

投稿元:ブクログ

内容自体は平易で入門的かとは思いますが、著者のやさしい語り口から、すいすい読めて、飽きさせないようになっていると思います。

「最近疲れが溜まりやすくて」、とか、「瞑想って興味あるけどどうやるか分からない」、とか、本書の表題や帯の紹介文に少しでも引っかかりがある初学者(と言うのか?)の方には、もってこいかと思われます。

私自身としては、本書の内容自体目新しいものは多くなかったので、評価は星3とさせていただきます。

2016/08/16 21:35

投稿元:ブクログ

瞑想、ブルーライト、血糖値、姿勢、呼吸、等々広く浅くという感じ、いろいろ書いてあるが全て知っている。初めての人には新鮮かも

2016/03/20 07:28

投稿元:ブクログ

食事、睡眠、瞑想。

家族との時間の確保と限られたオフィスで過ごす時間の両方を今より充実したものにしたいので、いろいろ気づきが得られる内容でした。

血糖値のコントロールをさっそく意識してみよっと。

2016/07/07 08:37

投稿元:ブクログ

☆☆☆☆ここ最近、ラジオでチチョコチョコ「脳に関する」解説で耳にしていたので、YouTubeで観てみたら、好感の持てる若者姿が映っていました。そこで、どんな文章を書くのかなぁと思って手にとって、読んでみました。
感想、ラジオ、YouTubeの石川善樹さんそのままが語ってくれていました。とても分かりやすく、活用しやすいように身近な知恵を授けてくれます。東京大学医学部卒、ハーバード大学大学院修了。とありますから、難しい本ばかりたくさん読んでこられたのではないかと想像していましたが、「『マインドフルネス』とは?」を日常の生活のシーンにスタンスをおいて、説明してくれています。
では、この本から得た幾つかの知識と気づきを紹介します。
まずは、
①瞑想には【集中瞑想】と【観察瞑想】があり、それぞれ働き方が違うということ。それを実践、継続をするアプリ「MYALO」がオススメ
②「脳には複数の領域で構成されているDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)がある。
このDMNは.過去のさまざまな感情や記憶などをつなぎ合わせるときに、重要な役割を果たしている。」
この知識とそれをイメージとして持ち、自分の脳の働きを想像すると『閃き』の大きな手助けになると感じました。
③「扁桃体ハイジャック」という言葉。(この分野を研究する人たちの中ではよく知られているようだ)
扁桃体が活発になると、体内でコルチゾールという、理性的な思考を奪い、感情を暴走させるストレスホルモンが発生する。という仕組みなのだけど、「怒りが怒りを呼んで手がつけられない状態」を想像すれば良いのだけど、この言葉を知ることによって、自分がこの状態になったときにより速くブレーキを踏めるようになったと思える(試してみよう)
④あと、これは知識ではなく気づきなのだけど、なぜ、修行僧たちは1日の大半を瞑想に費やすのだろうか?
その理由は紹介されていないが、脳科学的な効果としては前頭前野や海馬の神経細胞の密度が増すということが実証されているそうです。
マインドフルネスの定義である『“いまここ”での経験に、評価や判断を加えることなく、能動的に注意を向けること』でこれに近づけるということなのだろう。
それにしても、仏教の世界では脳の構造のこともわからない昔からそのようなことをしてきたことと、それによってどのようなことを社会にもたらしてきたのだろうか?と疑問は尽きない。

⑤〜〜楽器を習ったばかりの人は、演奏中に「うまく演奏できるだろうか」とか「失敗したらどうしよう」といった余計な判断をくわえてしまいます。一流の演奏者は、自分と楽器のみならず、楽団や聴衆とも一体化しているような感覚で演奏することができると言います。つまり、余計な自我が演奏に顔を出してこないのです。〜〜
という状態は感覚的には良く理解ができるのですが、何かもっと良い、科学的なアプローチで説明してもらえたらなぁといつもこの手の説明文で感じてしまいます。
2016/07/07

健康法 ランキング

健康法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む