サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

花嫁の持参金(ハーレクイン・ヒストリカル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル 愛と称号と財産と)

著者 スーザン・スペンサー・ポール (作),永幡 みちこ (訳)

花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル 愛と称号と財産と)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/12/12 14:16

投稿元:ブクログ

リリスは10年を過ごした修道院に別れを告げ、故郷に向かっていた。ところが途中、石弓を携えた双子の少年に拉致され、見知らぬ城へと連れて行かれた。そのうえ物置部屋に押し込まれて、一日中放っておかれてたのだ。お腹は空くし、喉も渇く。それに、囚われの理由も分からない。なぜ私をここに?そもそも、ここは何という場所なの?
翌日すべてが明らかになった。ここはガイア。
彼女の故郷ウェルウィンの南、イール川の下流にある広大な所領だ。領主アレクサンダーの話では、リリスの持参金となる上流の土地で川がせき止められガイアの農地が干からびたという。
いくら大柄で美丈夫の立派な騎士でも、この問題は解決できなかった。だが、偶然リリスを手中に収めたお陰で彼は明暗を考えついた。彼女を花嫁にする。そうすれば持参金が手に入るではないか。

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む