詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

赤毛のアン(集英社文庫)

  • 発行年月:2000.5
  • 出版社:集英社
  • レーベル:集英社文庫
  • サイズ:16cm/555p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747201-9

文庫

  • 国内送料無料

赤毛のアン (集英社文庫)

モンゴメリ (著), 松本 侑子 (訳)

紙書籍

864 ポイント:8pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(33件)
★★★★★(24件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2008/04/07 22:55

何度よんでもいい作品だと思う。すべての登場人物はなかなか個性的だし、ストーリーじたいも日常がきちんと書き込まれていて興味深い。殺人や冒険といった「事件」によってつくられたストーリーではなく、家族の成長や死といった素材で読ませる本当の小説だと思う。訳者もいっているように、児童文学ではなく、英文学の血脈をひく、大人の鑑賞にも堪える文学である。むしろ、大人にとっても自らの生き方を考えさせられる点が多いといえるし、子育てに興味深い観点もたいへん多い。注釈については、よく調べてあり興味ぶかくよんだ。ただし、古典の翻訳には本来このような注釈が不可欠なはずだと思う。わたしは漢文をやっているので、漢文の注釈よりは薄味だと思った。出版社も注釈によって分厚くなることを厭わずに、こうした優れた翻訳書をどんどん刊行してほしいと思う。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/08/26 20:08

 小学生の頃シリーズで何冊か読みましたが、大人になって読み返してみて、やはり名作だな〜と思うのです。アンを通して変わっていくマリラやマシューの様子や人々に愛され続けるアンの魅力がステキです。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/09/18 23:49

アンをひさしぶりによみました
やっぱり、おもしろい!
この文庫は注釈がしっかりかかれているので、そこもまた楽しめました。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/10/31 12:33

名作。
テンポがよく美しい文章で、一気に読みきってしまった。
アンが徐々に大人になっていくのがどこか切なくなります。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/10/26 09:04

これまで機会がないこともあり、読んだ事なかったんです。
子供向けのものだと思ってたし。

でも、全然違うんですね。
読んでよかったです。
大人向けでもありますね。
ちょっとしたことで感動して泣きそうになりました。
実際に何ヶ所か涙しましたが・・・。
もう少し若い頃に読んでいてもよかったなって思います。

ちょっとはまりそうなので、シリーズをゆっくり読んでいこうと思います。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/06/05 22:29

マリラとマシューの愛情に包まれながら、少女から素敵な女性へと成長していくアン。。。
何度も読みたい名作ですね♪

評価5 投稿元:ブクログ

2008/06/19 14:19

学生の頃、読んで感動した一冊です。
想像好きなアンに、いたく共感し
自由な考え方をこの本から学びました。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/06/10 11:04

アンは読んでてもうるささがわかる。
でも面白かったし、いいこだったなぁ。

幸せな話でした。
続きもみようー

評価4 投稿元:ブクログ

2009/05/24 11:33

アンの自由奔放さ、絶対私にはない要素故
とても惹きつけられて(うらやましくはなく)
新種の生き物を見ているかのように、新鮮な
気持ちで見つめていたことを覚えている。

アンとマシュー、マリラの関係にほろり。
特にマシュー。

とてもあたたかな小説。

続編も全部読んだけれどあまりにも記憶がなくて。
再読してみたい。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/01/31 03:13

これまで機会がないこともあり、読んだ事なかったんです。
子供向けのものだと思ってたし。
でも、全然違うんですね。
読んでよかったです。
大人向けでもありますね。
ちょっとしたことで感動して泣きそうになりました。
実際に何ヶ所か涙しましたが・・・。
もう少し若い頃に読んでいてもよかったなって思います。
ちょっとはまりそうなので、シリーズをゆっくり読んでいこうと思います。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/10/25 02:25

朝ドラに付随してアニメの再放送が始まり、改めて観てたら面白くて、アンの喋りがとにかく面白いので、これは本の方が絶対面白いに違いない!!と、読んでしまいました。
おかげで文庫本にはまってしまった。。。

アンが色々と事件を運んでくるんですが、中でもレイチェル夫人への謝罪の仕方とか、ダイアナのジュース事件とか、何よりギルバートのいたずらに対する衝撃的な仕返し!!アンのコンプレックスの強さ、恐るべし。
最後の最後はうるっときました。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/06 15:17

赤毛のアンはTVアニメでファンになったという人も少なくないと思います。年代的にはたぶん私よりも少し若い世代、もしくはちょっと上の世代で子供と一緒に見たというお母さん世代になるのではと思います(^^)。私は残念ながらアニメを見る機会はなく、全文を読み通したのは今回が初めてでした。
日本語訳としては村岡花子氏によるものが長く親しまれてきました...

【開催案内や作品のあらすじ等はこちら↓】
http://www.prosecute.jp/keikan/044.htm
【読後の感想や読書会当日の様子などはこちら↓】
http://prosecute.way-nifty.com/blog/2008/11/44lm-bca4.html

評価5 投稿元:ブクログ

2010/09/09 00:03

久しぶりの「赤毛のアン」。恐らく3回目。そして、新訳。
少女趣味的な長い描写には参ったが、美しい自然、勉学に励む姿に心を動かされた。
育児(躾)について、示唆に富んだ言葉が多い。
また、マリラに触発され、リビングの整理整頓を始めた・・・

評価5 投稿元:ブクログ

2014/05/16 23:10

2014.5.15〜6.15
赤毛のアン、はじめて読んだけど、すごく良かった。面白いし、最後は感動して泣きながら読み終えた。マシューの死の場面は悲しかったけど、私の気持ちを代弁してくれるようだった。そして、最後は希望に満ちた終わり方だった。神がすべて良しとしてくださる、その希望。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/09/19 23:34

この新訳がおもしろいと母の勧めで。
そして、はまりました!シリーズ全部あるのかと思っていたらそうではなく、村岡花子さんの訳で全巻再読。
小学生の頃、友人と一緒に学校の図書館で借りて争うように読んだのを思い出しました。
アンの希望を失わない生き方は、いくつになっても勇気づけられます。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.