サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

花屋の二階で

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900130-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

花屋の二階で (キャラ文庫 毎日晴天!)

著者 菅野 彰 (著)

花屋の二階で (キャラ文庫 毎日晴天!)

555(税込)

花屋の二階で 毎日晴天!5

555(税込)

花屋の二階で 毎日晴天!5

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ためらいながらも手を伸ばそうとしている2人。

2001/02/10 16:54

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある朝目覚めたら裸の上に妙な痛みの残る身体に驚いた大学生の明信は、隣に同じく全裸の幼馴染み・花屋の龍が寝ていて動揺しまくるが、実のところ酔っ払っていた明信に前夜の記憶はなく・・・。
 7歳も年上で昔から面倒見のよかった龍に、会えば何故か甘えてしまう明信だったが・・・。
 今までの同シリーズだと、恋愛色より家族愛色の方が濃い、という感じがしたのですが、明ちゃんの話は龍ちゃんとの大切な思い出をモチーフに家族的なことももちろん絡んではくるものの、龍ちゃんの明ちゃんへの優しさがすごく伝わってくるし、無茶やってた過去のことはどうやっても消すことは出来ず、いつまでも自分はそれを背負って生きていかないといけない。
 それゆえに前へ足を踏み出すことをためらう龍ちゃんの気持ちも、また、その龍の傍にいてあげたいと思う明ちゃんの気持も、互いにためらいながらも手を伸ばそうとしているようなやりとりもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 01:02

投稿元:ブクログ

なかなかいい話。このシリーズはあれが(何かは想像して)なくていいんです。苦手なんだよね。あれ。カップリングが以外なようで以外ではない・・・。

2005/07/06 15:09

投稿元:ブクログ

晴天シリーズで一番好きなCP!もぅ大好き!次男・明信がまさか花屋とっ!でもなんか読んでくうちに二人が出会うのは納得でした!この先この二人の関係をシリーズで出ないか期待します!

2006/09/09 19:21

投稿元:ブクログ

あえてシリーズの中から一冊。この二人が一番好きだったり。二人はほんとにもどかしいなぁ……と思いつつ。

2007/01/10 18:00

投稿元:ブクログ

わたしも中間子だからか、三男には共感できる部分が多かったです。(え、何の感想)
晴天シリーズでいちばん好きなCPだったりします。

2008/11/21 21:04

投稿元:ブクログ

毎日晴天!シリーズです。
眼鏡で穏和でナイーブな明信が好きです。
明信を「白百合」とか言ってしまう龍ちゃんも好きです。
せつなさとかもどかしさがあって読んでて「この二人は!」と思います。
微妙な距離感がたまりません。

2009/11/06 22:53

投稿元:ブクログ

【あらすじ】 「なんで僕、ハダカなの!!」大学生の明信は、ある朝目覚めて、自分の姿にびっくり。体に妙な痛みが残ってるし、隣には同じく全裸の幼なじみ・花屋の龍が!!もしや酔った勢いでコンナコトに!?動揺しまくる明信だけど、七歳も年上で昔から面倒見のよかった龍に、会えばなぜか甘えてしまい…。帯刀家長男と末っ子につづき、次男にもついに春が来た!?ハートフル・ラブ。

もともとこれの漫画がきっかけだったわけだから、まずはここが当初の目的地。
実際は折り返し地点かな。
著者の文体にも慣れ、くせになってきた。

2011/08/02 14:04

投稿元:ブクログ

朝の食卓での家族の爛れきった会話に業を煮やして、自分は〈清純派〉なんだと啖呵を切った、次男・明信が、志麻姉と同い年で幼なじみの花屋の龍ちゃんと、恋を芽生えさせてしまいましたよ。

あとがきで花屋カップルは最初の構想には無かったと知ったからかはわからないけども、

まあ、若干唐突すぎる気はせんでもなく。

でも、龍ちゃんの鬱屈も、明ちゃんの苦しさも、
同じような境遇や状況でなくても覚えがある気がして、

身にしみた。

お互いに気づいていなかったくらいの思いやりをずっと注いでて、
それがようやっと、お互いの心にストンと落ちるまでになったんだろうなとすんなり思えるほど、
丁寧にやさしく描いてくれたので、
自分は満足でした。

やっぱり、明ちゃんまでもが…!と思わないこともないけど、
何気に花屋カップルがいちばんすきだったりします。

ふたりの距離感が、いちばん心地良くてしっくりくる。

あとは真弓の幼児返りにちょっと辟易したり、勇太の粋な味方っぷりがいいなと思ったりしてました。

2011/10/17 21:20

投稿元:ブクログ

 最初、このカップリングにビックリしたんだけど。
 おまけに、話の流れが理解できなくて。
 このカップリング自体がわからなかったんだけど。
 今、読んだらとってもよくわかった。
 そらぁ、そうだよな……と、今思えば、私、明信と同じ年なんですよね……。
 最初呼んだとき、真弓より年下だったのに……(´・ω・`)ションボリ
 時の流れは無情だ……。

 点数的には70点……かな。
 わかれば好感度の高いカップルだと思う。

キャラ文庫 ランキング

キャラ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る