詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

夏の約束

  • 発行年月:2000.2
  • 出版社:講談社
  • サイズ:20cm/152p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210080-0

  • 国内送料無料

夏の約束

藤野 千夜 (著)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【芥川賞(122(1999下半期))】大学卒業後、ひた隠しにしていたのにゲイであることを社内に知られてしまったマルオ、その恋人のヒカル、男性から女性へトランスセクシュアル...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【芥川賞(122(1999下半期))】大学卒業後、ひた隠しにしていたのにゲイであることを社内に知られてしまったマルオ、その恋人のヒカル、男性から女性へトランスセクシュアルであるたま代。傷つきながらももう一つの世界で生きる彼らの姿を描く芥川賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤野 千夜

略歴
〈藤野千夜〉1962年福岡県生まれ。千葉大学教育学部卒業。「午後の時間割」で海燕新人文学賞、「おしゃべり怪談」で野間文芸新人賞、「夏の約束」で芥川賞受賞。著書に「少年と少女のポルカ」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(7件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

ほのぼのできる小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/05/01 13:18

評価4 投稿者:remi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、最初の方を読み始めた時点で「おっ?」と思ってしまいます。最初に登場するのは松井マルオ(商社勤務)、三木橋ヒカル(フリー編集者)のふたりですが、ふたりは同性愛者です。その後も、男から女に性転換した平田たま代(美容師)、たま代の犬のアポロン(マルチーズ)、岩淵のぞみ(OL)、田辺菊江(菊チャン・小説家)、岡野さん(マルオの家の階下に住む女性)など、個性的な人間が次々に登場してきます。彼らの間でなされた「夏の約束」とはいったいなんなのか、またその「夏の約束」は果たされるのでしょうか?
 とにかく、ほのぼのと読める小説です。本書に登場する人物たちみんなが、愛すべきキャラクターだからでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏の日差しがあるとすれば、必ずそれには影がある

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/01/23 11:50

評価4 投稿者:青月にじむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あっさりさらっとした作品で、鈴木清剛風の、一見何でもない日常のひとコマひとコマを切り取った作品。出てくる人たちはホモ(という表現が正しいのかどうかは分からない。でも、文中にはこの表現しか無かったりするのでこう書いておく)だったりトランスジェンダーだったり、心に屈託を抱えながらも「今」を生きていく。但し、そこに妙な気張りはなく、周囲に違和感を与えることは知りながらも淡々と自分の一日を過ごす、という感じだろうか。皆が「刹那的」で、今あるこの状態がいつまでも続くとは思っていないことは中心的人物であるマルオとヒカルの関係からも分かる。

 キャンプに行こうという「夏の約束」を実行しようとするもその計画は頓挫してしまう。そこまでの当たり前の日常を、半歩違った切り口で描いてみせる作品。こういう関係って、触れたら壊れそうな部分があって、でも、緩やかに繋がっていて、この年代にありがちなものかなあ、とふと思った。
 とっても女らしいトランスセクシャルのたま代も、事故に遭えばやっぱり「男性美容師」と新聞に出てしまい、収容される病室も当然男部屋、という、現実のつれなさを思い知らされてしまうくだりがなぜか好き。

 何気ない日常の何気ないように見えるあれこれを、繊細なタッチで描いた秀作、とでも言えましょうか。

 作品自体、夏の日のようにきらきらしながらもそれぞれにその日によってできる「陰」を持っていて、でも、その日も陰も自分のものとして淡々と生きるその空気感が気持ちいい。実は、分かってはいた筈なのに、読んでいる間この作者は女性だ、とずっと思っていたのだった。こういった「性的役割」がいかに根拠無きものかを思い知らされますな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2008/08/28 17:46

いつか読もうと思っていた本。
芥川賞受賞作だったんですね。
主人公がゲイなのは知っていたけど、デブとは思いがけなかった…
会社員のマルオは95キロ。編集者で小柄な恋人のヒカルとは手をつなぎっぱなしでデートをする仲。つなぎっぱなしにする必要性をこっちは感じないけれど、二人で宣言するような意味があるのかな〜。
今は女性になった美容師のたま代や、ヒカルの幼なじみの小説家・菊江など、彼らを囲む女たちも、ちょっとヘンだったりする〜ゆるい友達つきあいが描かれていて、なかなか良い感じです。
もっともの悲しいのかと思ったけど、嫌なこともありつつ、滑稽な日常。
2000年発行。作者は1962生まれ。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/01/20 22:35

ゲイのカップルやトランスジェンダーなど社会的少数者が、ごく普通に描かれごく普通に生活している。肩肘張らない描かれ方が大好きです。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/01/04 23:39

マルオとヒカルのゲイカップルとその仲間達のお話。
テンポ良く単純におもしろかったけどやや物足りなさが(´・ω・`)
菊ちゃんのお兄ちゃんの話や、たま代のお話ももっと読みたかった!

評価3 投稿元:ブクログ

2011/02/19 22:31

恋人同士のマモルとヒカル。二人のやさしく流れていく日常を綴っている。二人はゲイのカップル。普通と“違う”関係を嘆いたり、隠すこともなく、ふわっとした文体で包み込んだその空気感がいい。終盤に込められたさりげない主張。まだまだ人から気持ち悪いといわれるホモセクシャルな関係を作者の感性で透明感を持たせた点が上手いと思う。
私の間違いでなければ作者は男性だと聞いている。なるほど頷ける。第122回芥川賞作品。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/01/07 14:35

ゲイの人たちを数多く知っているわけではないが、彼らの生活がとても「リアル」に感じられる。へんに気負っていないところがいい。

評価2 投稿元:ブクログ

2010/03/28 01:20

芥川賞受賞作とは思えないほど(?)、さくさく読める。

ゲイのカップルを中心に話はすすみますが、男から女になったトランスセクシャルの美容師が出ています。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/20 22:04

途中、男二人の会話にちょっぴり涙しそうになったけれども、終始よくわからない空気。いわゆる複雑で繊細なのでわからないということよりも、記述の量と描写が薄すぎて、想像が膨らまずに、よくわからないという感想。なーんかこの惜しい感じ、ちょっぴりもったいない。
でも2000年にゲイカップルの小説を書くってセンセーショナルなことだったんだろうか?とかそっちのことを考えてしまった。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/11/22 11:12

さらっとした日常が最後までさらっと流れてく感じ みんなそれぞれに悩みや満たされない何かを持っていて、意外にみんな愛らしい感じで良かったかな

評価3 投稿元:ブクログ

2011/06/28 08:38

偶然なのか、直前に読んだ【熟れてゆく夏】と正反対にある作品。

あちらが「純文学調」なのに、こちらは「口語調」。

肩肘張った自然描写など皆無で、だれでも書けそうな文体。

あちら直木賞、こちら芥川賞の違いが見事に分かる。

オカマ、ゲイ、ホモの奇妙な男を中心に、ちょっと抜けた女性達が絡む話。

かなり、変な交友関係だが、どちらが人間的かと聞かれれば、ウ~~ンと唸ってしまう。

普通の人間ってナンなのよ・・・っと問いかけている作品。

と書くと、深そうに思われるが、全然深くない。

でも、やっぱり深い。

そんな難しいテーマでも、こうやって口語調に平易な言葉だけで書けるでしょう?と気付かされる。

じゃあ、オススメかというと、コレもウウ~~ンと唸ってしまう。

読んでいて、コレは男性が書いた作品だと信じて疑わなかった。

ところが、作者の写真を検索していると、見つからない。

ぼやけた女性の写真が一枚あるだけだ。

「千夜」というと、ひょっとして女性?

急に、確信が揺らいでしまった。

ようやくその正体が判明した。

男性なのに、それに違和感を抱く、性同一性障害を持った人らしい。

どうりで、不思議な文章だと思った。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/09/02 16:46

芥川賞受賞作。
さくっと読めました。
わりと明るくてさっぱりしていて、嫌いではないかな。
マルチーズのアポロンかわいい、と、ただそればかり考えていました。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/10/26 21:16

装丁と題名だけだと、小中学生くらいの子どもの話なのかな~と思ったんですが、読んでみたら全然違うので驚きました!
ゲイ、トランスジェンダー?女装家?、売れない作家、など何となく世の中のド真ん中本流から外れてしまったような人たちが出てきます。類は友を呼ぶ・・と言っちゃあいけませんよ。
彼らは、そのことを取り立ててマイナスに思うわけでもなく、「普通のこと」として生きていて。
トイレの個室の壁にあんなような落書きをするサラリーマンっているんだな・・・て違う所で、ふ~ん。って意外に思いました。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/09/04 13:51

「八月になったらキャンプに行こう」そう約束していたマルオたち。発起人はオカマちゃんのたま代だ。マルオと彼を取り巻く心優しい人々の、ある夏の物語。
主人公のマルオはゲイでヒカルという恋人がいる。堂々と手をつないで町を歩く。小学生に卑劣な野次を飛ばされたりするが、マルオは黙って受け流す…。
あまりにも淡々としすぎて、読んだ後ちょっと呆然としてしまう。 “差別”というテーマにしてはおとなしすぎるし、本当に、起伏のない日常を描いたって感じ。この中にどんなメッセージがあるのか、私には分かりません。
☆芥川賞

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.