詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

構造と力 記号論を超えて

  • 発行年月:1983.9
  • 出版社:勁草書房
  • サイズ:20cm/240p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-326-15128-5

専門書

  • 国内送料無料

構造と力 記号論を超えて

浅田 彰 (著)

紙書籍

2,376 ポイント:22pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

店舗ニュース

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(28件)
★★★★★(6件)
★★★★☆(6件)
★★★☆☆(9件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

ラカンと読者の限界まで示すイジワルな本

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/11/29 10:32

評価5 投稿者:T.コージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書はラカンの解説本であり同時にその限界を示しつつ、それを超えるものとしてニーチェ・マルクス・フロイトの「力の思想」を示している。つまり今後の展開を読者に委ねた内容になっている。
 もうひとつ結果としてだが読者に委ねているものがある。それは読解力についてだ。2次元の位相の単一性を証明するメビウスの輪を示しながら、それを3次元の位相の単一性の証明であるクラインの壺に置き換えて商品と貨幣の無限連鎖を説明するところなどが圧巻。ただし「3次元の位相の単一性」は紙上(2次元)や物(3次元)で表記、表現できないので、想像力のない人には理解できないというところはご愛嬌。本書は読者の理解力の限界?まで試しているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あの時代が生んだ「過去の遺物」。

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/04/21 22:27

評価3 投稿者:反形而上学者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存じ、浅田彰氏のデビュー作にして、いまだに読み継がれている彼の代表作でもある。
しかし、出版から25年たってこの本を読むと、非常に中途半端な構成の本であることに気づく。それは本書が純粋な「論文集」ではないということに起因していると思われる。
対談があったり、インタビューがあったり、いわば、「浅田彰お披露目の書」でるというのが、一番適切な表現ではないかと思う。ラカンにしてもドゥルーズ=ガタリにしても、何ページかで語れるようなものでは無いし、そこまで本書に期待しても無理というものだろう。
そう、あくまでも「天才・浅田彰お披露目の書」だからである。
浅田氏は本書において「ラカンについての詳しい論文」を予告しているが、この約束は、25年経った今でも果たされていない。いや、彼自身の「論文集」なる著作自体が存在していないのだ。
浅田氏は本書によって鮮烈なデビューを果たし、どのような論文でも執筆、出版できるだけの境遇にいたが、ついぞ、その行為は遂行されなかった。
浅田氏には翻訳した本もない。ジジェクの存在を知り、それを自ら翻訳せずに、鈴木晶氏に翻訳させたりしている。私にはこういう彼の神経が解らない。
皆さんご存じのように、2008年度で長年居た京都大学の准教授を辞めて、京都造形芸術大学大学院の大学院長に就任した。もちろん全く新しい環境に期待したいが、ここでも「口先」だけで芸術家の卵達を指導していくのだろうか。
少し「悪口雑言」が過ぎると、私自身も思うが、長い間「書ける人間」が、「仕事の出来る境遇にある恵まれた人間」が、「のうのう」としていること自体が私には信じられないのである。
ほとんどの人間がもう浅田彰氏には期待はしていないと思うが、駄目を承知で私は頭の片隅で期待したいと思う・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/10 07:17

評価3 投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

いま読むと、この本ってものすごくわかりにくい本ではないだろうか。一種の名文であるし、爽快だし、実に見事に見取り図を描いているように見えるが、結局この本は読書案内としては鋭すぎるし、これだけを読んで何かを納得することはかなり難しいし、結局自分で考えて本を読めということになってしまうように思う。実際、ここで参照されている著作や思想は僕には馴染みの深いものばかりではあるが、ん? とか、「ちょっと待ちたまえ」というところが頻出する。巧い言い方だなあと感心しつつ、また言葉が置かれる位置について再考させられつつ、それでもなおモヤモヤしたものが残ってちゃぶ台をひっくり返すようにこの本を捨てラカンなりドゥルーズなりに戻らざるを得なくなる。何でこれがベストセラーになったのか? うーん謎だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クラインの壺さえ真に受けなければ、手際のよいまとめ本

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2000/10/01 20:23

評価3 投稿者:山形浩生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読みやすいし、フランスっぽい現代思想の見通しを得るにはよい本です。
 ただし、大きなフレームになっているクラインの壺のたとえは、まったくまちがっているので、それは真に受けないこと。詳しくは

http://www.post1.com/home/hiyori13/other/asada.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/02/12 00:59

すんません、単に↓と並べたくて持ち出しました(笑) 高校時代、訳もわからずに意地で読了しようとしてた。数年後には嫌でも仕事で再度向きあう羽目になるとは夢にも思わず(^^;

評価3 投稿元:ブクログ

2005/05/19 01:17

ポストモダンの思想が巷に大流行な頃、日本で一番賢い思想家…と言うことで、とりあえず買った本。 一説にはフランス思想を翻訳しただけとのウワサ有り。 まぁ哲学好きのかたは持ってて良いでしょうけど。 ちょっと気になるのは、バタイユ全集の帯ではバタイユ氏を「絶賛」しておきながら、別の著書で、ジョルジュ・バタイユ氏を「よくわからん人物だし、本気で読めた気がしない」とのたまっておったが、いったいどうなっとんのかね…この人。 最近はもう良く読まん!

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/08 01:02

多くの二項対立が出てくるが、それは全て「象徴秩序」と「カオス」として、その境界からカオスがあふれる事を「侵犯」として読み取れる。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/07/01 09:51

コンパクトにチャート式参考書のように意図的に書かれたこの本でフランス現代思想の良い部分を概観するのは、今でもまったく理にかなっているとおもう。浅田彰に文句言う資格のないアタマのわるい人文系大学教員はこの本が出た当時内心やばい、とおもっただろうね。著者自らウィトゲンシュタインにならってこの本は投げ捨てられるべき梯子だと書いてるしね。でも面白い本の良い紹介になっている。シャトレ哲学史の構造主義の項(執筆はドゥルーズ)なんてこの本の紹介がなければ読まなかっただろうし、スクリッティ・ポリッティ(最近新譜がでた!)もこの本で知りました。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/11/23 16:16

日本におけるポストモダン、あるいはニューアカデミズムといったら、これを欠かすことはできない。
内容はそんなに理解できたとはいえませんが、結構わかりやすく書いてると思う。フランス現代思想の概説書といってもいいのかな。その歴史的意義から、★4つ。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/04/27 12:30

20代のころ無理やり読んでみた。 わからなかった。 10年後にもう一度読んだ。 やっぱりわからなかった。ただ、浅田彰氏は世の中に必要な人だと思うようになってきた。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/07/09 18:25

絶対に学生のうちに読んでおくべきだった。
いまさら読んで後悔。

現代思想というのは面白いけどほとんどわからない。
浅田彰も時代のあだ花みないなものだと思っている。

それでも、読んでおくべきだったと思ったのは、「序にかえて」。
無邪気に知と戯れる、ということをこれだけ肯定的に表現した文章もあまり見たことない。
ものはどうあれとにかく知のジャングルに飛び込んで徹底的に駆け回ること。
当時の僕には(今の僕にも)そういうものが全然足りていなかったように思う。

あのころ読んでいたら、いまとは違った方向に進んでいたかもしれない。
進んでいないにしてももっと目一杯学生時代を楽しめたかも。
あくまで、”かも”の話だけど。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/06/26 15:52

今開いても小難しい(笑)。
たぶん、大学時代にレポート書くために実家の書庫から引っ張り出して来たような記憶があるが、定かではない。
手製の装丁が施してある。母の仕業か??

評価3 投稿元:ブクログ

2012/02/26 18:49

イロニーではなくユーモアを。沼から砂漠へ。クラインの壺からリゾームへ。
「ぼくは時代の感性を信じている」
「同化と異化のこの鋭い緊張こそ、真に知と呼ぶに値するすぐれてクリティカルな体験の境位(エレメント)であることは、いまさら言うまでもない。簡単に言ってしまえば、シラケつつノリ、ノリつつシラケること、これである」

EXCÉS=生きた自然の織り成す有機的秩序(ピュシス)からのズレ(単純すぎるが)。ピュシスからの追放。方向=意味(サンス)の過剰は、まず、恣意性のカオスとして現れる。コスモス(人間が知覚する自然の秩序)とノモス(人間が知覚する社会の秩序)からなる象徴秩序。

- コード化の原始共同体
プレモダン
- 超コード化の原国家
- ツリー
モダン
- 脱コード化の近代国家
- クラインの壺
ポストモダン
- リゾーム

評価4 投稿元:ブクログ

2010/05/11 22:17

哲学本。

私が最近影響を受けている「中原圭介氏」と「苫米地英人氏」が大きな影響を受けた本ということで買ってみた。これから読む。

チラっと見ただけでもかなり難解な本であることが分かる。
中原氏の言うとおり、脳ミソを鍛える目的で、
何度か繰り返し読むつもり。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/06/03 13:32

遊園地という場所に曰く言い難い違和感を覚えるようになったのはいつからだろう。チケットを買って囲い込まれたら「さあ楽しみなさい」とばかりに様々な遊具をあてがわれる。そう、まるで涎掛けやオムツのように“あてがわれる”というこの感覚。娯楽欲求は受け皿がなければ“失禁”してしまうしかないものなのか。遊園地に限った話ではない。人間の欲動が遍く資本経済に絡め取られ、ハムスターの回し車のようにグルグルと消費の連鎖に囲い込まれる違和感。こうした、現代人としてもはやあまりにもありきたりな違和感に、四半世紀前、弱冠26才の若者だった著者は本書で明快に答えてくれている。レヴィ=ストロースの構造主義以降、ポストモダンと総称される一連の思想潮流を通じて明らかにされた“クラインの壺”としての高度資本経済社会。貨幣も欲動も果てない差異を追いかけるパラノイア的無限循環に陥っている。そこから抜け出すためにスキゾフレニックな逃走が高らかに提唱される。あらゆる差異が複雑に絡み合いつつどこへ伸びていくかはわからない地下茎=リゾームとしてのポストモダン社会を、軽やかに逃げろスキゾ・キッズ、というわけだ。実に爽快。ただし、当時そうして逃げ出したキッズ達が今、ネットカフェ難民に象徴される“壺の底にこびり付いた澱”と化している事実は事実として受け止めなきゃいけない。何がいけなかったのか。どこで間違ったのか。答はまだ出ていない。思想はまだ、死ぬわけにはいかない。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.