サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

反逆の南太平洋(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.9
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/497p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-040394-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

反逆の南太平洋 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

著者 アレグザンダー・ケント (著),高橋 泰邦 (訳)

反逆の南太平洋 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/18 18:51

投稿元:ブクログ

今まで読了したシリ-ズの中で最悪に状況。南太平洋で繰り広げられる孤立無援の戦い。海賊テユ-クとの対決。不倫の愛人バイオラの痛ましい死。熱病に侵され、死の淵での指揮。熱帯の湿気と炎暑が紙面から湧き上がるような、厳冬時にはもってこいの暑い戦い。どうにもやりきれない状況の中、指揮官とは、男とはが問われるすさまじい内容に驚愕する、息苦しいような一編だった。1789年のおそらくはフィジ-諸島を舞台にしたボライソ-・シリ-ズ(7)

2011/08/26 18:49

投稿元:ブクログ

途中、候補生時代の話が入ったりして、若干つながりを忘れてました。いろいろなシーンが、たとえばホーンブロワーやトマス・キッドで読んだような、と思いつつ、やはりボライソーはボライソー。
それにしても、彼は妙に純情。ちょっとその点暑苦しいかも。と言ってこういう一種の決着はしんどいものがあります。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む