サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

ソシュール小事典
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:1985.2
  • 出版社: 大修館書店
  • サイズ:20cm/376p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-469-04243-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ソシュール小事典

著者 丸山 圭三郎 (編)

ソシュール小事典

3,024(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

1981年以降の「丸山圭三郎」による素晴らしい仕事の一つといえるだろう。

2009/04/28 21:47

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:反形而上学者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2000円台という手頃な値段と大きさ、内容は1985年刊とは思えないほどに、一通りのことがしっかりと書かれている。
もちろん近年発見されたソシュールの『一般言語学』のための大量の原稿などについては触れられてはいないが、私が把握している限りそれらの原稿は今までのソシュール観を覆すような内容ではないので、本書にとっては特に大きな問題にはならないものといえるだろう。
そうはいっても、早く日本でもそれらの遺稿が出版されて欲しいものである。

さて、本書は「事典」として必要事項をひいて調べるのももちろんだが、最初から普通の専門書を読むように読み進めていってもいいような構成になっているところが有り難い。
そしてソシュールから派生した後の言語学や構造言語学についても、ソシュールとの関わりを重視した書き方で編集されているので、読者の理解を助けてくれる。

やはりこういう内容になったのも、編者である丸山圭三郎の存在が極めて大きいであろう。
ソシュールはフランス現代思想を読む上で必要不可欠な存在であるから、こういう事典があることは、何かと役に立つものである。

『一般言語学』という書物をけっきょくは執筆完成させなかったソシュールについての事典であるから、本書で書かれていることが「絶対」であるとは、全く言えないのだが、読者の大きな役に立つことだけは確かである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する