サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

きんぎょが にげた(福音館の幼児絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 265件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1982.8
  • 出版社: 福音館書店
  • レーベル: 福音館の幼児絵本
  • サイズ:22cm/23p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-0899-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

著者 五味 太郎 (作)

「きんぎょがにげた」「どこににげた」金魚鉢から逃げだした金魚は、カーテンのもようの中に隠れたり花の中に隠れたり。子どもたちの大好きな絵さがしの絵本。

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

972(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー265件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

小さなお子様をお持ちの家庭にこの絵本は必需品

2004/05/06 20:00

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミケ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 以前、ほんの1年間でしたが自宅で絵本の家庭文庫をしていたことがありました。
そのころ息子の幼稚園で同じクラスになったとっても元気のよい男の子がいたのですが
その子のお母さん、それまで全く絵本なんて子どもに読んであげていなかったらしいのです。
日々の雑務に追われて、忙しい忙しいって、絵本を読もうなんて思ったことなかったそうです。
それが、ひょんなことから親しくなり、ちょっとしたきっかけから我が家の文庫に
遊びにきてくれるようになりました。
 どんな本を選んでよいやらわからないので、何かお勧めの本を教えて欲しいと
いうことだったのですが、この場での私の選書でこの親子のこれからの絵本との
かかわりが決まってしまうのではないかと緊張しました。
そして、私がお勧めした絵本がこの五味太郎さんの「きんぎょが にげた」でした。
ほとんど絵だけで、逃げたきんぎょを探すと言うシンプルな内容ながら、
子どもを惹きつけずにはおかない魅力のある絵本です。

 本の返却にきた時、そのお母さんが
「子どもが、こんなに笑いながら楽しそうに絵本を見るなんて、思いもよらなかったわ。
何度も何度も、読んでくれとせがまれて、『こんなのが、そんなに楽しいのかしら?』
と思いながらもゲラゲラ笑いながら楽しそうにしているので、ついつい何度も
読んでやったのよ。ホントにびっくりしちゃった。」
と仰ってくださったので、とても嬉しく思いました。
そして、五味太郎さんの絵本で他にいい本はないかしら、と言うので今度は
「きいろいのは ちょうちょ」と「ぐう ぐう ぐう」をお勧めしました。

 この男の子に限らず、この「きんぎょがにげた」はおはなし会などでも大人気で、
1、2歳の小さな子どもから小学校高学年の子どもまで一緒になって楽しめる絵本です。
もう、みんな身を乗り出してきて盛り上がるのです。

 夜寝る前に子どもと一緒にこの絵本を開いたなら、一度読むだけではすまないと
覚悟した方がよいでしょう。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「こんどはどこ。」の問いかけに答えるのが楽しい絵探し絵本。

2004/07/13 01:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪あかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

五味太郎さんは写生はしないのだとどこかで読んだことがある。曰く、五味さんのなかにある「それらしいもの」を描いているのだと。そんな五味ワールドだからこそ自然に描かれる絵探しが、この本なのだろう。

主人公はつるんと丸っこい身体にYの字型のしっぽがついた、赤くてかわいい1匹の金魚だ。金魚鉢から飛び出した彼は、さまざまなものに姿を隠しながら逃げ続ける。隠れる場所がいつもユニークで、ページをめくるのがどんどん楽しみになる。本物の金魚ならば隠れたことにならないような場所でも、この絵本の金魚は確かに金魚でありながら、紛れたものたちに似ているのだ。

わが家では長男が0歳のときに購入した。最初はきれいな色彩の絵を楽しんでいる様子。1〜2歳になると、これは絵探しの本なのだということは理解したようだが、まだなかなか金魚を見つけることはできない。「ここにいるよ」とこっそり教えてあげると、うれしそうに「あっ」と小さく叫んだ。

3歳前になると、金魚探しはお手のもの。「どこに にげた。」と聞くたびに、「ここ!」と即答する息子。もう金魚が隠れている場所もすっかり覚えて、探すまでもない状態。それでも「どこ?」「ここ!」のやり取りが楽しいようだ。自信満々で、どこか誇らし気に、力強く金魚を指差す現在3歳後半の息子は、もしかするといまが一番この絵本を楽しんでいるのかもしれない。長く楽しめる1冊だ。

——OKI IKU*Note::絵本とこそだて

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごい魅力

2013/06/23 10:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chiffon - この投稿者のレビュー一覧を見る

5か月の赤ちゃんが食いつきました!
何度読んでも身を乗り出し、ニコニコ、バタバタ。
お気に入りだと覚えているようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飽きない絵本

2008/07/05 11:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:玉手箱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて、まだ赤ちゃんだった息子に読んであげたときは、きんぎょを目で追っているだけでしたが、そのうち、指差しするようになり、その後、「きんぎょ、ここ!」、「あー、ジャンプ!」などと、言いながら、笑うようになりました。きんぎょの色と形も独特で、子供の心を惹きつけているようです。きんぎょをみつけたときの嬉しそうな子供の顔を見る目的だけでも、この本を買う価値はあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飽きません

2004/09/11 09:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

長女が3歳の頃に書店で見て喜びそうだなーと思い購入したのですが、もうすぐ6歳になる今でも時々引っぱり出してきて、2歳の妹に一緒に笑ったり、探したりしながら読んで聞かせてあげています。ここまで気に入ってくれるとは思いもしませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な色使いで子供たちのお気に入り

2003/08/04 23:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろくべい - この投稿者のレビュー一覧を見る

親が選ぶ絵本が、子供が気に入るとは限りません。そこで私は良く図書館を利用して、子供が気に入る本を探してます。
この本は、2歳の息子が毎回持ってくるので手元に置きたい本として購入しました。
「きんぎょはどこだ?」とページをめくっては探すという単純な内容ですが、五味太郎さんの独特な絵が、想像を膨らませ、親子で楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

孫娘の大のお気に入り

2016/07/21 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アマダイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2歳の孫娘のお気に入り.ジイジのうちに遊びに来ると,真っ先に取り出してきて,読めという.1歳半くらいから見ているが,逃げた金魚を指で追って,とても楽しそうです.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宝探しのような面白さ

2016/07/20 17:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:minomino - この投稿者のレビュー一覧を見る

五味太郎さん得意の仕掛け入った絵本です。金魚もかわいいですが、逃げる背景もとてもカラフル!!子供たちは宝探しをするように絵本を楽しんでいました。カラフルだけでなく文章が少ないので、小さな子供も飽きません。子供達は絵本の中の金魚を探しながら、声をあげて大喜び。何度も何度も「もう一回」とせがまれました。まさに子供の読書の入り口にぴったりの絵本です。小さなお子さんのいる家庭にお勧めの一冊です。小さなお子さんに是非読んであげてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵本でかくれんぼ

2016/06/30 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

きんぎょがどこに逃げたか、子どもたちは夢中になって探します。
見つければ達成感を味わうことができ、友だちが先に見つけてしまうと、悔しさがあります。
指差しが出てきた頃の子どもにも最適な絵本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度読んでも飽きない

2016/06/22 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

私も子供の頃好きで読んでいました。子供もページをめくるたび、きんぎょここー!って指差ししています。もうきんぎょがどこにいるか覚えちゃっているだろうに…何度読んでも飽きずに一緒にきんぎょを探せる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いっしょになってさがしました。

2016/06/18 01:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おらのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

親子で、いっしょになってさがしました。何気ないコミニケーションが通うことのできる、不思議な魅力をそなえた本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

友人の出産祝いに

2016/05/09 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分も好きだった記憶のある絵本のうち、友人本人に合いそうな絵本を出産祝いに送っています。この絵本はそのうちの1つで、男の子のお母さんになった友人に贈りました。久しぶりに本屋の店頭で手にとって開きましたが、金魚を探すというわかりやすい展開は大人になった今でも楽しい気分になれ、自分用にも購入を考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤ちゃんの時に母に買ってもらっていました

2016/05/03 08:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

今でもおぼろげに覚えているのですが、きんぎょがにげたは大変お気に入りだったようで、何度も何度も母といっしょに見ていたようです。
文字がかかれていないので、読み書きができなくても絵から好きなように想像できるようになっています。
その絵も、なぜか心に残るもののようで、とても印象に残っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵探し

2016/03/19 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:狂人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもたちも大好きな絵探しタイプの絵本です。昔からおなじみの五味太郎さんの挿し絵もほのぼのとしていていいですね!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出産祝いに良いと思われます

2016/03/07 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しい - この投稿者のレビュー一覧を見る

姉妹(7歳・1歳)がいます。
二人ともとても好きな本です。
最初は聞いているだけでしたが、
きんぎょを探したり、一人で読んだり、
妹に読んで聞かせたり…。
赤ちゃん用にも思えますが、
かなり長い間楽しめる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む